成果報告書詳細
管理番号20110000000793
タイトル*平成22年度中間年報 太陽エネルギー技術研究開発 太陽光発電システム次世代高性能技術の開発 極限シリコン結晶太陽電池の研究開発(高効率、低価格EMC多結晶ソーラーシリコン製造技術確立)
公開日2011/6/29
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社SUMCO
プロジェクト番号P07015
部署名新エネルギー部
和文要約和文要約等以下本編抜粋:1. 研究開発の内容及び成果等
[EMCについて]
EMC(ElectroMagnetic Casting)法は、太陽電池用多結晶の1製法であり、抵抗率を全長で一定にでき、生産性も高いことが特徴として挙げられる。この抵抗率を一定にできる特徴を要素技術としてnタイプ多結晶の製品開発を目標としている。
nタイプ(リン)は偏析係数がpタイプ(ボロン)よりも小さいために抵抗率が大きく変化し、CZ法や一般的な石英るつぼを使用した多結晶鋳造法では歩留りに悪影響を及ぼす。しかしEMCでは抵抗率を一定にするために、低価格nタイプ結晶の製造が可能となる。
[研究開発の目標]
平成24年度中間目標:ライフタイムの値(リン拡散後)200μsec以上
平成26年度最終目標:ライフタイムの値(リン拡散後)400μsec以上
[平成22年度研究開発について]
平成22年度の実施計画:抵抗率を変化させた鋳造を実施し、ライフタイム・変換効率との関係を調査する。
英文要約Title: High Performance PV Generation System for the Future. R and D on Ultimate Wafer-based Si Solar Cells.(Manufacturing technology for high efficiency and low cost EMC multicrystalline solar silicon) (FY2010-2011) FY2010 Annual Report
1. Three n type multicrystalline ingots were grown by EMC(ElectroMagnetic Casting).
Various resistivity samples ranging from 1.2 Ohm-cm to 10 Ohm-cm were prepared from these ingots. Resistivity profile became flat at middle and later part of the crystals. RRG(Resistivity Radial Gradient) is 19% at later part and 34% at early part of the ingot.(Between 5 and 15% for p typeEMC) Large RRG(34%) is due to large resistivity variation at early stage of the growth. The RRG(34%) can be reduced by adjusting the initial doping amount.
2. Lifetime measurement after Phosphorus diffusion was done by in house lab. Lifetime showed good correlation with resistivity. One of the samples showed over 200usec which was our target for FY2012. The conversion efficiency was measured by outsourcing(PVG Solutions). The maximum efficiency was 15.9%.
In order to improve the lifetime, the samples have been investigated from the aspect of both metal contamination and crystal defects.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る