本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20160000000899
タイトル平成27年度成果報告書 新エネルギーベンチャー技術革新事業 新エネルギーベンチャー技術革新事業(燃料電池・蓄電池) 業務用小型SOFC用アノードガス再循環ブロワの技術開発
公開日2017/11/14
報告書年度2015 - 2015
委託先名株式会社キャップ 株式会社大阪送風機製作所 澤村電気工業株式会社
プロジェクト番号P10020
部署名イノベーション推進部
和文要約株式会社キャップ等は既に業務用中型及び大型SOFC用アノードガス再循環ブロワの開発を完了し、国内外のSOFCメーカーに供給を開始している。 本事業では業務用小型SOFC用アノードガス再循環ブロワの技術開発を実施した。1.動圧気体軸受の開発 ・動圧気体軸受単体回転試験のための回転試験装置を製作するとともに、ティルティングパッド方式の動圧気体軸受を開発した。・単体回転試験において、6万rpmでの良好な浮上回転を得た。2.ブロワ内蔵型DCブラシレス高速モータの開発・回転数制御の安定、及びコンパクト化、低コスト化のためのセンサレス制御のドライバ、モータを開発した。・モータ単体回転試験において10万rpmでの運転に成功した。3.高精度バランシング技術の開発・10万rpmにおいて安定した回転を実現するため、JIS規定とは別の独自に設定した許容残留アンバランス量を実験にて見出した。・また、上記を実現するためのフィールドバランス手法を用いた高精度バランシング技術を確立した。4.3次元ターボ型インペラの量産時コストダウン工法の開発・3次元流体解析、遠心応力解析によりブロワ効率76%に達する3次元ターボ型インペラの設計に成功した。・上記インペラのロストワックス精密鋳造法による試作に成功した。・上記ロストワックス製インペラをHIP処理することによる鋳巣対策を確立した。5.ブロワ全体設計及び試作・前項までの開発技術を盛り込んだ新開発ブロワの全体設計、部品図設計を完了した。・上記の新開発ブロワの部品製作、組立を完了した。・上記の新開発ブロワに対する各種試験を実施するための計測機器、試験装置の準備/製作を完了した。
英文要約Title:New Energy Venture Business Technology Innovation Program/ New Energy Venture Business Technology Innovation Program (Fuel Cells and Batteries)/Development of the anode gas recycle blower for small size SOFC (FY2015) Final Report

CAP CO.,Ltd has already completed the development of the anode gas recirculation blower for medium-sized and large SOFC.And they started to supply the blower to the SOFC manufacturer.In this project, it was carried out technical development of the anode gas recirculation blower for small SOFC.1. Development of hydrodynamic gas bearing. With to produce a hydrodynamic gas rotation test apparatus, we have developed a hydrodynamic gas bearing of tilting pad method.In a rotation test, it gave a good levitation rotation at 60,000 rpm.2. Development of the built-in DC brushless high-speed motor and driver. We developed the motor and sensorless control driver to achieve speed control stability, compact and cost down. The motor rotation test was successfully operated at 100,000 rpm.3. Development of high-precision balancing technique.It was found acceptable residual unbalance amount to realize stable rotation at 100000rpm independently from the JIS by experiment.It also established a high-precision balancing technique using a field balancing method for realizing the above.4. Development of cost-down method of the three-dimensional turbo impeller at the time of mass production.We succeeded to design a three-dimensional turbo type impeller which has 76% of blower efficiency by using 3-dimensional fluid analysis.And we succeeded in trial production by the lost wax precision casting method described above impeller.And we succeeded to eliminate casting pores perfectly by using the HIP process.We have completed the overall design of the blower and the detailed design of parts.We have completed the parts production and the assembly of the blower.The above mentioned measuring devices for carrying out the various tests for the newly developed blowers were fabricated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る