本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000379
タイトル平成29年度成果報告書 NEDOプロジェクトから実用化した製品やプロセスに係る効果便益の可視化・俯瞰に関する検討
公開日2018/6/2
報告書年度2017 - 2017
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号Q05007
部署名評価部
和文要約国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、平成16年度からNEDOプロジェクト終了後における開発成果の活用状況、売上げ及びマネジメント等に関して追跡調査を実施している。しかしながら、追跡調査はプロジェクト終了後、約5年間にわたる開発成果の動向把握であるため、プロジェクト終了後6年以上経過した後に製品やプロセスとなり広く社会に活用されている開発成果の状況については、十分に把握できていなかった。そのため、NEDOでは平成21年度から、NEDOプロジェクトから生み出された開発成果がコア技術として活用された製品・プロセス等を「NEDOインサイド製品」と定義して、該当製品の抽出並びに抽出されたNEDOインサイド製品に対する上市以降の売上実績、将来の売上予測、社会的便益(CO2排出量削減効果、一次エネルギー削減効果等)及び波及効果等の試算を行ってきた。
本調査は、昨年度までの調査により把握した「NEDOインサイド製品2017(115製品)」に関する投資額、売上実績、将来の売上予測、社会的便益及び波及効果等に関する試算について、現在の情勢を反映した再試算を行うとともに、NEDOプロジェクトの開発成果が社会にもたらす効果・便益の可視化及び体系化を行うことを目的として実施した。
具体的には、NEDOインサイド製品に係る市場動向や事業者の販売状況等にかかる最新情報を調査した上で、実態を踏まえた売上実績の精緻化、将来売り上げ予測ロジックの再検討、一次エネルギー削減効果の推計方法見直し等を行った。また、その過程において、今後各製品の推計見直しを効率的に行うためのデータシートを作成した。
加えて、今年度はNEDOインサイド製品の効果に関する表現方法を検討した。例えば、NEDOインサイド製品の評価は、経済効果、環境・省エネルギー効果(CO2排出量削減効果、一次エネルギー削減効果)の2つの軸にて開示されてきた。しかし、NEDOインサイド製品は、定量化可能な2効果のみならず、市場創出や国際競争力の向上等の幅広い役割を果たしている。そこで、NEDOプロジェクトの開発成果が社会にもたらす幅広い効果を可視化するために、評価すべき効用の検討、評価方法を検討するための指標の検討を行った。
このほか、NEDOインサイド製品について、NEDOプロジェクト実施時期(特殊法人、独立行政法人、国立研究開発法人、各中期計画期間など)が及ぼした影響を検証した。加えて、これまでのNEDOインサイド製品においてはNEDOによる開発寄与度(寄与率)を100%と設定しているが、実態を踏まえたNEDOによる寄与率や貢献度の考え方を改めて検討した。
これは、今後、さらに精緻な分析を行うことによって、NEDOの中長期計画策定やプロジェクトマネジメントの高度化につながることを念頭においたものである。
英文要約New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has conducted follow-up study of its projects with regard to utilizing the results (i.e. technologies and products), sales performance and management since FY 2004. They are conducted only five years after the closure of each project in order to grasp trends of the results during the period. Therefore, after the follow-up study, the outcomes beyond the scope had not been able to grasp sufficiently. In order to solve this problem, NEDO defined technologies and products in which the core technology was developed in a NEDO project as “NEDO-inside Products” and has studied them from FY 2009. In the past studies, NEDO-inside Products were identified and their fundamental data (past sales figures, sales forecast, social benefits such as CO2 emission reduction effects and ripple effects) were examined.
In this Project, the fundamental data of the NEDO-inside Products selected by the end of FY 2017 (115 products) were reevaluated based on the current conditions. Specifically, various conditions related to the NEDO-inside Products were surveyed and based on the latest information obtained from the research, creating more detailed investments, sales figures, reconsideration of forecasting methods, revision of approach for estimating energy efficiency were carried out. In additon, this project aimed to visualize and systematize the benefits and impacts on society as results of NEDO projects. The consolidation of the 115 NEDO-inside Products was also carried out depending on their sales performance. In this process, data sheets were created in order to make a review process for the NEDO-inside Products effectively.
In addition, new way of expression of the effect of NEDO-inside Products were considered. For example, evaluation of NEDO-inside Products has been disclosed using two axes such as economic effect and environmental / energy saving effect (CO2 emission reduction effect or primary energy reduction effect) with three indicators. However, NEDO-inside Products play a broad role not only in those quantifiable effects but also as pioneer of market creation or booster of international competitiveness. Therefore, in order to visualize the broad benefits and impacts on society as a result of NEDO projects, utilities to be evaluated and indicators for evaluation were reconsidered.
Furthermore, the impact on NEDO-inside Products depending on the NEDO project implementation period (Special Corporation, Independent Administrative Agency, National Research and Development Corporation, medium term plan period etc) were studied. This study should be kept in mind that further elaborate analysis will lead to more developed formulation of NEDO's medium- and long-term plan and sophistication of project management.
Finally, NEDO’s contribution rate to development of NEDO-inside Products has been set at 100%. The concept of contribution rate and contribution degree by NEDO were examined based on actual situation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る