本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000323
タイトル平成29年度成果報告書 アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業/金属リサイクルに係る中間処理コストに関する検討
公開日2018/6/28
報告書年度2017 - 2017
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P16005
部署名環境部
和文要約件名:平成29年度成果報告書 「アジア省エネルギー型資源循環制度導入実証事業/金属リサイクルに係る中間処理コストに関する検討」

使用済製品のリサイクルでは、経済採算性等の理由により、リサイクルされている金属は限定的である。本調査では、我が国のリサイクルコスト削減及びASEANをはじめとするアジア地域で排出される廃製品を含めた資源循環性向上を目的に、使用済み製品中の多様な金属のリサイクルコストに着目し、以下の検討を行った。

(1)製品毎の中間処理コスト調査
製品から回収する戦略レアメタルに関する我が国のリサイクル情報に関する実態調査として、3製品(携帯電話、スマートフォン、デジタルカメラ)を対象に、a)使用済製品の排出状況、b)使用済製品の収集・運搬状況、c)中間処理の実施状況、d)再資源化、最終処分の状況、e)工程内リサイクルの実施状況等に関する情報を収集・整理した。また、コスト分析のベースケースとなるコスト分析フレームワーク構築を視野に、これらのリサイクルにかかる一連のフローの経済性・事業性の評価及び分析を行った。

(2)リサイクルの採算性向上に向けた今後の中間処理工程等のコスト分析
リサイクルの採算性向上にむけた今後の中間処理工程等のコスト分析として、「高効率な資源循環システムを構築するためのリサイクル技術の研究開発事業」で開発中の技術を取りあげ、(1)で調査した調査対象品目毎の中間処理プロセスと比較対照しながらコスト分析を行った。また、分析結果に基づく課題整理を行った。
英文要約Title: Demonstration Project for Introducing an Energy-Saving Resource Circulation System in Asia. / Study on the Cost of Intermediary Treatment Process for Metal Recycling (FY2017) Final Report

Due to profitability and other reasons, recycling metals which are contained in end of life products is limited. Therefore, in this investigation, with the aim of reducing recycling costs in Japan and improving resource circulation including waste products generated in Asian regions such as ASEAN, the following studies were conducted focusing on the recycling costs of various metals contained in end of life products.

1. Investigation on the Cost of Intermediary Treatment Process per Product
As an investigation of the actual situation on recycling information in Japan regarding strategic rare metals which are recovered from products, three products (mobile phones, smartphones, digital cameras) are targeted for gathering and compiling information including the following aspects: a) situation of end of life products generated, b) situation of end of life products collected and transported, c) implementation status of intermediary treatment, d) situation of recycling and final disposal, e) implementation of in-process recycling. Also, evaluation and analysis was conducted on economic and business feasibility of a series of flows of the recycling in view of building a cost analysis framework, which will be used as a base case for the cost analysis.

2. Cost Analysis of Future Intermediary Treatment Process etc. to Improve Profitability of Recycling
As a cost analysis of future intermediary treatment process etc. to improve profitability of recycling, by selecting some of the developing technologies in the “Research and Development Project of recycling technology for creating a highly efficient resource recycling system”, cost analysis was conducted for these technologies by comparing the intermediary treatment process of each product targeted in the investigation 1. Also, identification and analysis of the issues to be solved was performed based on the result of the analysis.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る