成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000915
タイトル平成29年度―平成30年度成果報告書 次世代火力発電等技術開発 次世代火力発電技術推進事業 CO2排出削減のための要素研究調査
公開日2019/3/8
報告書年度2017 - 2018
委託先名デロイトトーマツコンサルティング合同会社
プロジェクト番号P16002
部署名環境部
和文要約・CO2有効利用方法の探索
本調査では国内外の論文検索、国プロ調査、研究者へのヒアリング、専門家によるワーキンググループによりCO2有効利用技術を探索した。
CO2有効利用技術は電気分解、バイオプロセス、化学プロセスの3つに分類でき、それぞれの生成プロセスを調査した結果、合計21個の技術を抽出した。

・有望技術の絞り込み
有望技術の絞り込みにあたり、以下の3つの評価指標を定めた。
-1. これまでの国プロで実施されていない革新的な技術
-2. 多量のCO2削減ポテンシャルが期待できる技術
-3. 反応が自発的に進むプロセス(発熱反応)や、吸熱反応であっても再エネ等カーボンフリー電源を利用できるプロセス
これら3つの評価指標をもとに有望技術候補を評価し、固体化、C1化学への接続、都市への固定化という観点で有望技術をカーボン・CO、炭酸塩、ポリカーボネートに絞り込んだ。

・提言
選定した有望技術をもとに、以下のとおり今後の研究開発に向けて検討を深めるべき課題を取りまとめた。
-1. 研究開発要素の特定
-2. 事業主体の選定
-3. 研究開発体制の検討
-4. コストターゲットの決定
-5. 用途開発によるCO2固定化ポテンシャルの推計
英文要約Research on CO2 utilization technology
This research looked into CO2 utilization technology with domestic and overseas technical papers, national projects, interviews with researchers, and a committee consisted of experts.
These technologies are classified to electrolysis, bio process, and chemical process. As a result of research on each process, total 21 technologies were extracted.

Narrowing of promising technologies
Following three evaluation criteria were determined in this research.
-1. Innovative technologies which have never been implemented before as national projects
-2. Technologies with large CO2 emission reduction potential
-3. Technologies with exothermic reaction or endothermic reaction which carbon-free energy, such as renewable energy, can be utilized
As a result of evaluation based on the criteria, Carbon, Carbon monoxide, Carbonate, and Polycarbonate have been selected from the perspective of solidification, application to C1-Chemistry, and immobilization to the city.

Proposal
Based on the selected promising technology, this research summarized issues to deepen consideration for future research and development as follows.
-1. Determination of what kind of elements are required to be developed
-2. Selection of implementing organization for national projects
-3. Determination of scope of work of each participant
-4. Determination of target cost
-5. Estimation of CO2 immobilization potential by new application development
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る