成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000916
タイトル平成29年度成果報告書 エネルギー・環境新技術先導プログラム 生物機能によって大幅な省エネルギー又は創エネルギーを実現する新規デバイス創出のための革新的基盤技術開発 生物機能としての生体情報のAI活用による生活環境制御
公開日2019/3/7
報告書年度2017 - 2017
委託先名国立大学法人東京大学 国立研究開発法人産業技術総合研究所 大日本印刷株式会社 日本電気株式会社 株式会社リコー
プロジェクト番号P14004
部署名材料・ナノテクノロジー部
和文要約ヒト生体情報の取得解析による生活快適性の制御、ヒト感覚に基づいた快適入力など、ヒトから取得する生体情報に基づくヒトとの調和性の高い快適生活環境制御を実現させることを目指した技術開発に取り組む。そのための技術として「皮膚機能を模した大面積・多点・マルチモーダルという特徴を有する三次元局面シートセンサ技術」「超薄センサを人肌や握りなど任意自由形状面へ欠陥なく装着させるための高生産性立体加工製造技術」「取得信号の有意義化のための高効率データ処理技術」などに着目し、それらの技術開発実現のための先導調査研究を行った。その結果、生体機能材料を活用することで押圧や歪等の生体情報センシング機構の確認、皮膚様伸縮性超薄センサの製造技術の提案などを実現するとともに、データの有効処理技術の実現の手法を示すに至った。また、ヒトの手形など特異的湾局面に設置しても高度に生体情報が多点分布計測できるデバイスを試作し、本技術が生体情報取得機器として有効となることを実証するとともに、本技術システム実現のための本格研究実施に向けた技術課題を抽出した。
英文要約We have examined to develop a technology to realize comfortable living environment control with high harmony to humans based on biological information acquired from humans, such as living comfort control by human biological information and comfort input based on human senses.
For that purpose, we have paid attention to the development of three technologies, such as "Human skin like three-dimensional thin film sheet sensor technology having features of large area", "multimodal and distribution detection", "High productivity 3D fabrication technology of the skin like sheet sensor", and "High efficiency data processing technology for meaningfulness of acquired signals”, carried out a leading investigation research to realize those technological developments.
As a result, we have succeeded in getting the information about sensing mechanism of biological information such as pressing and distortion by using bio-functional material sensors, manufacturing technique of skin like stretchable ultrathin sensor, and techniques for realizing effective data processing. In addition, we have demonstrated a ultra-thin film sensor installed on a unique shape surface such as a human body, and succeeded in get a biological information.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る