本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000519
タイトル平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 デザイン多用途型省エネディスプレイ
公開日2018/3/8
報告書年度2015 - 2016
委託先名シャープ株式会社 国立研究開発法人産業技術総合研究所
プロジェクト番号P14016
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成27年度ー平成28年度成果報告書 クリーンデバイス社会実装推進事業 デザイン多用途型省エネディスプレイ

○ 概要
 透明ディスプレイは、前例のない特徴(透明性)を持つが故に、設置環境における視認性などの実証が求められていた。また、特性評価方法が定まっておらず、特性の把握が困難という問題も生じていた。3つのユースケースで実証実験を行い、人間工学的性能評価を併せて、視認性や信頼性などを確認した。また、透明表示の評価法など国際標準化を推進した。

○ 実施結果
 期待される使用シーン、市場規模を調査し、実証実験を行った。
  
1. ユースケース実装実施
(1) 静止した状態での利用を想定した実証
 東京メトロ豊洲駅のホーム柵に実装した。乗客へのインタビューやコンソーシアムメンバーによる現地視察を行った。ディスプレイ前に子供が好んで並ぶなど、乗客からの注目度は高く、サイネージとしての有効性が実証された。一方、背景と情報表示とを同時に見られるという透明ディスプレイの特徴を生かせる“背景の明るいユースケース”の開拓が必要なことが判明した。

(2)移動物体に乗車した状態での利用を想定した実証
 移動物体で且つ背景の明るいケースとして、埼玉新都市交通の営業車両へ実装した。 運転室客室間扉に設置し、一般乗客(1342名)に依る目視評価(アンケート形式)を行った。実装車両の乗客の約30%が存在に気が付き、未来感を感じるなど、サイネージとしての効果は認められた。コントラスト、カラー表示性などに高い評価が得られた。一方で、運転室扉への実装では、露出度は限られることが浮き彫りとなり、電車側面の窓への実装の必要性が明確になった。
 そこで、三菱重工業(株)試験センターにて、試験車両の客席横窓へ簡易的に実装し、目視評価(アンケート形式)を行った。ディスプレイと窓とで透明度を揃えることが肝要であること、非常に明るい環境下(背景海)でも全く問題ない表示が可能であること、背景が横に流れて視線が動くがチラツキは問題ないこと、等が明らかになった。

2. 人間工学的性能評価
 照度等を可変な実験室内で、人間工学的な性能評価を行った。FSC-透明LCDと透明OLEDディスプレイの表示視認性に関する評価を行い、適切な利用環境や利用方法との関係性を導いた。背景が明るい、又は背景にコントラストの強い絵柄パターンがあるような場合にFSC-透明LCDが特に有効であることが分かった。

3. 標準化・共通化
(1)コンソーシアム活動
 社会実装推進に向けた検討委員会として企業6社と産総研による標準化コンソーシアムを設立した。実装・実証実験や主観評価実験の内容・結果の審議検証を行い、透明ディスプレイの特性測定方法の国際標準化に関する審議等を行った。

(2)評価方法標準化
 透明ディスプレイの測定方法に関するプロジェクト(PT62977-2-5)をIEC国際標準化会議にて立ち上げた。2017年中にテクニカルレポートが発行される予定。明るい背景の下でも品位の高い表示が可能な透明ディスプレイの特性を正しく評価できる測定方法が標準化される。

○ まとめ
 1)ホーム柵、電車の運転席客席間ドア/横窓などユースケースを検証し、2)広告効果が如実であり、明るい環境下でも良好な視認性を発揮し、チラツキも問題にならないことを明らかした。3)背景の影響を受け得る透明ディスプレイの特性を正しく評価できる測定方法を標準化する道筋をつけられた。
 実使用上で有効なことが明確化されたことを受け、市場への採用が進むものと期待される。
英文要約Title: Energy-Saving Displays Designed with Versatile Usability (Clean device promotion project, which is aimed to create novel applications of innovative electronic devices through demonstration and standardization) (FY2015-FY2016) FY2016 Final report


As the transparent display is bran-new, it was difficult to clarify the visibility in public space and the commercial effect. We installed the new transparent display on some end uses, studying the above points, carrying out the experiments on ergonomic-subjective appraisal, standardizing a measurement method.


We researched end uses and market sizes, installing the display in some end uses.
1.1. We installed the transparent display on the platform guard wall (fixed location) at the Tokyo metropolitan subway station. The background of the display was dark. Even so, train passengers paid high attention to the display. We found the display could be effective for signage.

1.2. We installed the transparent display on the door between the operator room and the passenger room in the train carriage (moving object) of the Saitama New Shuttle Liner. The background was rather bright. Even so, the display showed the image with high contrast ratio, and passengers gave high marks to the display. The number of the people who look at the display is limited in this case because each train has only two doors.
Considering the above result, we next installed the transparent display to the side window of a train carriage of Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
We found that: (a) high marks for the display were achieved with window the translucence of which was the same as that of the display; (b) even with an ultra-bright background like the seaside, the display could show the image with high quality; (c) there was no problem with flicker.

2. We carried out the experiments on ergonomic-subjective appraisal of the transparent LCD and OLED. Our display was very effective even if the background was bright or with complicated patterns.

3. Standardization and unification
(1) The consortium committee on standardization of the versatile displays was established. We discussed the social promotion experiments and the ergonomic subjective assessment of the transparent display.

(2) A member of the consortium founded the standardization project on the measuring method of the transparent display. We standardized the method which could clearly show the performance of the display under bright circumstance.


We (1) installed the transparent displays and inspected the use cases; platform guard wall and train carriage, (2) found that commercial effect was high, the display performance under bright back-ground was effective, and there were no problem due to the flicker, (3) standardized the measuring method which could clearly show the performance of the transparent display under bright circumstance.
We believe that the installation to the market is expected to be smooth in the near future.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る