成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000054
タイトル平成28年度―平成29年度成果報告書 NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開 ロボットの社会実装におけるイノベーション創出人材育成
公開日2019/3/30
報告書年度2016 - 2017
委託先名学校法人常翔学園大阪工業大学
プロジェクト番号P06046
部署名ロボット・AI部
和文要約本報告書は、NEDOプロジェクトを核とした人材育成、産学連携等の総合的展開における「ロボットの社会実装におけるイノベーション創出人材育成」に関する調査を2年間にわたって行った活動内容とその成果を報告するものである。
計画された具体的な実施項目は大きく3つになる。
(1) PBL形式のワークショップ開催
(2) RTミドルウェアとの連携講座の実施
(3) Schooによるe-ラーニングの実施
これら3項目の実施内容を着実に実行することが事業目標である。
まず、基本目標の(1)(2)に関しては、ロボットサービスビジネススクールの全国展開活動を合計6回二日間コースで実施することで順調に達成することができた。参加者は各地区30?50名程度であるが、それは我々のデザイン思考のワークショップの根幹は、参加者全員のアイデアの共創と共感を作り上げることにあるため、一番重要な実践教育である二日目のワークショップを成功させるために、3名ほどの講師陣で対応可能な人数とした。(3)に関しては、一般向けの導入講座を実施した。講座を開始するに際し、一般向けの軽い読み物として仮のテキスト教材の位置付けで“ロボットをいかに社会実装するか?”と題した小冊子と電子書籍を準備・発行し、専門家ではない事務職員により日本最大級のWEB講座 Schoo による動画導入ビデオの作成およびe-ラーニングによる基礎講座の可能性の検討を実施した。無料ということもあり8000名を超えるサイトのアクセスを達成することができ、本調査活動の意義を確認することができた。
また、本活動が一般に知られることとなった結果、インターネット教育で有名な大前研一氏が学長であるBBTブレークスルー大学から要請があり、「ロボット革命が生み出す超高齢社会の新産業」というテーマで4回にわたり専門家によるe-ラーニング講座を開催した。本NEDO講座活動のe-ラーニングが、ビジネスとしても成り立つ可能性があることを示した大きな成果となった。
しかし、ワークショップ活動のアンケート調査結果から、デザイン思考を活用したイノベーション創出人材育成講座としては、e-ラーニングのみでは十分な成果が得られないことも明らかになった。すなわち、デザイン思考の特徴的な活動要素である参加者の共創・共感のプロセスが非常に重要であり、これなくして成果を得る活動にならないことを学ぶことができた。デザイン思考という方法論が生み出されて有効性を発揮したのは、この共創・共感というプロセスを、ラピッドプロトタイピングなどアイデアを具現化する手法を活用して、共に考え共に具現化する方法論を学ばせることが重要なのである。
以上のように、当初の目標は全て達成し、その過程で得られた知見を教材にまとめることで、本調査事業で進めたイノベーション人材創出活動を、2018年度以降は自立した産学連携活動として推進していく目処をつけることができた。
今後は、これらの活動の集大成として2020年度に完成年度を迎える本学ロボティクス&デザイン工学部の大学院教育のカリキュラムとして完成させる活動を着実に推進していくことが重要になる。
英文要約This report presents activities and results of the two-year research project on human resource development for robot business creation through innovation in the context of general development of NEDO project-centered HR development and industry-academia partnership.
The project comprised the following programs:
(1) PBL workshops
(2) RTM seminars
(3) E-learning
Our objective was to steadily implement these programs, the ultimate goal being the realization of independent innovation-creating activities upon project completion.
We achieved the objective with regard to Programs (1) and (2) by organizing a two-day course in robot businesses at six locations. For Program (3), we first authored a text for the general public, publishing it in paper and electronic forms. We then produced introductory videos and uploaded them on a major Japanese-language online learning website, to measure the potential of e-learning for basic subjects. Our free classes attracted over 8,000 viewers.
Since our project became known to the general public, we were commissioned by a fully Internet-based business university to organize four expert lecture sessions on robot businesses in an aging society, proof that our e-learning can be a viable business in itself.
The workshop participants’ feedback revealed that e-learning alone cannot yield satisfactory results as design thinking-inspired courses for innovation-creating HR development. We thus confirmed the extreme importance of the process characteristic of design thinking: participants generate and concretize ideas in team, sharing creativity and emotion with one another.
The importance of the same process was evident in the preliminary international field surveys that we conducted at centers of design thinking-inspired innovative activities. As a result, we constructed a seminar operating scheme in which a lecture is followed by a workshop in which participants take up concrete social issues, think in team and concretize ideas, sharing creative effort and emotion.
For online e-learning, we developed a tool that enables learners to experience the same collaborative process in a network-based virtual space. We produced and published a promotional video of this tool.
The report discusses the results of these programs in detail.
As for the ultimate goal of realizing independent activities, we commenced the following concrete activities:
(1) A compilation of findings from this project published as a practical educational text on design thinking and robot utilization;
(2) The same text adopted for a seminar series for adults to be co-organized with the Osaka Science and Technology Center in June 2018;
(3) Agreements for industry-academia collaboration in robot application signed with Osaka Prefecture and the Osaka Chamber of Commerce and Industry, inaugurating an HR development project for innovation using robots, mainly involving students on corporate internships on the Umeda Campus.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る