成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20180000000932
タイトル平成29年度成果報告書 分散型エネルギー資源(DER)活用プラットフォーム基盤技術に係る検討
公開日2019/3/27
報告書年度2017 - 2017
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P93050
部署名スマートコミュニティ部
和文要約分散型エネルギー資源(DER)活用プラットフォーム基盤技術に係る検討

本事業では、複数の DER を束ねるプラットフォームに係る今後の技術開発・標準化の世界的な動向について整理し、我が国における技術開発・標準化すべきテーマの検討に資する基礎資料を提供することを目的としている。
本事業の実施内容は、まず「1.国内外における DER 活用事例の収集及びその技術的仕様・アーキテクチャ等についての整理」において、「(1)需要家サイドに導入された DER を活用する事例の整理」をするために、需要家サイドに導入された DER を活用するDERMS(分散電源管理システム)、DRMS(デマンドレスポンス管理システム)、マイクログリッドシステムといった事例を抽出し、そのアーキテクチャを整理し、「(2)DER を統合制御するプラットフォームに係る今後注目すべき技術開発・標準化動向の整理」にて、DER を統合制御するプラットフォームに係る今後注目すべき技術開発・標準化動向についてソフト・ハード両面で分析した。
次に、「2.複数の DER を統合して運用可能とするプラットフォームに係る技術開発・標準化方針の策定」において、まず、「(1)我が国産業の競争力強化に向けた考え方の整理」において得た国内外の情報をもとに、国内有識者の協力を得るなどして対象となるプラットフォームを絞りこみ、「(2)技術開発・標準化方針の策定に向けた課題の検討」において、複数の DERを束ねるプラットフォームに係る技術開発・標準化に向けて、我が国産業の一層の競争力強化を推進する観点からどのような課題があるか、その課題の解決に向けたアクションを整理した。
そして、「(3)NEDO 実証事業の事例分析を踏まえた、今後の活動方針」において、具体的事例として、昨年度終了した英国・マンチェスターにおけるスマートコミュニティ実証事業を例に、その成果・価値について整理するとともに、複数のDER を統合して運用可能とするプラットフォームに対応することによる事業の成果と価値の向上について検討した。
英文要約Study on the basic technology of platform utilizing Distributed Energy Resources (DERs)

This project is intended to identify global trends of technology development and standardizations for DER aggregation platform, and provide basic materials for the examination of themes subject to technology development and standardization.
First, under the topic “1. Collection of DER case examples in Japan and overseas and study on the technical specifications, architecture, etc.,” case examples such as DRMS (Demand Response Management System) and microgrid system were selected and the architecture of those systems were examined to carry out the “(1) Study on the case examples where DER installed on the customer side is utilized.” Then the remarkable technology development for future and the standardization trends regarding platform for integrated control of DERs were analyzed from standpoints of both software and hardware in the “(2) Study on the trends of remarkable technology development for future and the standardization regarding platform for integrated control of DERs”.
Next, under the topic “2. Formulation of policy for technology development and standardization regarding platform that is operable while integrating DERs,” possible target platforms were narrowed down based on the information obtained in Japan and overseas in the “(1) Study on the ideas for strengthening Japan’s industrial competitiveness” and with the support of intellectuals in Japan. Subsequently, for the technology development and standardization of DER aggregation platform, issues from a viewpoint of promoting enhancement of Japan’s industrial competitiveness as well as action to be taken to resolve such issues were identified in the “(2) Study on issues for the formulation of policy for technology development and standardization.”
Finally, referring to the smart community project in Manchester, UK, which was completed last year, the project’s accomplishment and value were identified; and the enhancement of results and values of business that address DER aggregation platform were examined under the “(3) Future course of action based on the analysis of case examples of NEDO demonstration projects.”
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る