本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000525
タイトル平成26年度ー平成28年度成果報告書 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/革新的設計生産技術 チーム双方向連成を加速する超上流設計マネージメント/環境構築の研究開発
公開日2018/3/16
報告書年度2014 - 2016
委託先名国立研究開発法人産業技術総合研究所 国立大学法人東京大学 一般財団法人製造科学技術センター 金剛株式会社
プロジェクト番号P14030
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成26年度ー平成28年度成果報告書 チーム双方向連成を加速する超上流設計マネージメント/環境構築の研究開発

製造企業の技術的優位性を競争力優位につなげる目的で、ものづくりの川上川下や顧客とメーカー、専門家チーム間等チーム双方向連成を加速し、顧客価値の高い製品・システムの開発が可能になるような構想設計能力の飛躍的向上のため、超上流マネージメント・環境構築の研究開発を行った。顧客ニーズをいち早く把握し、開発上流(コンセプト、商品企画、設計)から下流(調達、製造、輸送、販売)までデザイン(企画)を正確に一気通貫で実現させる組織的能力の向上のために、開発上流と下流、組織内外を対話的に効率良く議論検討させる「構想設計の道具と手法」を開発し、仮実証により研究開発の完成度を上げ、複数の思考取り込みと協業を行う構想設計プロセスに適用し、情報技術による手持ちの戦力の底上げの提案を行った。本提案による構想設計プロセスには上流チームに加えて下流チームが参加するのが特徴で、参加人数が増加しても効率低下のない議論の並列化が可能である。
英文要約Title:Design Management for Cross-disciplinary Team(DMCT)(FY2014-FY2016) Final Report

Design Management for Cross-disciplinary Teams (DMCT) is a project that studies how to implement experience-value capturing technical design and hammer out a best business management model for it. The DMCT project brings together manufacturing sector leaders, think-tanks and academic institutions to usher in the new era of manufacturing. The new strategy will obviously not succeed without free-flowing communication and exchanges of ideas among designers and engineers. Manufacturers must create an environment that encourages those professionals to step out of their highly specialized fields and share their expertise and imaginations. The DMCT project proposed a mechanism for developing, testing and validating the best organizational management methods in order to break down communication silos and foster cross-disciplinary and cross-supply chain interactions and collaborations.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る