本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000771
タイトル平成29年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業 IoTの社会実装推進に向けて解決すべき新規課題に関する検討 IoT活用による高齢者等の健康管理と認知症等の予防・改善につながるサービス創出に係る調査
公開日2018/12/4
報告書年度2017 - 2017
委託先名学校法人日本大学工学部
プロジェクト番号P17003
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成29年度成果報告書 IoT を活用した新産業モデル創出基盤整備事業 IoT の社会実装推進に向けて解決すべき新規課題に関する検討 IoT 活用による高齢者等の健康管理と認知症等の予防・改善につながるサービス創出に係る調査

IoT 活用による高齢者等の健康管理と認知症等の予防・改善につながるサービス創出に係る調査として、IoT 健康管理ユースケース調査とIoT 活用による高齢者等の健康管理に係る実証研究、高齢者等の健康管理に資するIoT サービスの創出・社会実装に係る調査を実施した。ユースケース調査は、脳科学研究や疾病予防・健康管理IoT機器・非薬物療法サービス等で実績のある有識者で構成する検討会等を行った。その結果、対象となる疾病として認知症予防(副次的に生活習慣病予防、介護予防)を設定し、フィットネス施設、スポーツジムにて健康・未病・軽度状態の中高齢者がスポーツジム従事者の支援を受けて、脳機能測定と生体情報をネットワーク経由で収集し、過去データとの比較や、データ抽出・分析・解析、人工知能(AI)による本人に適した運動メニューなど非薬物療法の考案と活用を通じて、本人に対しては健康維持の動機付けや活力のある生活向上、地域社会に対しては疾病予防・重症化予防病気による医療・介護費負担の低減効果を仮説として定めた。
IoT 活用による高齢者等の健康管理に係る実証研究では前出の仮説の妥当性を検証するため、中高齢者用スポーツジム会員(さくら会員39例)を対象に実証研究を行った。脳機能測定と生体情報を計測するIoT-POCT測定システムを用いたデータを収集し、統計解析による分析を行い検証した。その結果、IoT-POCT測定システムにより医療施設外でも一般の中高齢者が自主的に健康管理ができる可能性が示された。また、スポーツジムの会員は健康状態が優れており、FS実証実験中(2017年11月―2018年3月)に認知機能や生理機能の異常は認められていなかった。
高齢者等の健康管理に資するIoT サービスの創出・社会実装に係る調査では、早期発見・予防のためには家庭が起点となり日々のヘルスケアデータが必要、エビデンスに基づくサービスマッチングには地域型IoTと在宅型IoTを同じ対象者にすることによるデータ収集の精度向上、相関性の解明では手軽な指標の掲示と従来手法との相関関係の確立、効果予測では健康状態のモニタリング活動から疾病のリスクを予測、新たなIoT機器開発では小売店等へのIoT機器設置拡大に向けた商業施設になじむデザインや一般市民が使いやすい機器類の配置が必要、新サービス開発では多様な業種でチャンスがあることが示された。社会実装のためには無関心層に対する動機づけとして「美」「食」「楽」「生きがい」のリターンが必要であり、動機付けを支援するコンシェルジュ育成が必要である。迅速な普及のためにはIoTデバイスや非薬物療法サービス単体の提供では非効率でありクロスセル(相互販売)が有効であるが、働き方改革のひとつである副業奨励とセットで推進すべきである。グローバル展開には、個人情報保護などの規制や国民感情とIoTの基礎となるITインフラ技術の発展状況を考慮することで、日本だけではなく世界の超高齢社会を救うIoT健康社会が実現する。
英文要約Title:New Industrial Model Creation Infrastructure Utilizing IoT (Major Items) Study on New Issues to be Solved to Promote Social Implementation of IoT (Medium Item) Health Management of Elderly People by Using IoT Survey on creation of services leading to prevention and improvement of dementia etc. (small items)

As a survey on the health management of elderly people by utilizing IoT and the creation of services leading to the prevention and improvement of dementia etc. IoT healthcare use case studies and empirical research on health management of elderly people by utilizing IoT, In the use case survey, we conducted expert opinion examination societies that have been proven in brain science research, illness prevention / health management IoT equipment, non-medical therapy services, etc. As a result, we set dementia prevention (secondary prevention of lifestyle diseases, care prevention) as target diseases, middle-aged people with health, pre-illness and mild condition at fitness facility, sports gym engaged in sports gym.
In an empirical study on health management of elderly people by utilizing IoT, we conducted an empirical study on members of the sports gym for middle and elderly (39 cases) in order to verify the validity of the above hypothesis. Data using brain function measurement and IoT - POCT measurement system to measure biological information were collected and analyzed by AI and verified. As a result, the IoT - POCT measurement system showed the possibility that general middle - aged people could voluntarily manage their health even outside medical facilities. In addition, members of the sports gym were excellent in health condition, and no abnormality of cognitive function or physiological function was recognized during FS demonstration experiment (November 2018, March 1888).Creation of IoT service that contributes to health management of the elderly ・ In the survey on social implementation, homes are the starting point and daily health care data is necessary for early detection and prevention, and service matching based on evidence requires regional IoT In order to elucidate the correlation with the improvement of the accuracy of data collection by making the same subject as the home type IoT, establishment of the correlation between posting simple indicators and the conventional method, effect prediction from health status monitoring activity to disease risk In the development of new IoT devices, it is necessary to arrange designs that are familiar with commercial facilities and the use of devices that are easy to use for the general public to expand the installation of IoT equipment to retail stores, etc. There is opportunity for various industries in new service development. For social implementation, it is necessary to return "beauty", "food", "easy" and "survival" as a motivation for indifferent people, and it is necessary to train a concierge to support motivation. Considering the regulations such as protection of personal information and the development situation of IT infrastructure technology which becomes the basis of IoT in the global deployment, IoT health society which saves the super aged society of the world as well as Japan is realized.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る