成果報告書詳細
管理番号20110000000818
タイトル平成22年度成果報告書 戦略的国際標準化推進事業 標準化フォローアップ オゾン応用技術の安全管理に関する標準化事業
公開日2011/6/23
報告書年度2010 - 2010
委託先名特定非営利活動法人日本オゾン協会
プロジェクト番号P04002
部署名環境部
和文要約 オゾンの利用は、工場排水、上下水道の浄水、空気浄化、医療・農業・など、さまざまな分野で実用かされ、さらに、半導体産業などハイテク産業などへの分野にも活用されている。
  日本オゾン協会では、平成18年から4年にわたって進めてきた「オゾン応用技術の安全管理に関する標準化事業委員会」の報告書を元に、又 測定法の適用性のための実験室及びオゾン技術適用現場での測定結果を加味した22年度「オゾン応用技術の安全管理に関する標準化事業委員会」が進めた成果報告書である。
 本事業では、「オゾン濃度測定方法の検証」「用水・排水処理用オゾン処理装置の一般仕様及びオゾン濃度測定方法」のJIS原案の作成を行なった。
又 「オゾン濃度測定方法の検証」として 実験室やオゾン処理装置導入の現場にて実験を行い、繰り返し性の評価及び書く分析方法に比較を行なった。
 近年、水環境の悪化は世界的な問題とおり、水処理分野でのオゾンの利用はゆるぎない地位にあるものと認められる。水処理分野でのオゾン技術の確立はその普及に欠かすことができない。オゾン技術普及へこの報告書が役に立つことを期待する
英文要約Ozone has been practically applied to a wide variety of fields including disposal of industrial waste water, purification of water supply and sewerage, air purification, medical treatment, and agriculture. In addition, it has been also utilized in the high technology field such as semiconductor industry.
Japan Ozone Association carried out “Standardization Project on Safety Control of Ozone Applied Technology” from 2006 to 2009. In 2010, “the Committee of Standardization Project on Safety Control of Ozone Applied Technology”, composed of scholars, users and manufacturers, was established continuously carrying out the annual report and the original draft for the Japanese Industrial Standards .
Then, the original draft was prepared for the Japanese Industrial Standards, including following item;
Ozone treatment apparatus for waste and water in both industry and other oxidation uses -Specification of apparatus and measurement methods for ozone concentration
In addition, Methods for measurement of ozone concentration was verified with experimentation at a laboratory and a site where ozone treatment plant are running.
The pollution of water sources due to the urbanization have been serious issues of water environment in the world.
Ozonation is recognized as one of the promising technologies of advanced treatment.
In water treatment fields, this original draft was established to promote a wide variety of ozone utilization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る