成果報告書詳細
管理番号20110000000810
タイトル平成22年度成果報告書 省資源型・環境調和型資源循環プロジェクト 使用済み小型家電からのレアメタルリサイクルシステム構築 データ解析・評価事業
公開日2011/6/29
報告書年度2010 - 2010
委託先名イー・アンド・イー ソリューションズ株式会社 神鋼リサーチ株式会社 株式会社環境管理センター
プロジェクト番号P10015
部署名環境部
和文要約本事業は、使用済み小型家電に含まれるレアメタル、ベースメタルや貴金属(以下「レアメタル等」という。)のリサイクルシステムを構築するため、当該機器中のレアメタル等の含有状況を把握するとともに、レアメタル回収可能量、回収コストを可能な限り算定し、レアメタル等の効率的な抽出方法を検討することを目的とした。なお、既往の情報と本年度のレアメタル回収事業の成果を整理・評価し、今後の事業者への情報提供の基礎を固めると共に、課題を明確化した。また、リサイクルにおける重要な要素技術である分析評価の手法についても整理し、今後の事業者への指針とした。 本事業の実施に当たっては、平成20年度及び平成21年度に経済産業省と環境省が合同で実施した「使用済み小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理推進事業」(以下「レアメタル回収モデル事業」という)の成果を踏まえて、環境省が実施した「平成22年度 使用済み電子・電気機器の回収モデル事業運営業務」(以下「回収モデル事業」という)と連携して実施した。 1.レアメタル回収事業者との連絡・調整等 全国7地域のレアメタル回収事業者等との情報共有を図り、事業運営を行った。具体的には、「回収モデル事業」を実施する全国7地域(秋田県、茨城県、東京都(江東区及び八王子市)、名古屋及び津島市、京都市、福岡県、水俣市)において、回収、集積(場合によっては解体、選別)された使用済み小型家電を対象として、「レアメタル回収事業」について、事業者との連絡調整を図りつつ、円滑に事業を遂行するとともに、その結果を下記調査によって得られたデータと併せて解析・評価を行い、成果としてとりまとめた。 2.分析調査 (含有量試験、精度調査) 全国7地域において収集される使用済小型家電、およびレアメタル回収事業者における産物/副産物の金属等含有量分析、関係する分析機関における精度管理調査を行い、併せて、レアメタル等の分析手法の標準化についての検討を行った。 3.情報収集等調査 レアメタルを、小型家電などの使用済製品から回収する場合、まず、どの鉱種を優先して回収するのかを考える必要がある。そのため、一定のルールを定め、供給リスク、需要見通し等から我が国の産業界が今後、安定確保の手立てを講じる必要性があると目される鉱種を、まず「重要鉱種」として選定した。さらにその中から使用済製品からのリサイクルにおいて、回収を優先的に検討すべき「リサイクル検討優先鉱種」の選定を行った。さらにリサイクル検討優先鉱種のうち、小型家電に比較的多く含有されているかどうかという基準により「使用済小型家電からのリサイクル検討優先鉱種」を選定している。 「対象鉱種」の検討を受けて、当該鉱種のリサイクルの推進に必要な「技術開発」について、「回収プロセス別基本技術の整理」、「鉱種・用途別リサイクルの現状」、「技術マトリクス」に従って検討を行った。 4.外部有識者等からの意見聴取 本事業に関連する外部有識者からの意見を聴取するため、「使用済小型家電からのレアメタルの回収及び適正処理に関する研究会」のレアメタルワーキンググループの運営事務を執り行い、委員からの意見聴取を行った。運営事務を通じて、レアメタル回収事業の結果、調査結果の報告について意見を聴取し、本事業の運営、とりまとめに反映させている。
英文要約itle: Project on Data Analysis and Evaluation of Development of Metal Recycling System from Small Home Appliances (FY 2010) Final Report
The objective of this project are to evaluate minor metals (hereinafter referred to as rare metals) contained in small home appliances, to evaluate potential recoverable volume of rare metals and recovery costs, and to examine efficient recovery methods to recover rare metals, etc. :1. Coordination with rare metal recyclers: Coordination with seven model projects (rare metal recyclers) was implemented to share information regarding small home appliances collected and accumulated by rare metal recyclers. : 2. Analytical Survey : Metal content analysis of small home appliances collected by seven model projects, quality control survey and examination of standardization of analytical methods were conducted. Model projects were conducted in seven areas (Akita Prefecture, Ibaraki Prefecture, Tokyo Metropolitan Government (Koutou Ward and Hachioji City), Nagoya City and Tsushima City, Kyoto City, Fukuoka Prefecture and Minamata City. : 3. Survey on Prioritized Metals : In order to prioritize metals to be recovered on small home appliances recycling, “Important metals”, which were to be secured stably for industries in Japan, were selected with consideration of supply risk, and forecast for supply and demand. “Prioritized metals to be recovered” were selected from “Important metals”. Finally, “Prioritized metals to be recovered from small home appliances” were selected from “Prioritized metals to be recovered” with consideration of metal content in small home appliances. In response to selection of metals, survey was conducted on basic recovery technologies by recovery process, current status of recycling by metal and intended use and technology matrix. : 4. Consultation with Experts : Working group on rare metal recycling was held through coordination with this project to get experts’opinions on results of rare metal recycling projects and survey results. These experts’ opinions were reflected in this project’s results.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る