本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000064
タイトル平成26年度ー平成28年度成果報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト アジアにおける先進的な資源循環システム国際研究開発・実証 工業廃液等の適正処理及び再生・循環利用技術 マレーシアにおける金属廃液・汚泥から有用金属を回収し、汚泥を削減する研究開発・実証事業
公開日2018/6/30
報告書年度2014 - 2016
委託先名株式会社アクアテック
プロジェクト番号P11010
部署名環境部
和文要約平成26年度ー平成28年度報告書 環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト アジアにおける先進的な資源循環システム国際研究開発・実証 工業廃液等の適正処理及び再生・循環利用技術 「マレーシアにおける金属廃液・汚泥から有用金属を回収し、汚泥を削減する研究開発・実証事業」 

本事業は、マレーシアにおいて工業廃液からの有用金属回収技術を実証するため、平成21年度ー平成25年度に実施したNEDO研究開発で得た知見と平成26年度に実施した実証前調査(F/S)の結果に基づき、当社が現地のAccot社の協力を得て実施した。
マレーシア政府は、人口急増と急速な経済発展で社会問題化している環境汚染について改善、防止に積極的に取り組んでおり、日本企業に対して環境マネジメント手法、関連技術の面でマレーシア産業の牽引役となることを期待している。また、複数の日本のハードディスク製造企業がマレーシアに工場を移転、さらに、世界1位と2位のハードディスクメーカーも同国で生産を実施しており、本事業の主な処理対象の無電解ニッケルめっき廃液を大量に排出している。このことから、マレーシアは、本事業の海外展開先として非常に適していると考えられた。
そこで、本実証事業では、シャーアラム市のリオン工業団地内にあるAccot社において、NS法(ガスセンサー制御硫化物法)を用いた廃液・汚泥からの有用金属回収プラントを建設し、実証運転を実施した。プラントは、汚泥溶解、NS反応(ガスセンサー制御硫化反応)・リパルプ洗浄、硫酸ニッケル溶解、晶析・電解、プロセス排水処理の各工程で構成される。
実証運転は、主として無電解ニッケルめっき廃液におけるNS処理(ガスセンサー制御硫化物法処理)・リパルプ洗浄試験、水酸化物スラッジにおける酸溶解試験、溶解液からの金属分離回収試験を実施した。
無電解ニッケルめっき廃液の処理においては、ガスセンサーで硫化水素濃度により反応を制御するのが極めて有効で、硫化物法の欠点である硫化水素ガス発生の危険性、悪臭、コロイド化の問題がNS法で克服されるのが確認できた。NS処理に要した薬剤・電力の費用は計434.8円/kg・NiでFSでの試算値(726.2円/kg・Ni)を下回るよい結果であった。NS処理で得た硫化ニッケルスラッジは、空気酸化工程により硫酸ニッケルに酸化された。電解装置は硫酸ニッケル試薬の5%溶液を用いて試験し、装置が設計通り稼働し電極上に金属ニッケルが析出することを確認した。
水酸化物スラッジに関しては、ニッケル、銅、アルミニウム等を含有する水酸化物スラッジの酸溶解、NS処理を試み、銅はpH2前後でのNS処理により容易に他金属と分離・回収できることを確認したが、以下のような問題点があることが判明した。
1.現状の設備では効率的な酸溶解が難しい。今回のスラッジには異物混入の問題もあり,操作がより困難であった。
2.スラッジ中に存在するアルミニウムがろ過性を著しく悪化させる。
上記1.2.の問題点より、水酸化物法で処理したスラッジを酸溶解してNS法で処理するより、廃水発生工場において処理工程中にNS法を組み込み、金属分離回収と高度処理を行う方が合理的であることがわかった。
今後は、以下のような展開を図る予定である。
1.NS法を中心に当社技術への引き合いが増加しており、それらの事業化の実現を目指す。特に、NS処理設備のハードディスク製造会社への導入、得られる硫化ニッケルスラッジのAccot社での金属ニッケルへの転換を推進する。
2.スラッジ排出先の廃水処理工程へのNS設備導入促進のため、設備のモジュール化、価格の低減を図る。
英文要約Title: International research/development/demonstration projects in the environmental/ medical fields International research/development/demonstration on advanced systems for resources recycling in Asia Technologies for appropriate treatment and recycling of industrial wastes Research, development and demonstration of technology to recover useful metals from metal-containing waste liquid/sludge and to reduce volume of sludge (FY2014-2016) Final Report

This project was conducted to demonstrate technology to recover useful metals from industrial wastes in Malaysia based on the findings from the NEDO research project in FY2008 - FY2013 and the results of the feasibility study (F/S) made in FY2014.
The Malaysian government is actively working on improvement and prevention measure for environment pollution issue caused by rapid growth of population and economy, and expects Japanese companies to lead Malaysian industries in environment managing systems and related technologies. Besides Japanese hard disk (HD) manufacturers moved plants to Malaysia and the world’s No.1 and No.2 HD manufactures perform production there. They discharge a volume of electroless Ni plating waste liquid to be a major processing object for this project. Therefore Malaysia was considered quite suitable as site for future development of this project.
Consequently, facilities to recover useful metals from waste liquid/sludge with NS method (gas sensor-controlled sulfide method) were constructed and demonstration operation was conducted at Accot located in Lion industrial Park, Shah Alam. The facilities are composed of sludge dissolving, NS method reaction/repulping, NiSO4 dissolving, crystallization/electrolysis and effluent treatment units.
In the demonstration operation, NS method treatment and repulp washing were conducted with electroless Ni plating waste liquid, and with hydroxide sludge, acid dissolving and metal recovery from the obtained solution were tested.
In the treatment tests with the waste liquid, it was proved gas sensor control of the reaction by H2S level is highly effective and NS method can overcome risk of H2S generation, bad smell and colloid formation. Total cost for chemicals and electricity for NS treatment was 434.8 yen/kg-Ni, being a good result lower than the F/S estimate (726.2 yen/kg-Ni). NiS sludge obtained by the NS treatment was air oxidized to NiSO4. The electrolysis equipment was tested with 5% solution of NiSO4 to confirm metal Ni to be deposited on electrodes as designed.
For hydroxide sludge, acid dissolving and NS treatment were tested with sludge containing Ni, Cu, Al. It was confirmed Cu can be easily separated from other metals and recovered but the following problems were found.
1. It is difficult to dissolve in acid efficiently with the existing equipment. Foreign matters contained in the tested sludge made it more difficult.
2. Al in the sludge makes filterability terribly bad.
From the above problems 1 and 2, it seems more rational to apply NS treatment to waste liquid on site at the sludge discharging plant than to dissolve hydroxide sludge in acid and give NS treatment.
We have the following action plan.
1. To pursue commercialization of increasing business inquiries for NS technology. Especially to introduce NS facility to HD manufacturers and convert NiS to Ni at Accot.
2. To develop modularized NS facility to lower the cost to introduce NS method to waste water treatment system in the sludge discharging plant.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る