本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000277
タイトル平成29年度成果報告書 再生可能エネルギー熱利用技術開発 再生可能エネルギー熱利用システムの普及に向けた技術開発に関する調査
公開日2018/10/20
報告書年度2017 - 2017
委託先名三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
プロジェクト番号P14017
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成29年度成果報告書 再生可能エネルギー熱利用技術開発/再生可能エネルギー熱利用システムの普及に向けた技術開発に関する調査

NEDOでは、再生可能エネルギー熱(以下、再エネ熱という。)の普及に向け、導入コスト及び運用コストを削減するために「再生可能エネルギー熱利用技術開発(事業期間:平成26年度~平成30年度)」に取り組んでいるが、さらなる再エネ熱の普及拡大を図るためには、コストダウンに向けた技術開発を継続するとともに、再エネ熱利用技術の優位性、参入市場を明確にする必要がある。
本調査では、再エネ熱利用技術の優位性を明確にし、設計段階から運用段階に至るまでにおいて、再エネ熱利用システム導入の障壁となっている課題及びその解決策となり得る技術開発を抽出し、再生可能エネルギー熱の普及拡大に向けた技術開発シナリオを作成することを目的とした。
具体的には、以下について調査・検討を行った。

1.再生可能エネルギー熱利用技術の概要
再エネ熱利用システム・関連技術の概要・特徴をまとめた。特に、熱エネルギーの特徴である温度や熱需要とのマッチングについて特徴を整理した。

2.再生可能エネルギー熱利用技術をとりまく国内外の市場動向
再エネ熱利用システムの参入領域を検討するために、我が国における再エネ熱利用システムの導入可能量、導入実績、コストや、熱需要、競合市場の調査を実施した。また、日本と海外での事業環境の違いを比較するため、海外の再エネ熱利用システムに関する政策状況、導入実績を調査した。さらに、今後の技術開発の方向性を検討するために現状の技術開発動向を調査した。

3.再生可能エネルギー熱利用システムの普及に向けた技術開発シナリオの作成
前項までの調査結果から、今後取り組むべき再エネ熱として、地中熱、太陽熱、下水熱を選定し、それらについて、国内に導入加速・普及のための障壁となっている課題を多様な観点から抽出し、それらを解決し得る技術開発テーマを抽出した。さらに、技術開発の目標設定や、解決すべき課題や取り組むべきテーマの優先順位付けを行い、技術開発シナリオをとりまとめた。
英文要約Title:Renewable Energy Heat Direct Utilization Technology / Research on Technology Development for dissemination of Renewable Energy Heat Direct Utilization Systems (FY2017) Final Report

NEDO has been working on the project “Renewable Energy Heat Direct Utilization Technology (FY2014 - FY2018)” to reduce capital expenditures and operating expenditures for renewable heating dissemination. For further renewable heating dissemination, in addition to the continuation of cost reduction, the identification of competitive advantages and target areas is necessary.
The purpose of this research is to clarify competitive advantages of renewable heating technologies, to identify issues for renewable heating dissemination and technology developments to solve the issues in all phases from design to operation and to build technology development scenarios for renewable heating dissemination.
Specifically, the following items were surveyed.

Chapter 1. Introduction of renewable heating technologies
Basic information and characteristics of renewable heating systems and technologies were summarized. In particular, supply temperatures and suitable demands were surveyed as characteristics of heating energy.

Chapter 2. Domestic and international market trends of renewable heating technologies
Market potential, installation status and cost structure of renewable heating systems, heating demand and competitive products in Japan were surveyed to clarify target areas of renewable heating technologies. In addition, policy and installation status in foreign countries were surveyed to compare the differences in the market environment between Japan and foreign countries. Furthermore, technology development trends were surveyed to consider the future direction of technology development.

Chapter 3. Technology development scenario building for renewable heating dissemination
Based on the result of the preceding chapters, ground source heating, solar heating and sewage heating were selected as promising renewable heating technologies. Regarding the three technologies, issues and solutions for dissemination were identified from various viewpoints. Furthermore, technology development scenarios with goals and priorities were built.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る