成果報告書詳細
管理番号20110000000874
タイトル平成21年度~平成22年度成果報告書 新エネルギー技術フィールドテスト事業 地域バイオマス熱利用フィールドテスト事業 バイオマス賦存量及び利用可能量の全国市町村別推計とマッピングに関する調査
公開日2011/6/29
報告書年度2009 - 2010
委託先名株式会社セレス
プロジェクト番号P07018
部署名新エネルギー部
和文要約1.バイオマス賦存量および利用可能量の推計 本調査で取り扱うバイオマスは、農業、林業における副産物や残渣、製材所、建築、畜産、家庭生活等から発生する廃棄物である。これに、資源利用がされていない竹やススキ、ササ等を加え、賦存量、有効利用可能量を数値として把握し、熱量への換算をすることを目的としている。1~1.バイオマス資源の分類 本調査では、バイオマス資源の分類を、(1)利用系資源、(2)廃棄物系資源に分類し、さらに性質毎に木質系バイオマス、農業残渣、草本系バイオマス、畜産ふん尿・汚泥、食品係バイオマスの5つに分類し整理した。(1)未利用系資源 木質系バイオマス:林地残材、切捨間伐材、果樹剪定枝、竹 農業残渣:稲わら、もみ殻、麦わら、その他の農業残渣 草本系バイオマス:ススキ、ササ(2)廃棄物系資源 木質系バイオマス:国産材製材廃材、外材製材廃材、建築解体、新・増築廃材、公園剪定枝 畜産ふん尿・汚泥:乳用牛、肉用牛、豚、採卵鶏、ブロイラー、下水汚泥(生汚泥)、下水汚泥(濃縮)、下水汚泥(脱水)、し尿、浄化槽汚泥、し尿・浄化槽余剰汚泥、集落排水汚泥 食品系バイオマス:食品製造廃棄物、家庭系厨芥類、事業系厨芥類 1~2.バイオマス推計方法の定義 本推計の推計値は、原則として乾燥重量(t/年)とし、し尿、浄化槽汚泥等の液状のものについては湿潤重量(kl/年)とした。(1)賦存量:賦存量とは、バイオマスの利用の可否に関わらず理論上1年間に発生、排出される量である。なお、竹、ササについては、国内各地域における総量より、持続的に皆伐利用が可能な伐採周期(再生期間)をもとに1年間に伐採できる量を賦存量とした。(2)有効利用可能量:有効利用可能量とは、賦存量よりエネルギー利用、堆肥、農地還元利用等、既に利用されている量を除いた未利用分を有効利用可能量とした。なお、林地残材、切捨間伐については、未利用分の中で、人力や簡易ウインチ等の低コストで集材できる量とした。(3)熱量:熱量はバイオマス種により直接燃焼または気体燃料製造に熱科学的変換した場合について算出を行った。直接燃焼を行うバイオマスについては、バイオマス自身の熱量とし、気体熱量製造は変換後の気体が持つ熱量とした。なお、エネルギー利用を想定する場合はボイラー効率等を考慮する必要がある。 2.推計結果のマッピングと公開システムの開発 バイオマス賦存量、有効利用可能量および熱量の推計結果を、インターネットを通じて全国で閲覧可能な状態にするために、HTTP通信を利用したホームページを作成した。ホームページのトップページからはメインコンテンツとして(1)バイオマス種と推計方法、(2)バイオマス種選択を作成し、サブコンテンツとして(3)ご案内を作成した。 (1)バイオマス種と推計方法:当ホームページで紹介するバイオマスの種類とその推計方法を紹介する。詳細な推計方法はpdfにまとめ、引用した参考文献等を示す。(2)バイオマス種選択:バイオマス分布マップを表示することができる。データのダウンロードもここから行う。(3)ご案内:ホームページを利用するにあたり、必要な情報を紹介する。
英文要約Title : Field Test Project for New energy technology. Field test project for Each District biomass heat utilization. Study on the Quantity of biomass existence and estimation according to national cities, towns and villages of the available quantity and the mapping (FY2009-FY2010) FY2009 Annual Report
The coefficient value of logging residue was reviewed at (FY2006-FY2007) final report (The System Development on the Exhibition for Quantity of biomass existence and estimation according to national cities, towns and villages of the available quantity and mapping data). The coefficient value of logging residue was set by classification of trees. The estimation of logging residue was as follows: The calculation method of the regeneration cutting woods and commercial thinning woods were branches and tree tops that were occurred according to regeneration cutting and commercial thinning. The calculation method of unused thinning woods of non-national forest were thinning woods that were leaved on cutting area at non-national forest for low utility value and profit characteristics. The calculation method of unused thinning woods of national forest were thinning woods that were leaved on cutting area at national forest for low utility value and profit characteristics. The calculation method of the forest biomass potential were the quantity of persistently possibility used forest biomass and the growth increment of one year that was do not have an influence for forest. The estimation of new 5 kinds of 1 classification (Bamboo, Residual substance of agriculture, Grime of purified water tank, Raw sewage, Grime of village drainage and herbaceous plant) quantity of existence for biomass as follows: The calculation method of bamboo were product volume from bamboo forest removed management bamboo forest of bamboo shoots and/or bamboo used. The calculation method of residual substance of agriculture was residual volume that was occurred from vegetables on farm at crop and/or end of cultivation. The calculation method of grime of purified water tank and raw sewage were grime volume from a raw sewage processing institution. The calculation method of grime of village drainage was grime volume from a village drainage processing institution. The calculation method of herbaceous plant was the most yields including feed, compost and thatch materials etc.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る