本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000468
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 クリーンビーコンを用いたヒューマンナビゲーション社会実装実証事業
公開日2018/3/8
報告書年度2015 - 2016
委託先名リアライズ・モバイル・コミュニケーションズ株式会社 株式会社日立製作所 株式会社サイバー創研
プロジェクト番号P14016
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業/クリーンビーコンを用いたヒューマンナビゲーション社会実装実証事業

本事業では、無給電で24 時間動作し、かつ、メンテナンスフリーなクリーンビーコンを開発・試作し、それら大量のビーコンを管理するプラットフォームを実装した。これにより、大量のビーコンをプラットフォームで集中管理し、インフラの信頼性を高め、屋内外をシームレスに誘導できるヒューマンナビゲーションを実現可能となる。また、クリーンデバイスを適用したユースケースを創出し、クリーンデバイスの普及拡大を目指した。
 具体的には、クリーンビーコン、クリーンビーコンのプラットフォーム、及び屋内外測位技術の実装を進め、実証実験においてその有効性を確認した。
 平成27年度には、60台のクリーンビーコンを試作し、150 lux以上の屋内照明下(JIS照度基準における各種屋内施設の大部分)で安定動作すること、150 luxあれば充電が進み、消灯後も24時間以上は動作を継続することを確認した。クリーンビーコンのプラットフォームとクリーンビーコンの連携検証テスト用アプリを試作し、プラットフォームで管理されている複数のクリーンビーコンとアプリが連携し動作することを確認した。屋内外測位ミドルウェアとクリーンビーコンとの連携について受信特性や電波干渉の観点で検証、該当クリーンビーコンの位置情報を取得の連携について、想定どおりに動作することを確認した。
 平成28年度には、実装したプラットフォーム、改良型のクリーンビーコン二次試作版を用いたアプリケーションを準備し、実フィールドでの実証実験を奈良県の東大寺で実施した。東大寺観光スポット5か所に計23個のクリーンビーコンを設置し、観光ガイド実証アプリを作成し、クリーンビーコン設置ガイドライン作成に必要なデータを収集した。また、外国人観光客にも利用を公開し、利用状況やアンケートデータを収集し、クリーンビーコンによる観光ガイドの有効性を検証した。信頼性・安全性、標準化・共通化の取組としては、クリーンビーコン製品として必要な信頼性・安全性の評価手順案を検討するとともにガイドラインとしてまとめ、有識者を含めた標準化委員会で確認し標準化原案とするとともに、環境電源を用いるビーコン装置の性能条件の技術データのカタログ記述方法について各社の合意をとって「クリーンビーコン装置諸元ガイドライン」としてまとめたものを標準化案とし、JEITA(一般社団法人 電子情報技術産業協会)に提案活動をすすめている。ユーザーニーズ発掘コンソーシアムを立ち上げ、手順における課題抽出とユースケース創出の方向性について検討し、コンソーシアムでの議論の結果を受けて、開発したシステムの適用先を発掘し、クリーンビーコンについては13社から引き合いが、また、クリーンビーコンとプラットフォームを合わせたシステムについては14社から引き合いがあり、次年度以降の実装に向けて、活動を継続する予定である
英文要約Title: “Clean Device Social Implementation Promotion Project/ Human Navigation Social Implementation Demonstration Project “ FY2015-FY2016

This project designed and developed in trial a clean beacon device which is maintenance free and operated for 24 hours without parasitic and implemented a platform which manages those not a few beacon devices. By managing many beacons in the central platform and improving reliability of the platform, a human navigation system which seamlessly navigates people from outside to inside building. In addition, the project created use-cases of clean device applications and aimed further dissemination of clean devices.
Implementations of clean beacons, a clean beacon platform and indoor and outdoor positioning technologies were carried out and associated demonstration experiment confirmed their effectiveness.
In FY2015, sixty clean beacons were developed in trial. Clean beacons stably perform over 150 lux environments and charging progresses under over 150 lux. And it was confirmed that the device continuously more than 24 hours performs function after turning of the light. An application program which tests and confirms platform for clean beacons and clean beacon device collaboration verification was developed and its function was confirmed. Regarding collaboration between indoor and outdoor positioning middleware and clean beacons, radio signal receiving characteristic and radio interference were verified. Expected performance on clean beacons’ positioning information detection was confirmed.
In FY2016, an implemented platform and application programs which use secondly developed in trial improved clean beacon devices were prepared and a demonstration experiment was carried out at Todai-ji temple, a real field in Nara prefecture. In this experiment, 23 clean beacons were installed in 5 sightseeing spots of Todai-ji temple and a sightseeing guiding application was developed. The experiment collected data needed for developing a clean beacon installation guideline. In addition, this experiment was informed to foreign travelers and their usage data and questionnaire were collected. Collected data verified the sightseeing guide effectiveness. As an activity for reliability, safety, standardization and communization of clean beacon technologies, an evaluation process of reliability and safety needed for clean beacon products was studied and developed a guideline. The developed guideline as a draft standard was provided for a standardization committee organized by experts on this subject within the project and a clean beacon product datasheet development guideline that indicates how to describe technical performance data of clean beacon using energy harvesting technologies was drafted as consensus of the committee. The guideline are promoting proposal activities to Japan Electronics and Information Technology Industries Association (JEITA) for its consideration. A user needs identification / excavation consortium was established and issues on its process and a direction of use case creation were studied. Considering the result of discussions in the consortium, applicable business entities of developed system were studied. As a result, 13 companies are interested in clean beacon devices and 14 companies are interested in a system with clean beacons associated with the platform. It is planned that this activity will continue for future business development after this demonstration project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る