本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000763
タイトル平成28年度成果報告書 Innovation for Cool Earth Forum(ICEF)の実施に係る運営業務(2)
公開日2017/11/14
報告書年度2016 - 2016
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名国際部
和文要約本調査は、NEDOが日本政府と協力して毎年実施することとされたICEF(Innovation for Cool Earth Forum)の第3回年次総会(平成28年10月5日~6日開催)について、適切かつ効率的に運営することを目的として実施した。
ICEF第3回年次総会のアジェンダは、本会議である「プレナリー・セッション」と各分野別のトピックスについて詳細に議論する分科会である「コンカレント・セッション」により構成された。本調査では、各々のセッションにおける背景情報等を整理した上で、座長及びスピーカー候補の検討、候補者の専門性の概要を把握するための資料作成等を行うとともに、当日のシナリオ及びパネル・ディスカッションの論点を検討し、座長及びスピーカー等への共有を行った。
「プレナリー・セッション」については、1)CO2ネット・ゼロ・エミッションの重要性と実現に向けたイノベーション、2)気候変動問題解決に向けたイノベーション戦略の今後の展望、3)パリ協定の評価と実施に向けてをテーマとした。
「コンカレント・セッション」については、1)スマートグリッド、2)再生可能エネルギー大幅導入に対応する電力変換技術、3)途上国におけるエネルギー需要増加と供給対応、4)水素、5)エネルギー貯蔵、6)運輸、7)技術移転、8)民間投資のあり方、9)NDCと追加的な行動への展望、10)革新的技術の研究開発の在り方と国際連携の可能性をテーマとした。
さらに、ICEFを媒介して地球温暖化対策に資するイノベーションに結びつけることを念頭に、過去のTOP10イノベーション事例のフォローアップ調査の取り纏めや、ウェブプラットフォームの投稿によるオンラインディスカッションの活性化を行った。
また、ICEFの企画・運営において、世界の多様な意見を反映させるため、日、北米、欧州、アジア、アフリカの有識者で構成されている運営委員会が設置されている。本調査では、運営委員会に向けた情報収集、資料作成、議事概要作成等を行った。この他、ICEFに類似した国際会議、エネルギー分野のイノベーションに関する表彰に関する動向の把握を行った。
英文要約This survey was done in order to ensure the effective and proper operation of the thrid annual Innovation for Cool Earth Forum meeting (ICEF2016) was held in Tokyo, October 5th to 6th, 2016.

The agenda of the third ICEF meeting consists of larger “plenary sessions”, where all the attendants and speakers at the meeting attends, and separate sessions, called “concurrent sessions”, where specific topics were discussed.

In this survey, afer collecting information such as background for each session topic, candidates of chairs and speakers were selected and materials describing expertise of the candidates were prepared. In addition, session scenarios and topics for panel discussions were prepared and shared with chairs and speakers.

The following topics were selected for "Plenary Sessions": 1) Importance of Net Zero Emission of CO2 and Innovation for Realizing the Net Zero Anthropogenic Emission of CO2, 2) Future Perspectives on Innovations to Tackle Climate Change, 3) Evaluation of Paris Agreement and Strategies after COP21.
The following topis were selected for "Concurrent Sessions": 1) Smart Grids, 2) Power Conversion Technologies for Large Scale Renewables Integration 3) Measures to Meet the Energy Demand Rise in Developing Countries, 4) Hydrogen Energy, 5) Energy Storage, 6) Transportation, 7) Technology Transfer, 8) Future of the Investment from the Private Sector, 9) Prospects for NDCs and Incremental Action, 10) Desirable R&D for Innovative Technologies and the Potential for International Cooperation.

Furthermore, with a view to linking ICEF to innovations contributing to global warming countermeasures, we conducted a follow-up survey of previous TOP 10 innovations’cases and revitalized online discussion by posting on the web platform.

In order to reflect diverse opinions of the world in planning and managing ICEF, Steering Committee is composed of experts in Japan, North America, Europe, Asia and Africa. In this survey, we collected information for the Steering Committee, prepared the materials, created minutes of meetings, etc. In addition, we also conducted a survey on the trends of international conventions close to ICEF and rewards on innovations in the energy field.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る