本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000144
タイトル平成29年度成果報告書 戦略的省エネルギー技術革新プログラム/省エネルギー技術開発事業の重要技術に係る周辺技術・関連技術の検討/電灯契約における低圧変圧器負荷損の力率改善効果の可能性調査
公開日2018/6/26
報告書年度2017 - 2017
委託先名トランスブート株式会社
プロジェクト番号P12004
部署名省エネルギー部
和文要約 電灯契約(いわゆる一般家庭向けの電気契約)における電気料金は、総括原価方式による算定されているため、電力会社、消費者の双方にとって力率改善による金銭的メリットは存在しなかった。しかし、電力自由化が目標とする自由競争市場においては総括原価方式が撤廃された場合に力率悪化分は電力会社(発電所)の損失となってしまう。
 そこで本事業では、電灯契約向けの力率調整機能を有した装置を用いて家庭内の力率改善効果の検証を行うとともに、家庭向け力率調整器に要求されるコンデンサ容量の検討、コンデンサ切り替えに使用されるリレーについて消費電力の削減、コストの低減にむけた圧電素子油圧機構の検討、電流センサに用いる素材コストに関しての調査、検討を実施した。
 またこれと同時に、これまであまり検討されていなかった力率改善による経済効果についての算定を行った。
 調査の結果、家庭内の力率は負荷の状況や接続されている機器によって異なるが、全体的な傾向として進み側に力率となる傾向が強いことがわかった。力率調整器による力率改善に関しても一定の効果があることが確認された。一方で、当初の想定よりも家庭内の力率が進み側になっていることから、その効果量は限定的であると考えられる。ただし、本調査の範囲(件数、時期)はあくまで限定的であり、今後より広い範囲での調査が必要である。
 圧電素子油圧機構については今回の調査において、その有用性、実現性を確認することが出来た。
 力率改善による経済効果については、一定の効果が認められる結果となった。特に従来手法と異なり力率調整器による省エネは、生活者が積極的な努力を行うことなく実現が可能な手法であるという点で極めて優れている。また温室効果ガス排出削減ポテンシャルとしても、年間排出量を100万トン程度削減するポテンシャルを有していると考えられる。経済性についてもマクロに見た場合、初期導入費用を数千円程度に抑えることができれば一定の経済合理性を担保することができる。しかしながら、導入1件あたりの収益性は、その世帯が従来支払っていた電気料金を最大で年額500円程度節約する効果にとどまる。この金額は支払う電気代に比べて極めて小さい。このことから、今後の課題としては、力率調整器を導入、設置を生活者自らが促進させるためのビジネスモデルについての検討が今後必要である。
英文要約 General household electricity charges are calculated by the fully distributed cost method. Therefore, there was no monetary merit by power factor improvement for both power companies and consumers. In the free competitive market targeted for electricity liberalization, if the fully distributed cost method is abolished, the deterioration of the power factor will be a loss of the power company (power plant).
In this project, we conducted a survey on domestic power factor improvement effect using power factor adjuster for ordinary households, investigation of capacitor capacity required for power factor adjuster for ordinary household, investigation of piezoelectric element hydraulic mechanism for reduction of power consumption and cost reduction, survey on material cost used for current trance sensor, and we calculated the economic effect by improving the power factor, which was not considered much so far.
Result of investigation, the power factor in the home varies depending on the load situation and connected equipment, as a general trend, it turned out that there is a strong tendency to become the leading power factor. And it was confirmed that there is a certain effect on the power factor improvement by the power factor adjuster. On the other hand, the power factor in the home is the leading power factor, its effect quantity is considered to be limited. However, the scope of this survey is limited only. So it is necessary to investigate in a wide range in the future.
 Regarding the piezoelectric element hydraulic mechanism, we were able to confirm the usefulness and feasibility.
 Regarding the economic effect of power factor improvement, a certain effect was recognized. Especially, unlike conventional methods, energy saving by the power factor adjuster is superior in that consumers can realize it without making aggressive efforts. Also, as a potential for reducing greenhouse gas emissions, it is considered that it has a potential to reduce annual emissions by about 1 million tons.
Regarding macroeconomic aspects as well, it is possible to ensure a certain economic rationality if the initial introduction cost can be kept to about several thousand yen. However, the profitability per introduction is only the effect of saving about 500 yen in maximum annually for the electricity charge that the household paid for it. This amount is extremely small compared to the electricity bill to be paid. From this, as a future task, it is necessary to consider the business model to introduce the power factor adjuster and to promote the installation itself by themselves.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る