本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000014
タイトル平成28年度ー平成29年度成果報告書 クリーンコール技術海外普及展開等事業 石炭高効率利用システム案件等形成調査事業 インドネシアにおける地方電化率向上のためのバイオマス混焼循環流動層(CFB)型発電設備の設置プロジェクト案件形成調査
公開日2018/3/30
報告書年度2016 - 2017
委託先名住友重機械工業株式会社  一般財団法人石炭エネルギーセンター
プロジェクト番号P15004
部署名環境部
和文要約国家全体の電力不足及び電化率の向上が急務となっているインドネシアにおいて、ジャワ島、スマトラ島を除くインドネシア東部に対する電化率向上の対策は未だ不充分である。本調査は、インドネシア東部域に位置するスラウェシ島を調査対象地域とする。非産炭地故、山元発電が出来ないスラウェシ島において、小中規模発電設備を多く導入し、石炭受け入れ港及び設備をそれぞれに設置することは非効率的で時間を要する計画である。いくつかの小中規模発電設備を集約した高効率な発電設備を導入し、更に将来需要を見越した送電網計画を策定することが、効果的な電化の加速に繋がると考えられる。
本年度は、詳細な燃料調査(石炭、バイオマス)、実燃料を使用した燃料試験、設備詳細設計、詳細送電線計画評価、実現へ向けての課題の評価等を実施した。
電化率向上を目指す一方で、2015年10月に開催されたCOP21で調印したインドネシアはCO2削減目標を同時に掲げており、2025年までに再生可能エネルギー比率を23%まで引き上げることを目標としている。本調査では石炭・バイオマス燃料の混焼設備の導入検討を行い、再エネ比率向上へ資する提案を行う。また再熱式ボイラーを採用することで、高効率発電による燃料使用量の低減を図り、更なる二酸化炭素排出量削減を実現する。
燃料調査の結果、石炭、バイオマス燃料共にカリマンタン島からの十分な供給量及び供給体制があることが確認できた。一方で、将来的なバイオマス燃料の候補として早育バイオマス燃料の調査を行い、発電設備周辺に早育バイオマス燃料のプランテーションを創設することで、地方経済の活性化及び電化率向上を目指す、という提案に至った。また、SHIが保有するパイロットプラントを使って、石炭・バイオマス燃料の混焼試験を行い、安定燃焼、排出値及び燃焼灰に問題が無いことを確認した。
送電線計画評価の結果、本調査で提案する150 MW級の設備が導入された場合でも、ある一定の仮定の上ではあるが、現行の送電線計画上問題ない事が確認できた。
経済性評価においては、石炭専焼時にはE-IRRが10%以上となり、実現性のある計画と評価できる。一方で石炭とバイオマス燃料の混焼発電へのインセンティブ(FIT制度)が導入されていないインドネシアにおいて、バイオマス混焼時に高い経済性を得ることは難しい。
本年度事業において技術的残課題はない事が確認されたが、課題として 1.ファイナンス組成 2.石炭・バイオマス混焼に関する法規制の整備、の2つが挙げられる。ファイナンス組成に関しては、日系ファイナンスの利用を検討する。本調査での提案設備のCO2発生量は、バイオマス燃料混焼率を30 %とした際、超々臨界型高効率大型石炭火力発電設備と同等、もしくはそれ以下のレベルとなり、OECD輸出ガイドラインを満足するものであるが、実案件に繋げるべく詳細検討を引き続き行う必要がある。また、石炭・バイオマス混焼に関する法規制の整備に関しては、インドネシアにおいては混焼の概念自体がこれまでに無いものであるため、技術的根拠を示す必要がある。そのサポートを含めて、インドネシア側関係機関と引き続き協議を進める必要がある。
英文要約In Indonesia where addressing a nationwide power shortage and accelerating electrification are the urgent tasks, the measures to accelerate electrification in the eastern part of Indonesia excluding Java and Sumatra islands still remain insufficiently developed. For this survey, Sulawesi island that is located in the east part of Indonesia is the target survey area. In Sulawesi that is in a non-coal mining area and cannot run mine-mouth power generation, introducing a number of small-middle size power plants each equipped with a port and facility for receiving coal is considered an inefficient and time-consuming plan. With the above taken into account, we consider that introduction of high efficiency facility by integrating some small-middle size power plants while working on planning of transmission line based on the expected future demands will be the way that is efficient for acceleration of electrification.
In this fiscal year, more detailed fuel survey (coal & biomass), fuel tests using actual fuels based on result of the survey, detailed design of facilities, assessment of detailed transmission line plan, assessment of tasks towards realization, etc. were conducted.
Along with working on improvement of electrification, Indonesia that signed the COP21 agreement in October 2015 also set a target on CO2 emission reduction, aiming to raise the renewable energy ratio to 23% by 2025. This survey also aims to contribute to improvement of the renewable energy ratio by making a proposition on coal and biomass fuel facility. Further, by adoption of the reheating type boiler, we aim at realization of reduction in fuel use by high efficiency power generation and further reduction in carbon dioxide emissions.
In the fuel survey, it was confirmed that, with regard to coal and biomass fuels, there were enough supply amount and supply systems from Kalimantan island . Meanwhile, a survey on fuel using fast-growing biomass crops was conducted and it is propsed that establishment of a fast-growing biomass crop farm will create a collateral effect of activation of local economy around the future power plant. Also co-combustion pilot test of coal and biomass by using SHI’s own pilot facility was conducted and as a result, stable operation, emission figure which satisfy Indonesian regulation and non-hazardous combustion ash were confirmed.
With regard to assessment of the transmission network plan, it was made clear that combining this plant with a change in generation capacity of the existing plan into the existing transmission network plan would cause no problem based on generalsome assumptions.
As for economic evaluation, E-IRR of 10% or above is expected when only coal is used, which is a fully realistic plan. On the other hand, in Indonesia where incentive plan (FIT system) for coal and biomass co-combustion power generation has not been introduced, it is difficult to secure high economic performance in coal and biomass co-combustion.
Although it was confirmed in this fiscal year’s project that there were no more technical problems left unaddressed, other issues to be addressed include development of (1) finance composition and (2) regulations on coal and biomass co-combustion. As for finance composition, utilization of public Japanese fund will be discussed. In the case of biomass fuel co-combustion rate of 30%, the amount of CO2 emissions with this survey facility is at the same level as that with an Ultra Super Critical (USC) type large size coal power plant with high efficiency and satisfies the OECD export guidelines. Further discussion is required in order to connect to a real project. Considering that the concept of coal-biomass co-combustion itself is new in Indonesia, technical proof is required first. Including technical support, further discussion with related Indonesian parties will be required for realization of thie project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る