本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000757
タイトル平成28年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 ブラジルにおける高効率石炭火力発電(超々臨界圧発電)プロジェクト案件形成調査
公開日2018/1/11
報告書年度2016 - 2016
委託先名PwCアドバイザリー合同会社 東京電力ホールディングス株式会社 株式会社IHI
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約本報告書では、平成28年度「ブラジルにおける高効率石炭火力発電プロジェクト案件形成調査」(以下、「本年度調査」という)について、その調査結果を取り纏めている。
 平成27年度「ブラジルにおける高効率石炭火力発電プロジェクト案件発掘調査」の結果を踏まえ、本年度はPwCアドバイザリー合同会社、東京電力ホールディングス株式会社、株式会社IHIの3社コンソーシアムにより、リオグランデドスル州Baixo Jacui地区の石炭(以下、「BJ炭という。」を用いた1000MWクラスのUSC石炭火力案件(以下、「本案件」という)のベースロードとしての導入をコンセプトに、案件形成調査を実施した。本年度調査の内容は大きく分けて、ブラジル電力・エネルギーセクター動向調査、ボイラ概念設計を主とした技術面調査、および事業化に向けた商務面調査の3構成となっている。
 セクター動向調査では、文献調査や現地関係者への調査をもとに、次の3点が明らかとなった
a. 2024年までの新規石炭火力の開発ポテンシャルは最大3~5GWが見込まれ、他電源の開発状況次第ではポテンシャルの更なる拡大が予測できる
b. 本案件が高い技術的信頼性と価格競争力を有すれば、安定的かつ経済的なベースロードとしての稼働が期待される
c. 本年度調査のコンセプトは、ブラジル政府が検討している電源多様化と高効率化という電力市場変革の方向性に合致している
 技術面調査では、ボイラ設計にあたってBJ炭特性による低発熱量,高灰分,高摩耗性を考慮する必要性が判明した。その上でプラントの概算性能と仕様を検討したところ、USC導入は技術的に実現可能であるという判断に至った。案件開発準備としては、建設候補地をBaixo Jacui川付近2地点に絞り込むとともに、本案件の送電網への接続に問題は生じないことを確認した。また、ブラジルの発電所の運営は良く組織化されており、州レベルで発電所運転員の教育制度が整備されている。従ってO&M運営体制の面でも本案件の導入は可能であることを確認した。
 尚、本案件導入によるCO2排出量の削減量は約110万t/年という試算結果が出た。
 商務面調査では、プラント建設・運転に係る概算コストを算出し、電力オークションでの競争力評価と売電契約の基本条件を調査したうえで、入札戦略の検討と内部収益率シミュレーションを実施した。結果、オークションにおいて一定の競争力を保ちつつ、妥当なレベルの経済性と高い稼働率を確保し得ることが判った。また、案件開発準備として環境ライセンスやファイナンススキームを主軸とした事業計画策定も行った。
 以上の調査検討結果より、高い技術的信頼性と価格競争力を両立させ、ベースロードとしてのUSC技術を導入することは可能であり、本案件がブラジルにおける電力安定供給に貢献できる余地は十分にあるという結論に至った。2017年3月に実施した現地成果報告会では、鉱山エネルギー省をはじめとした関係機関に対して、日本のUSC技術の優位性と同国電力セクターにもたらすメリットをアピールするとともに、今後の案件形成に向けての意見交換を行い、本案件への高い評価と期待のコメントを頂いている。
 今後は2024年ー25年の操業開始を目標として、コンソーシアム各社で協力のうえ、案件開発の検討を進めていく予定である。
英文要約 This is a summary of results on the FY2016 “Study on the formulation of a high-efficiency coal-fired power generation project in Brazil” (the “FY16 Study”).
 Based on findings from the FY15 “Study on the identification of a high-efficiency coal-fired power generation project in Brazil” , the consortium (PwC, TEPCO, IHI) performed a study on the formulation of a project introducing 1,000MW Ultra-Supercritical (“USC”) coal-fired thermal power plant, applying Baixo Jacui coal in the Rio Grande do Sul state (the “Project”), as a base load. The FY16 Study covers: (1) Study on sector trends; (2) Technical study; (3) Commercial study.
 The study on sector trends revealed the following:
a. Development potential for coal-fired thermal power (~2024) is assumed at 3GW-5GW (max). Further demand could be expected, depending on the development progress of other power sources;
b. The Project may demonstrate high operation rate as a stable, economic power source, if strong technical reliability and price competitiveness can be achieved;
c. The concept of the FY16 study is consistent with the Brazilian government’s direction for its electric power market transformation (power source diversification, high efficiency).
The technical study indicated the need to consider characteristics of Baixo Jacui coal (lower heating value, high ash content, high wear resistance) in designing the boiler to enhance technical reliability. We considered that introduction of the USC was technically feasible from examination of the plant’s rough performance/specification. In preparing for project development, we identified 2 areas near River Baixo Jacui as preferable plant site and confirmed there were no issues in connecting the power plant to the grid. We were also able to confirm that introduction of the USC technology was feasible in terms of power plant operation by investigating local O&M structure.
The results of calculation on the impact for CO2 emissions reduction was approximately 1.1million ton/year.
The commercial study produced a rough estimate of plant construction/operation cost, examined competitiveness for an auction and basic conditions for a PPA, reviewed tender strategy and performed simulation on IRR. The results of the study showed that the Project would be appropriately economic, while maintaining a certain level of competitiveness in an auction.
Based on the results of the study as above, we reached the conclusion that introduction of USC as a base load would be feasible, achieving both strong technical reliability and price competitiveness, and that it was sufficiently possible for the project to contribute to the stable supply of electric power. At the local reporting in Mar-17, we appealed Japan’s strength in USC, advantages for Brazil’s electric power sector, exchanged opinions, was highly appraised.
To start operation in 2024-25, consortium members will cooperate with each other to continue the project development.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る