本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000116
タイトル平成28年度ー平成29年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCMプロジェクト実現可能性調査 フィリピン等における小型地熱発電プロジェクト案件調査
公開日2018/6/2
報告書年度2016 - 2017
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名新エネルギー部
和文要約本調査は、世界第4位、第2位の地熱発電導入ポテンシャルを保有するフィリピンおよびインドネシアにおいて、既設地熱発電所または地熱発電の新規開発過程での未利用の地熱の有効利用を可能とする小型地熱発電設備による地熱発電事業の事業計画・普及方針を検討することを目的とする。また、本格普及に向けて、当該事業に適合した二国間クレジット制度に基づくMRV方法論案作成、GHG削減ポテンシャル推計や政策提言案の作成を行うものである。
フィリピンおよびインドネシアそれぞれにおいて、小型地熱発電事業に適した未利用地熱井(サイト)の実態を、フィリピン・エネルギー省、フィリピンの主要地熱発電開発事業者、インドネシア・エネルギー鉱物資源省、インドネシアの主要地熱発電開発事業者へのヒアリングや関連文献調査に基づき収集・整理した。その結果フィリピンでの未利用地熱井は既設地熱発電所において合計約300本、地熱発電所が設置されていない新規の地熱サイトで約80本あることが確認された。またフィリピンの地熱発電開発事業者から有望井戸に関する情報を入手した。一方インドネシアにおいては数箇所の未利用地熱井があることが確認されたがフィリピンと比較して件数は少なかった。
そこでフィリピンの未利用地熱井の中から発電容量7MWクラスを代表的なケースとして選定し設備レイアウト案の検討などの概念設計を行うとともに、3MW、5MW、7MWの地熱発電設備の初期コスト等の積算を行った。
加えて、小型地熱発電設備をJCM事業として推進するため、フィリピンの小型地熱発電を対象としたMRV方法論案を他国の地熱発電事業向けJCM-MRV方法論案やCDMでの承認済み地熱発電事業向け方法論を参照し作成した。また、作成したMRV方法論案について国内審査機関による審査を実施した。
概念設計を実施した発電容量7MWのケースを対象に作成したMRV方法論案を用いて排出削減見込量の計算を行ったところ7MWクラスの発電設備1台あたり20年間で約47万6千t-CO2の削減効果があるとの結果になった。
さらに、3MW、5MW、7MWの発電容量別に標準ケースを設定し、目標収益率10%と15%を達成する電力価格および設備費用をそれぞれ推計することにより、小型地熱発電に利用可能な井戸への対象技術の普及可能性と普及方針を分析した。その結果フィリピンにおいては、7MWクラス以上、および5MWクラスの場合は目標収益が10%程度のケース(投資家)であれば自立的な普及が期待できるとの結果になった。一方3MWクラス以下はなんらかの支援制度がなければ普及は期待できないとの結果になっている。
波及効果については、フィリピンで得られた未利用地熱井の情報に基づき、本邦地熱発電技術保有企業への経済的波及効果と、それらが普及した場合の温室効果ガス削減効果を推計した。結果として確認できた利用可能性のある未利用地熱井全てに小型発電設備が普及した場合に、経済的波及効果は約420.0億円、温室効果ガス削減効果は年間約37.2万t-CO2となった。
英文要約The Philippines and Indonesia hold the world’s 4th and 2nd greatest potential for installing geothermal power generation respectively. This survey was conducted to examine business plans and promotion policies for geothermal power generation businesses using small-scale geothermal power production facilities that enable effective utilization of unutilized geothermal heat in either existing plants or in new development projects in both countries. This survey also served to prepare a draft MRV methodology based on the Joint Crediting Mechanism adapted to such businesses, and GHG reduction potential estimates and draft policy recommendations.
To collect information on unutilized geothermal wells or project sites suitable for the small-scale geothermal projects, we interviewed Department of Energy in Philippine, Ministry of Energy, Ministry of Energy and Mineral, Resource in Indonesia, and major geothermal power companies in both countries. As a result, we confirmed about 300 unutilized wells in the existed geothermal power generation sites and about 80 unutilized wells in new geothermal sites that have no power generation facilities yet in the Philippines. In addition, a geothermal power producer in the country provided us with information about the prospective wells. As for Indonesia, the confirmed unutilized wells were fewer than those of the Philippines.
Then, we selected a 7 MW-class well as the representative case in the Philippines, developed conceptual design including facility layout and estimated the initial costs for each 3 MW, 5 MW, and 7 MW geothermal power plant.
To promote the small-scale geothermal businesses under the JCM scheme in the Philippines, we prepared a draft MRV methodology based on the JCM-MRV methodology examples for other countries and the approved CDM methodologies. The prepared draft MRV methodology was reviewed by a certification authority in Japan.
We estimated the GHG emission reductions of the 7MW case that applied the conceptual design based on the MRV methodology, resulting approximately 476 [kt-CO2] reductions during the operation period (20 years).
We set standard cases for each 3 MW-, 5 MW-, and 7 MW-class facility to analyse the spread possibility and methodology by estimating the electricity prices and equipment costs at the target return rates of 10% and 15% for each facility. The result shows that, in the Philippines, the sites with installed capacity of 7 MW or 5 MW or higher could spread without incentives if the target return rates is set to around 10%, but 3MW sites need incentives.
We also estimated the economic ripple effects for Japanese geothermal technology companies and the GHG emission reductions based on the information about unutilized wells obtained in the Philippines. As a result the estimated economic ripple effect is approximately \420 billion and the estimated GHG emission reductions is approximately 372 [kt-CO2] if all the confiemed unutilized wells are used in small-scale geothermal power generation businesses.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る