本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20170000000780
タイトル平成28年度ー平成29年度成果報告書 「地球温暖化対策技術普及等推進事業/JCMプロジェクト実現可能性調査/タイにおける自動車工場の省エネプロジェクト」
公開日2018/3/16
報告書年度2016 - 2017
委託先名東京電力ホールディングス株式会社 株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約本調査は、JCMを利用してタイにおける稼働中の工場の省エネルギー改善事業の展開を目指すことを目的として実施した。具体的には、自動車工場及び部品工場を対象とし、設備診断と省エネ提案を行った上で、それに対して適用可能なJCM方法論の開発およびCO2削減量の算定を行った。報告書の構成は次に示すとおりである。

第1章 背景動向
第2章 設備診断
第3章 省エネ改造提案
第4章 方法論の検討
第5章 成果の波及効果とCO2削減技術の普及

本プロジェクトに起因する温室効果ガス排出削減量の算定手法(方法論)については、ヒートポンプへの更新等、導入する個別技術の機器導入による排出削減に加え、エネルギーマネジメント活動(本調査ではEnergy Management Activitiesと称する。以下EMA )に関するものも含めたところが最大の特徴である。
従来、クリーン開発メカニズム(CDM)では機器、装置の導入(新規または既存機器の代替)に限定され、単なる慣行改善はプロジェクトとは見なされてこなかった(例:エコドライブだけではプロジェクトとはならず、エコドライブ装置の導入を伴う必要がある)。JCMにおいてはこの限りではないが、現状採択された方法論、プロジェクトは何らかの機器導入を伴うものに限られている。
その要因として、個別技術による排出削減についてはそれぞれに適したアルゴリズムの策定が可能と考えられるが、EMAについては具体的な対策が特定しにくく、削減との因果関係が不明瞭な点もあるため、アルゴリズムの策定に困難が伴う。省エネによる個別プロセスの排出削減率(省エネ率)は概ね20%程度以内と想定されるため、対象施設全体のCO2排出量の増減に基づき排出削減量を算出すると、当該省エネ対策以外の要素の影響が大きく、いわゆる「シグナルノイズ」の問題が発生する 。また、あるプロセスにおいて高効率機器への代替も併せて実施される場合、機器代替とEMAの効果の峻別が求められる。
以上の「EMAの効果による削減量の算出」が課題であることに加え、「複数工程の存在」、「正味削減量の確保」が主たる課題であったが、次のとおりの対応方針に基づき方法論を策定した。

●EMAの効果による削減量の算出:EMAをいくつかの活動に分類して定義した上で、機器代替による削減量と区別可能な削減量算出式を提示した。
●複数工程の存在:多様な省エネ手段を種類別に分類した上で、それぞれの削減量の算出式に基づいた削減量を合計する形とした。
●正味削減量の確保:第三者である省エネの専門家が特定する省エネ手段により、プロジェクトはBaUでないことが保証でき、正味削減量が確保されるという考え方に基づいた。

本事業における設備診断と省エネ提案ビジネスは、今後サプライチェーンを構成する工場などに幅広く展開することを考えている。その展開においても本方法論の考え方に基づき、機器代替およびEMAによる削減量を算出することが可能である。
また、日本の省エネが進んでいることは言うまでもないが、その要因としては個別機器の省エネ性能が優れていることに加え、EMAにも優れていることが挙げられる。したがって、今回の方法論の考え方をもって、EMAに関する日本のノウハウをビジネスとして展開し、当該国における削減への貢献を定量的に把握する手段ができたといえる。すなわち、JCMの拡大とも相俟って本方法論およびその考え方の活用可能性は極めて高いといえる。
英文要約This feasibility study was implemented with the aim of enhancing initiatives through the JCM process to improve energy conservation in factories operated in Thailand. Specifically, the Project conducted facility diagnosis in automotive factories and made proposals for their energy conservation activities, based on which it developed an applicable methodology for JCM projects and estimated CO2 emissions reductions.
As for the calculation method (methodology) of greenhouse gas emission reductions originating from the project, the biggest feature of this methodology is that it includes emission reductions from upgrading heat pumps and introducing new technology and equipment as well as from energy management activities (hereafter referred to as the “EMA”).
The Clean Development Mechanism (CDM) is limited in scope to projects that introduce specific equipment and devices (introduction of new equipment or replacement of existing equipment), and excludes projects that merely improve on existing practices. (For example, “eco driving” practices to improve fuel economy would be outside its scope. Eco driving devices would need to be fitted in a car to count as a CDM project). Even though there are no such restrictions in the Joint Crediting Mechanism (JCM), all projects and methodologies adopted under the JCM have been limited, in one way or another, to those introducing equipment.
This is because while a suitable algorithm can be established for emission reductions involving specific technology, doing so is difficult for EMA for two reasons: that it is difficult to identify and delineate specific EMA activities and that the causal relation between EMA activities and reductions is not always clear. The emissions reduction ratio in a process from energy conservation (energy conservation ratio) is generally estimated at less than 20%. Therefore, when emission reductions is calculated based on changes in the CO2 emissions of a facility as a whole, the issue of “signal and noise” tends to arise because factors other than the energy conservation measures are counted in a significant way. Moreover, when emissions reduction combines replacement of equipment with higher efficiency and EMA in a process, there is also a need to distinguish between emissions reduction from the replacement of equipment and from EMA.
It is needless to say that Japan is an advanced country in terms of energy conservation, with equipment with excellent energy consumption efficiency as well as the successful application of the EMA. The methodology developed under this Project provide a means to operate business making use of Japanese know-how concerning the EMA and quantitatively measure the contribution to emissions reductions in countries concerned. So this suggests a very high potential for use of these methodologies and their approaches along with progress of the JCM.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る