成果報告書詳細
管理番号20110000000248
タイトル*平成22年度中間年報 太陽エネルギー技術研究開発/太陽光発電システム次世代高性能技術の開発/高度構造制御薄膜シリコン太陽電池の研究開発
公開日2011/6/29
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社カネカ
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1.共同研究の内容及び成果等 【目標】平成24年度中間目標:サブモジュールにて安定化効率15% 平成26年度最終目標:サブモジュールにて安定化効率17% (1)新規低空間指向性光閉じ込め技術の開発 短絡電流(Jsc)を向上させる事を目的に、透明電極の凹凸構造を制御し光散乱方向にある程度の指向性を有する新規低空間指向性光閉じ込め構造を提案し、検討した。(図1) 透明電極/発電層界面の「ヘーズ」と「光散乱方向」が太陽電池セルの分光感度特性に与える影響を評価した。具体的には、従来基板と比較して分光ヘーズが大きく、かつ光散乱方向が広角側になるように設計した基板を作製し、分光感度特性との相関を検討することで、光閉じ込めに最適な表面凹凸形状を有する透明電極付きガラス基板を開発した。また本新規開発基板をa-Si/uc-Siハイブリッドセルにて評価し、その効果を確認した。
英文要約Title:Research and Development of Thin Film Silicon Solar Cell with highly controlled structure.(FY2010-FY2012) FY2010 Annual Report
In order to enhance the current, we have been developing the novel light trapping structure which enabled the directional light scattering by the highly controlled surface morphology of textured TCO. We evaluated influence of haze and the orientation of light scattering for spectra response. As result, we achieved a new substrate which had larger haze and wider angled light scattering than those of conventional substrate.
We prepared the a-Si/uc-Si tandem cell on that new substrate and it showed 13.2% for the conversion efficiency with high Voc (1.45V) and large enhancement of bottom cell current in 1.0um bottom thickness.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る