本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000484
タイトル平成28年度成果報告書 次世代光源分野およびAR・VR分野における市場・技術動向調査
公開日2018/3/8
報告書年度2016 - 2016
委託先名アーサー・ディ・リトル・ジャパン株式会社
プロジェクト番号P09018
部署名IoT推進部
和文要約平成28年度成果報告書 次世代光源分野およびAR・VR分野における市場・技術動向調査

本調査では、次世代光源分野およびAR・VR分野の市場動向と技術動向について調査を実施した。具体的には、次世代光源分野およびAR・VR分野のそれぞれについて、想定される有望な用途を整理し、市場動向に関しては市場における有利な効果と市場見通しを明確化した。また、技術動向に関しては、用途ごとに要求機能や技術課題の分析を行った。これらをふまえ、労働力不足やエネルギー効率向上などの社会課題の解決手段としてのこれらの技術開発の有効性を検証し、重要度の高い技術開発や取り組み課題などのテーマアップを行った。
 
調査を通じ、AR・VRシステムを通じて人は「身体・知覚の限界」、「時間・空間」を超えた体験や、活動ができるように可能性が示された。社会課題解決への貢献が見込まれる有望領域としては「生産・インフラ」、「社会福祉」、「地方創生」の3領域が抽出され、これらに関し「災害に強いまちづくり、ひとづくり」、「超人化・モザイク型協働による総活躍」、「人・環境にやさしい産業の実現」、「福祉のコンパクト化」「新しい学び・新しいスポーツのかたち実現」、「国土のメディア化・テーマパーク化」といった7つの貢献のありかたが検討された。

技術課題としては、「多感覚」、「言語+非言語情報の自動認識」、「状況に応じた呈示・フィードバック」といったこれからのAR・VRが備える3つの機能に対応した入出力インターフェース、コンテンツに関する諸課題が導出され、そのなかには人の認知モデルの解明や状況認識エンジン、データのオープン化、シミュレーションモデルの評価手法などが含まれた。
英文要約Title: Research into market and technology trends in the next generation light source
fields and AR・VR fields. FY2016 Final Report

In this study, we conducted research into market and technology trends in the next
generation light source field, as well as the AR & VR fields. Specifically, we looked into
expected promising applications in each of these fields. In relation to the market trends,
we clarified the advantageous effects and market prospects that these market trends
are likely to bring about. Regarding the technology trends, we analyzed the required
functions and technological issues in each application. Next, based on this, we verified
how effective the development of these technologies could be as a potential means for
solving labor shortages, improving energy efficiency, and other societal problems. We
then formulated themes around the R&D with the highest level of importance and the
issues that need to be addressed, etc.

In the research, we showed that, through AR & VR systems, people can have
experiences and act in areas beyond the “limits of the body & perception” and “time &
space.” We identified 3 fields, industry/infrastructure, social welfare, and regional
development, as promising areas where this technology can contribute to solving
societal issues. In relation to these 3 fields, we examined approaches for helping
develop towns, and individuals, with strong resistance to disasters, post-human
interconnected patchwork-type cooperation (similar to micro contribution) for general
activities, attaining human and environmentally-friendly industry, streamlined social
welfare, new forms of learning and play/sports, and equipping the land with electronic
media and allowing people to use it like a theme park.

For the technical issues, we identified input/output interfaces and contents for the
functions that AR & VR make possible in the areas of multiple senses, automated
recognition of verbal & non-verbal information, plus situation-specific presentation and
feedback. To do so, we also studied human cognitive models, advanced situational
awareness engines, shifted data to open platforms, and established methods for
evaluating simulation models.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る