成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000639
タイトル平成28年度―平成29年度成果報告書 水素社会構築技術開発事業 水素エネルギーシステム技術開発 系統を利用した再生可能エネルギー由来水素製造と水素活用モデルの技術開発
公開日2019/3/27
報告書年度2016 - 2017
委託先名株式会社NTTファシリティーズ
プロジェクト番号P14026
部署名次世代電池・水素部
和文要約件名:平成28年度?平成29年度成果報告書 水素社会構築技術開発事業 水素エネルギーシステム技術開発 「系統を利用した再生可能エネルギー由来水素製造と水素活用モデルの技術開発」

本実証事業では、再生可能エネルギーの利用拡大を見据え、その課題について水素を活用して解決するための技術開発を進める。具体的には、再生可能エネルギー等の出力変動の大きな発電設備に対して、電力を一旦水素に変換して輸送・貯蔵することにより変動を吸収し、出力を安定化させて電力系統の安定化に貢献するシステム技術開発を進める。着実な水素利活用社会の拡大を図るため、将来の実用化システムを見据えた必要最低限の規模でシステムを構築し、検証等を行うことによって、基盤的技術の確立を図る。更にその成果を基に、当該システム技術を水素社会に実装し利用していくために適した規模、適用箇所及び社会に供する便益等を明確化する。
 上記の目的に基づき、主に再エネ源で製造された水素を地元で活用するモデル(地産地消モデル)の確立を目指した。太陽光、風力といった出力変動(長周期変動も含む)の大きい再エネ源や卸電力市場を通じて電力を集約し、水素を製造・貯蔵・利用することで、再エネ電力を最大活用するとともに需給ギャップを吸収することによって、電力系統の安定化に貢献する。さらに製造・貯蔵した水素を熱需要の高い地域向けに熱電併給するなど、地元で消費して活用する日本版Power to Gas(PtoG)システムについての研究開発を行った。
 また、その成果を基に当該システム技術を水素社会に実装し利用していくために適した設備構成、適用箇所(特定エリア)及び社会に供する便益等を明確化した。
英文要約Title:Technology Development for the Realization of the Hydrogen society Technology Development of Systems using Renewable Energy-derived Hydrogen Fundamental Development of Renewable Energy-derived Hydrogen Production Technologies and its Utilization Model using Utility Grids(Final Report)

In this demonstration project, we will promote the development technologies to solve its problems by utilizing hydrogen, with a view to expansion of using renewable energy.
Specifically, for power generation facilities with large fluctuations in output such as renewable energy, We will promote the development of system technologies to stabilize the power system by absorbing fluctuations by converting electric power to hydrogen and shipping and storing, stabilizing the output.
In order to expand the steady hydrogen utilization society, we will establish a basic technology by constructing the system at the minimum required scale for the future practical application system and verifying. Based on the results, we will clarify the scale, the application site and the social benefit, suitable for implementing and using system technology in hydrogen society.
Based on the above objective, we aimed to establish a model (local production for local consumption model) that utilizes hydrogen produced mainly from renewable energy locally.
We conducted research and development on the Japanese Power to Gas (PtoG) system consuming locally.
By manufacturing, storing and using hydrogen by gathering electric power with renewable energy source with large output fluctuation such as sunlight and wind power and wholesale electricity market, this PtoG system maximizes the use of renewable energy. It also contributes to the stabilization of the electric power system by absorbing the supply-demand gap. In addition, this system supplies electricity and heat to areas with high heat demand by the hydrogen produced / stored.
Based on the results, we also clarified the equipment configuration, application site (specific area) and benefits to be provided to society suitable for implementing and using this system technology in the hydrogen society.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る