本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000442
タイトル平成29年度成果報告書 日系企業のモノとサービス・ソフトウェアの国際競争ポジションに関する情報収集 情報収集項目(2)「サービス・ソフトウェアを中心とした情報収集と評価、及びサービス・ソフトウェアとモノとの関連においた分析」
公開日2018/6/30
報告書年度2017 - 2017
委託先名株式会社富士キメラ総研
プロジェクト番号P09018
部署名技術戦略研究センター
和文要約新産業創出や産業競争力強化に結びつく研究開発プロジェクトを継続的に推進していくための情報収集の一環として、いくつかのサービス・ソフトウェアについて、世界市場での日系企業の国際競争ポジションの分析を行った。さらにモノとサービス・ソフトウェアの市場関連性についてもその特徴と動向を明らかにするとともに、モノとサービス・ソフトウェアの両面から世界市場規模と日系企業、及び企業国籍区分別の売上実績を調査することによって、日系企業の総合的な国際競争ポジションの分析を行った。
本情報収集の結果は、以下に示すようにデータ収集のための調査、収集データの評価、モノとの関連においた分析で構成される。
1.データ収集のための調査
・過去の調査結果「平成28年度日系企業のモノとサービス・ソフトウェアの国際競争ポジションに関する情報収集情報収集項目(2)『サービス・ソフトウェアを中心とした情報収集と評価、及びサービスとソフトウェアとモノとの関連においた分析』」を参考に、特に「IT・デジタルサービス」と「モノに付随するサービス」に注力するとともに、この調査報告書に記載のない新たなサービス・ソフトウェアであっても注目に値するサービス・ソフトウェアは調査に付加した。
・2016年の世界市場における日系企業のポジションを可能な範囲内で定量的な数値を収集し、可能なものについては過去5ヵ年(2012年ー2016年)の実績を調査した。
2.収集データの評価
(1)製品別データシートの作成
・個別企業を日系企業と外資系企業に区分し、代表的なサービス・ソフトウェアのそれぞれについて、企業国籍区分別の市場規模、及び市場占有率の年推移を個別データシートとして作成
(2)日系企業のサービス・ソフトウェアの国際競争ポジション推移の評価
・調査を行ったサービス・ソフトウェアについて、可能なものは企業国籍区分別毎に、世界市場規模と市場占有率、及び売上額の年推移をバブルチャート化
(3)特徴の抽出
・調査を行ったサービス・ソフトウェアについて、市場の特徴を記述できて、かつ日系企業のポジションを継続的に捉えられる有効な指標を検討・考察し、日系企業と外国資本企業の動向を考察
3.モノとの関連においた分析
・モノと関連づけられるサービス・ソフトウェアの場合は、その市場の関連において特徴・動向を有効な指標を用いて分析して考察
英文要約As a part of information gathering in order to continuously promote R&D projects to connect with new industry creation and empowering industrial competency, it analyzedthe worldwide competitive position of Japanesecompanies in global market. By clarifying the properties and trend of market relation with things and service and software, it analyzed the general international competitive position of Japanese companies based on the survey of market size and sales revenue by Japanese companies and the nationalities of companies from both aspects of things and service/software.
The result of this information gathering is comprised of the following survey for data collection, assessment of collected data, andanalysis of relation to things.
1.Survey for data collection
・As referring Information gathering item (2); Information gathering and assessment of focusedon service and software and analysis ofservice and software related to things of pastsurvey accomplishment:2016 Information gathering related to global competition position of Japanese enterprises' things and service/softwareand focusing especiallyon IT/digital service and Services relevant to things as well, it added such service/software that is not mentionedeven in this survey report and must be focused on.
・By gathering quantitativenumbers as much range as possible of Japanese companies’position in 2016 worldwide market, it surveyed the accomplishment of past 5 years (2012-2016) if possible.
2.Assessment of collected data
(1) Creation of data sheetby products
・By classifying individual companies into Japanese one and foreign company, it created the individual data sheet of annual change of market scale and market share ratio by Company’s nationalitiesas for typical services/software.
(2) Assessment of global competitiveposition change of service/softwarein Japanese companies
・Made bubble chart of the globalmarket scale, market shares, and sales revenue if possible by company’s nationalities as for service/software surveyed. .
(3) Extracting properties
・By consideringand checking the effective index enabling to describe market properties and to continuously capture Japanese company’s position as for service/software surveyed, it considered the trendof Japanese companies and foreign capital companies.
3. Analysis of relation to things
・In case of service/software enabling to relatewiththings, it considered the properties and trend in its market relation by analyzing the effective index.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る