成果報告書詳細
管理番号20110000000899
タイトル平成22年度成果報告書 有害化学物質代替等技術開発 有害化学物質代替等技術開発にかかる国際的な動向を踏まえた優先課題の把握
公開日2011/6/29
報告書年度2010 - 2010
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P10014
部署名環境部
和文要約本調査では、国内外の有害化学物質関連規制の最新動向を調査すると同時に、規制強化等の動きが想定される物質に係る関連業界の取組動向を把握し、我が国行政や事業者が今後優先的に取り組むべき有害化学物質代替等技術開発課題の検討を行った。有害化学物質関連規制調査ではストックホルム条約及び化審法を調査対象とし、各々の規制対象への物質追加手順を確認したほか、実際に規制強化の最新の検討状況を調査した。加えて、世界的な化学物質規制の潮流を確認する目的で、幅広く国内外化学物質関連規制(ICCM、欧州REACH規則、欧州RoHS指令、米国TSCA)の最新状況の情報収集を行った。関連業界の取組動向調査は、主にヒアリング調査を実施し、規制強化等が想定される物質のメーカーやユーザー、及びリスク評価専門家等を対象に、現状の取扱い状況や、代替等の取組進捗状況、国等による代替等技術開発支援の必要性等を確認した。その結果、今後優先的に取り組むべき有害化学物質等技術開発課題として、ストックホルム条約対象物質のエッセンシャルユース分野や化審法第一種監視化学物質が想定されたものの、その多くは関連事業者独自の取組によって代替等対応が進んでいることが把握された。また、規制対象への検討段階と関連事業者への取組状況の進展について、時系列に沿って確認したところ、規制対象への検討がスタートした初期段階における、国等によるリスク情報の収集・提供や事業者が自ら行うリスク評価に対する支援、もしくは社会的便益が大きいものの、リスクが高く技術的に代替が困難な用途に対する革新的な代替技術への支援ニーズがある可能性が示された。 なお、本調査は、本分野の専門家5名からなる検討委員会を組織し、専門的知見をベースとして調査方針等の検討を行った。検討委員会での議論、及び、化学物質関連業界、リスク評価を専門とする学識経験者等へのヒアリング調査の結果、代替等技術開発のあり方や、化学物質管理全体像における化学物質代替の位置づけ等について多くの示唆が得られた。そこで、今後、国等による化学物質代替等関連事業展開の参考として、化学物質代替のあり方と国等による関わり方を整理したほか、化学物質管理全体像を整理した上で代替の位置づけを確認し、適切な代替を行うために国等が支援すべき化学物質評価・管理等の取組について取りまとめた。具体的には、代替を含めた適切な化学物質管理手法の検討、また、代替物質の選定にあたってはリスク評価が必須となるが、リスク評価にあたっては人材不足、高コスト等課題が見られることから、簡易リスク評価手法開発、リスク評価産業育成等の支援策の必要性を示した。さらに、以上の調査結果を踏まえ、化学物質規制強化にあたって、国等及び産業界が取るべき行動について提言を行った。国等、産業界ともに、規制情報についての情報収集体制の整備や、早い段階でのリスク評価の実施による科学的知見蓄積と、リスク評価に基づく適切な化学物質管理方針の検討等、規制対象として検討される前段階での準備が重要なポイントであることが明らかになった。また、国等に対しては、リスクベースの化学物質管理が受容される社会づくりや、リスク評価人材・産業の育成を、産業界に対しては、サプライチェーン全体でのリスク管理情報共有化の仕組構築等の提言を行った。
英文要約In this project, we have investigated what tasks are to be carried out in priority by the government and industry, in order to develop alternative technologies for managing hazardous chemical substances. By studying the Stockholm Convention on Persistent Organic Pollutants and the Japanese Chemical Substances Control Law (JCSCL), the procedure for adding substances to the regulated chemicals list, and the latest movements in tightening the regulations were reviewed. In order to obtain a broad perspective on the international trend in chemical substances regulation, we have also reviewed a wide range of international chemical substances regulations such as ICCM, REACH, RoHS, TSCA. We have conducted interviews to manufacturers and users of substances that may be regulated more strictly and to risk assessment experts, thus investigating the current usage of such substances, the progress in developing and employing alternative measures, and the demand for governmental assistance in such development. As a result, the “essential use” chemicals of the POPs Convention, and the “class one monitoring chemical substances” of the JCSCL were identified as areas where alternative technologies are needed. However, it was also revealed that related industries have already started to take measures based on their own approaches for many of these substances. By reviewing regulatory discussions and the activities of industries in time sequence, other tasks that may need support were identified: information gathering on the risks at early stages, risk assessment conducted by companies, development of alternative technologies that are known to be technically difficult but would bring great social benefit. This investigation was conducted in consultancy with a research committee consisting of five experts in the field. The discussions at the research committee and the interviews to the industries and experts have provided insight to how alternative technologies should be developed, and the significance of the overall management of chemical substances. It is important that an appropriate method of chemical substances management is given consideration, and that risk assessment is conducted in choosing alternative technologies. Since risk assessment requires an unreasonable amount of cost and human resources, support to the development of a simplified risk assessment method and enhancement of the risk assessment business is needed. Organizing a framework for gathering regulatory information, conducting risk assessment at earlier stages, and considering the appropriate management of chemical substances, shall be done before discussions for tightening regulations. The government in particular should take necessary actions to enhance the acceptability of risk-based management, and should take measures to educate and enhance the risk assessment business. The industry should create a structural framework for sharing knowledge of risk management throughout the supply chain.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る