本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000286
タイトル*平成28年度中間年報 「ドイツ国際情報通信技術見本市(CeBIT 2017)」における情報発信等業務
公開日2018/1/11
報告書年度2016 - 2016
委託先名サクラインターナショナル株式会社
プロジェクト番号Q13001
部署名広報部
和文要約件名:平成28年度中間年報
「ドイツ国際情報通信技術見本市(CeBIT 2017)」における情報発信等業務

本事業では、「ドイツ国際情報通信技術見本市(以下「CeBIT 2017」と言う。)」(ドイツ・ハノーバー市において年1回開催のIoT、ビッグデータ、AI・ロボットなどの先端技術を活用したITビジネスに特化した世界最大の商談展示会)に参加し情報発信など業務を実施し、IoT、ビッグデータ、AI・ロボットなど、NEDOが取り組む技術開発の成果を広く紹介することで、欧州研究機関等との連携強化や出展企業のグローバルな事業展開の支援、プロジェクト成果のよりグローバルな出口戦略の構築や日本のプレゼンス向上に資することを目指した。
当事業における主な業務内容は以下。
「展示物、展示ブース等の企画・設計・監理・制作等業務」
「通関・輸送」
「事務局運営業務」
「広報等情報発信・調査分析業務」
NEDO及びNEDO事業に関連する出品企業に対しビジネスマッチングや、IoT分野における海外へのビジネス展開を広報面、また渡航面、輸送面、また政府主催イベントへ参加補助の面などで包括的なサポートを実施することで支援した。
具体的な施策としては、
・見本市内におけるNEDOブースの企画・設計をNEDO及び出品企業のプレゼンスが向上する形で検討し、また開催期間中、出品企業が来場者へ最適な展示説明を行うための施策及び陳列補助を行い、成果につながるよう支援した。
・運営事務局を発足し、出展にまつわる主催者及びJETRO主催の日本政府パビリオン事務局(以降、ジャパン・パビリオン事務局)との折衝業務、展示説明用のデジタルサイネージを活用したパネルやNEDOブースガイドブックの制作、また渡航支援や展示物の輸送代行業務、関連イベントへの案内や参加支援等を行った。
・会期前、会期中、会期後と大きく3段階に分けた広報計画を実施し、計画的な来場誘致を行うことで実りのある出展へとつなげた。プレスリリースについては、会期前は1月のプレスプレビューイベント開催時と会期直前の2段階で実施、会期後については29年度の業務として現在進行中である。また、来場促進の招待状に差し代わりCeBIT主催者が設けたe-ticket及びスタンドアローンメールを活用し来場促進を行った。加えて、会期前段階にてインターネットプレスボックス、ECMSなどで直接的な広報露出を行い、会期中にはCeBIT主催のガイドツアーへの参加やジャパン・パビリオン事務局主催の企業プレゼンテーションスペースでのプレゼン参加促進を行い、メディアへのNEDOブースの露出促進を図った。
・出品企業の展示物はじめ必要備品類の現地への輸送通関業務の代行業務を実施した。具体的には日本からドイツへの輸出時における通関書類の手配及び制作業務、荷物の国内引取りと梱包及び現地での会場搬入業務、ドイツから日本への再輸入時における再梱包及び搬出業務、通関書類制作業務等である。
上記施策を以って、開催期間である3月20日ー24日の5日間を通しNEDOブースへの来場者数は6,608名、アンケートは制作した全部数の500部全てを配布、回答回収し、また多くのメディアからの取材が開催期間中行われ、施策が成果につながったと言える結果となった。尚、テレビでは、日本のNHK World TVやテレビ東京、海外では独のNDR、Handelsblattなどで放送され、日本経済新聞、日刊工業新聞、yahooニュース、IT pro、MONOist、海外ではDeutsche Welle、Elbe-Jeetzel-Zeitungなど多数のメディアに記事掲載された。
英文要約Title: Interim Report (Fiscal Year 2016)
Secretariat tasks at CeBIT 2017 (among which information transmission)

This document describes the work related to CeBIT, held once a year in Hannover. By broadly displaying various technologies (IoT, Big data, AI and robotics) in which development NEDO has partaken in, the aim was set on stronger bonds between NEDO and European research institutions, to support the individual exhibiting companies establish themselves abroad and that the exhibition would result in a more global presence and establish Japan abroad.

The secretariats central functions are listed down below as follows:
Exhibition products, planning and overseeing the construction of the stand
Customs clearance and postal matters
The secretariats’ administrative functions
PR-related information transmission and analyzing gathered data
Business matching for NEDO and its enterprises, publicizing the IoT field to oversea businesses, as well as comprehensively supporting NEDO and its enterprises at a smaller event organized by the state.

General measures included
Planning and designing the stand as well as advancing the presence of NEDO and its exhibiting enterprises. These companies were also aided by the secretariat so that they could deliver on-point explanations and reach wished upon results.
Establishing the secretariat duties, duties concerning the exhibition and carrying out negotiations between both JETRO and the CeBIT Japan Pavilion PR Secretariat. The secretariat was in charge of the production of digital signage, NEDO guidebook as well as organizing flights.
By planning and fulfilling PR-related matters in 3 steps (before, during and after), the fair went successfully. Press Preview was held 1 month before the actual trade fair and the planning took part in two steps. Analyzes for these are being carried out during 2017 (fiscal year). Furthermore, e-tickets and stand-alone newsletters were used to attract more visitors. Online marketing tools (ECMS) and internet press boxes as well as guided tours during the trade fair were used for withal. Media exposure was also planned and controlled.
The secretariat acted as a proxy for the enterprises regarding customs clearance as well as postal matters. Specifically, the secretariat handled receiving and distribution of needed documents, receiving and packaging of the products in Japan, receiving the customer products on-site as well as the needed steps for sending said items back to Japan. Various documents needed for customs clearances were also handled by the secretariat.

By fulfilling the above, a total of 6,608 visited the NEDO stand during March 20-24. All 500 produced surveys were distributed and collected. An extensive media coverage could be noted, which is thought to be a direct result of the above. Japanese television stations such as NHK World TV as well as TV Tokyo could be seen within the stand. Examples of foreign media are NDR, Handelsblatt. Nikkei Asian Review, Nikkan Kogyo Shimbun, Yahoo News, ITPro, MONOist as well as the foreign Deutsche Welle, Elbe-Jeetzel-Zeitung posted articles.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る