本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000463
タイトル平成28年度成果報告書 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術 デライトものづくり発想支援システムの開発
公開日2018/3/23
報告書年度2016 - 2016
委託先名学校法人千葉工業大学 学校法人慶應義塾 学校法人明治大学
プロジェクト番号P14030
部署名IoT推進部
和文要約追加公募にて提示された「価値探索とものづくりのプロセス全体の最適化を可能とする、以下に例示されるような設計技術」を具体化すべく、既存の各種要素技術の統合を検討した。

□種々のデータや試行から抽出されたニーズ・価値・性能・デライトをベンチマークとして製品やシステムの初期機能設計を実施可能とする革新的な超上流設計技術
□製品やサービスの使われ方や環境・外乱を俯瞰し、逆問題的設計や複雑事象のシミュレーションとも連携して、低コスト・高品質全体設計を可能とする革新的システム設計技術

本研究では脳波を用いて、心の動く瞬間にフォーカスを当て、その決定属性を取得する方法を検討した。
リアルタイムでの気持ちの変化は、どの様な背景の要因が起因し、属性の組み合わせにより影響を受けるか、ラフ集合により分析した。
さらに、多目的満足化設計への適用が可能なセットベース設計手法を活用し、得られたデライト価値を商品として実現するための設計目標の範囲値を導出することを目指した。

生理、物理計測に対する基礎的な実験、撮影デバイスを用い、各年代の被験者を集めての検証実験等を通して、上述の各要素技術の有効性、及びその組み合わせ効果について、初年度の計画に沿って確認できた。また、これらの検討を通して得られた各種設計データのモデル記述に関する検討も行った。
英文要約In the “Call for participants” of SIP Innovative Design/ManufacturingTechnologies program, a new design methodology for value search with holistic approach in the product design was the main issue of the relevant 
public offering.

□Innovative design technologies for early phase design process of products, which use prototype trials and benchmarks seeking customer’s needs, product performances, and delight values of product systems.

□Innovative design technologies, which include the analysis of inverse problem and numerical simulation for the complex systems, aiming the excellent cost and quality characteristics.

In our study, we adopted neural waves measurements in order to capture the real time mind movement, and tried to connect them with the decision attribute during products purchasing. We also analyzed the combination
of product attributes using rough set analysis.
Using these results, we tried to convert the favorable product attributes to functional design targets by set-based design technique, in order to realize the seamless design process from concept to development phase.

We conducted preliminary measurements for physiological and physical tests, and the validation activities for our proposed design process using camera devices and different-aged subjects. The effectiveness of the
process was confirmed based on the first year plan. From these test results a conceptual model of delight design was derived. Based on the conceptual model, an architecture of a product which has delight attributes will be
described as a system model.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る