本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000270
タイトル平成29年度成果報告書 二国間クレジット制度(JCM)に係る地球温暖化対策技術の普及等推進事業(戦略的案件組成調査) 既存水力発電ダムにおける浮上式太陽光発電事業に関する調査
公開日2018/6/2
報告書年度2017 - 2017
委託先名株式会社グリーン・パシフィック 前田建設工業株式会社 キョーラク株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名国際部
和文要約 本調査では、ベトナム南部において既存のダム湖に浮上式大型太陽光発電設備を導入する事業の検討を行った。わが国の高度な土木技術と機器製造技術を統合して技術的課題、制度的課題への対応策を検討し、ベトナムにおける再生可能エネルギー資源確保と経済発展に資する事業の実現化と普及を図ることを目的とした。
 浮上式太陽光発電システムは、太陽光パネルと浮上式架台(フロート)等から構成される。本調査で検討する技術的課題のうち、特にフロートの係留技術が最も重要であった。一般的な浮上式太陽光発電は、多くが浅いため池に設置されるが、本調査の対象であるダム湖は水深が数10mー100m以上に及ぶ場合がある。本調査で最適な係留方式を検討した結果、ダム水深が中程度から深い湖では、水中シンカー方式または陸上アンカー方式とシンカー方式の組合せによる対応が妥当であることが確認できた。水深が深く急激・大幅な水位変動があるダム湖では、安定性の確保が困難な可能性が高いことも確認された。
 強風で生じる波浪の影響も検討した。最も実現可能性の高い湖を対象とした予測の結果、有義波高は1.0mであり、本調査で検討したキョーラク社製のフロートを用いた場合、波浪による影響は軽微であると評価された。フロートで湖面を被覆することによる水生生物への影響についても検討したが、本調査の対象水域での影響は軽微と評価された。
 太陽光発電事業に関するベトナムのFIT制度に関する最大の課題は、太陽光発電事業における電力購入者であるEVNの支払義務履行に関する「政府保証」が供与されないことである。対応策としては、政府保証が得られない可能性が高い当面の間、JBICやADB等の外国・国際金融機関がベトナムの地場銀行を通して融資を行うツーステップローンを活用することが想定される。また2019年7月以降のFITスキームでは、政府保証が供与されるよう国際的金融機関と共同でベトナム政府側に継続して働きかけることを、日本企業から日本政府に要請していくことが望ましい。
 外貨兌換保証がないことも課題と想定されたが、現地ヒアリング結果からは、特に大きな課題としてとらえられていないことが確認された。環境影響評価(EIA)に関しては、本調査が想定する10ー20MWの浮上式太陽光発電事業の場合、EIAではなく環境保護計画(EPP)を策定すべきことが確認された。文化・自然保護区等に位置する湖の水面を利用する事業の場合は、EIAの対象となる可能性があること、省独自の規定を策定している地域もあること等を踏まえ、事業実施の際には、具体的な事業対象地についての更なる精査が必要となる。
 土地の所有や利用に関する法制度の関連では、事業実施場所となるダム湖を有する水力発電所の発電事業者が、どのような管理・利用形態であるかにより、当該事業の実施者とどのような契約を取り交わすかが異なる。また、ダムの安全管理や水資源法の準拠、当該事業対象地の自治体や発電事業者による承認が必要な場合もあることも確認された。
 以上の課題と対応策を踏まえ、事業の実現化・普及に向けた課題等の検討を行った。収益性の高い事業の実現化には、多様な手段でコストダウンを図ると共に、気候変動対策の補助金等を活用する必要があることが確認された。また当該事業によるCO2削減量は、JCM方法論の排出係数を適用した場合、5,207 t-CO2/年と試算された。
英文要約This feasibility study (FS) surveyed projects introducing floating photovoltaic (PV) generation systems on existing dam reservoirs in southern Vietnam. It aims to integrate high quality technologies of civil engineering and manufacturing and investigate method to solve technological and institutional issues for the realization and dissemination of projects which contributes the renewable energy development and economic development in Vietnam.
Most important technical issues in this FS is the anchorage of floats. Generally floating PV systems are set on shallow reservoirs but the dams surveyed in this FS have deep water levels, from a few dozen to more than 100 m. As a result of this FS, sinker type of underwater anchorage or the combination of onshore anchorage and underwater sinker will be reasonable for the reservoir with middle to deep water depth. To understand the impact by wave, the most probable maximum wave height was calculated at a possible dam lake as 1m, and it was confirmed that by using the float of Kyoraku, the wave impact is minimal at this wave height. The impact to aquatic organism by covering lake surface with float was also surveyed and assessed as minimal.
The most critical issue of FIT scheme in Vietnam for PV projects is the lack of governmental guarantee (GG) to the tariff payment obligation of EVN as the purchaser of electricity. Current possible countermeasures will be the utilization of Two Step Loan by foreign/international financial organizations (JBIC, ADB etc.) through local banks in Vietnam. It would be desirable for Japanese companies to request Japanese government to work on Vietnam government for the GG on PV projects under the FIT scheme after July 2019, in cooperation with international financial agencies.
Based on the interviews, the lack of GG to currency conversion is not considered as a critical issue. For the environmental impact assessment (EIA), the floating PV projects of this FS should submit environment protection plan (EPP) instead of EIA. Detailed study is necessary for the identified project site.
For the land and water surface management/use right, it is necessary to confirm whether the electricity generation company of the hydropower plant is designated as the land manager or leased the site by the competent authority.
Based on the above results, issues for the realization and dissemination of the project was considered. It was confirmed that cost reduction by many measures as well as application for subsidies for climate change countermeasures including JCM will be necessary for the realization of profitable projects. The amount of CO2 emission reduction was estimated as 5,207 t-CO2/year using the emission factor of JCM methodology.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る