本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000715
タイトル平成28年度成果報告書 Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)の実施に係る運営業務(1)
公開日2017/11/14
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社コングレ
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約喫緊の課題である地球温暖化問題に、経済成長との両立を実現しながら取り組むためには、「イノベーション」が鍵となる。このイノベーションを促進するための方策について、世界の産官学のリーダーが議論するための知のプラットフォームとして、いわば「エネルギー・環境技術版ダボス会議」としてInnovation for Cool Earth Forum(ICEF)を毎年開催することが安倍総理によって提案された。

これを受け、平成26年10月8日(水)に開催された第1回年次総会、平成27年10月7日(水)および同8日(木)に開催された第2回年次総会に続き、経済産業省および国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構が主催し、平成28年10月5日(水)および同6日(木)に、ホテル椿山荘東京を会場として、各国政府、企業、学識者、国際機関等、約80ヵ国から1,000名を超える参加者を迎え、ICEFの第3回年次総会を開催した。

第3回年次総会は、井原巧経済産業大臣政務官(世耕弘成経済産業大臣メッセージを代読)および安倍昭恵内閣総理大臣夫人の挨拶に始まる開会式、3つのプレナリーセッション、16テーマのコンカレントセッション、および閉会式により構成された。また、閉会式では、2つのICEFロードマップのドラフトが発表された。

ICEFでは、会議の運営に際して、世界の多様な意見を反映させるため、日本、アメリカ、カナダ、ドイツ、フランス、オーストリア、フィンランド、インド、南アフリカ、エジプトの有識者15名から構成される運営委員会を設置し、第3回年次総会前日の平成28年10月4日(火)に会合を開催した。

第3回年次総会の最後には、ICEFにおける議論やパリ協定の採択を踏まえ、ICEF運営委員会が世界に向けて発信する提言として、ICEFステートメントを発表した。「人為的な二酸化炭素排出のネット・ゼロ・エミッション」をメインテーマとし、産学官それぞれの果たすべき役割や国際協力の重要性について発信した。

ICEF第3回年次総会の開催および年間を通じた議論の場の提供を実施するために必要な業務の支援として、弊社が「Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)の実施に係る運営業務」を受託し、フォーラムの事務局の運営、年次総会の準備および当日の運営、フォーラムの広報業務等を実施した。
英文要約Innovation is the key to addressing the urgent issue of global warming while simultaneously achieving economic growth. Japanese Prime Minister Shinzo Abe proposed holding an annual Innovation for Cool Earth Forum (ICEF) to function as a kind of Davos Meeting for energy and environmental technology issues and create a knowledge platform where world leaders from the business, government and academic sectors could discuss ways of promoting such innovation.

In response to this proposal, following on from the inaugural annual meeting of ICEF held on Wednesday, October 8, 2014 and the second annual meeting of ICEF held on Wednesday, October 7 and Thursday, October 8, 2015, the Ministry of Economy, Trade and Industry (METI) and the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) convened the third annual meeting of ICEF at the Hotel Chinzanso Tokyo on Wednesday, October 5 and Thursday, October 6, 2016. The forum was attended by over 1,000 participants from around 80 countries, including businesspeople, academic experts and representatives of governments and international organizations.

Beginning with opening remarks by Mr. Takumi Ihara, Parliamentary Vice-Minister of Economy, Trade and Industry, Japan, reading a message on behalf of Mr. Hiroshige Seko, Minister of Economy, Trade and Industry, Japan, and Mrs. Akie Abe, spouse of the Prime Minister of Japan, the program comprised three plenary sessions, sixteen concurrent sessions, and a closing session. Also disclosed at the closing session were two ICEF Roadmap drafts.

To reflect a diverse range of global opinion, a Steering Committee consisting of 15 experts from Japan, the United States, Canada, Germany, France, Austria, Finland, India, South Africa, and Egypt has been established, and met on Tuesday, October 4, 2016, the day before the third annual meeting.

At the closing session, the steering committee issued a statement. This statement is a set of principles and recommendations drafted by the ICEF Steering Committee, taking into account discussion of the conference and the adoption of Paris Agreement in December 2016. This year’s statement clarified the role of ICEF and made various recommendations to the actors in the government, business and academia with emphasis on “Net Zero Anthropogenic CO2 Emissions” as the key concept of ICEF.

Congress Corporation was contracted to assist with organizing the ICEF annual meeting and other forms of platform for providing year-round discussion. It undertook secretariat work of the ICEF, together with other conference management and PR work required throughout the year.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る