本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000035
タイトル平成27年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム 省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連課題の検討 革新的リブレットによる高速移動体の省エネルギー化技術の調査研究
公開日2018/3/23
報告書年度2015 - 2015
委託先名国立大学法人東京農工大学
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約世界最大の抵抗低減効果約12%を有する革新的リブレット(微細な溝)の実用化のために、高速移動体におけるリブレットのメンテナンスコスト等の調査を行った。航空機の場合、リブレットの耐久性を上げ、通常メンテナンスで運用できることを前提としており、リブレットによる抵抗低減効果が数%でも実質的な省エネルギー化に貢献できることが分かった。リブレットの耐久性に関して、7年程度効果を維持することが求められており、そのためのコーティング技術が現在研究されている。リブレット設置等による重要増加は250kg以内と想定され、そのデメリットは考慮しなくて良い。また、通常運行速度以外におけるリブレットの影響も考える必要は無いことが分かった。次に、国内外の特許を調査した結果、本革新的リブレットを実際に作成・使用する際に障害となる点は無く、また、特殊なリブレット形状により防汚効果を有することも可能であることが分かった。他方、革新的リブレットの断面形状を変更した研究を実施し、耐久性に優れた三角形断面形状に変更しても抵抗低減効果は減少せず、実用化に必要となる技術を明確化した。
英文要約Title: Strategic Innovation Program for Energy Conservation Technologies/Research for the Important technologies of Energy Efficiency Projects/Investigation Research on Energy Saving Technology for High-Speed Transportation Systems by an Innovative Riblet

For the commercialization of an innovative riblet (fine grooves) with about 12% of the world's largest drag-reduction effect, a survey of the riblet maintenance costs was conducted for high-speed transportation systems. For aircraft, it was found that even a few percent drag-reduction effect of the riblets can contribute to a substantial energy saving due to the presupposition that it can operate in the usual maintenance with increasing the durability of the riblets. Regard the durability of the riblets, it is required to maintain drag-reduction effects for 7 years, coating techniques therefore are currently being studied. Weight increase due to riblets installation is assumed within 250kg, and the disadvantage may not be considered. Furthermore, it was found that the influence of riblets in not invloving the normal operating speed may not be considered. Next, it is found through the examination of the patents in Japan and abroad that there are no problems in the actual creation and use of the innovative riblet, and that it can also have an antifouling effect by a special riblet shape. It is found through the research changing the cross-sectional shape of the innovative riblet that the drag-reduction effect can be sustained with the change of a triangular sectional shape having excellent durability, resulting in the clarification of the technologies required for practical use.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る