成果報告書 2019年3月

本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000067
タイトル平成28年度―平成30年度成果報告書 国際エネルギー消費効率化等技術・システム実証事業/フィリピンにおけるMobility as a System 実証事業
公開日2019/3/23
報告書年度2016 - 2018
委託先名ソフトバンク株式会社
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約現在ASEAN 各国において、交通に起因する排ガスによる大気汚染、騒音、交通渋滞等を解決する方法の一つとして、従来のガソリン・ディーゼル車に代わり電気自動車の導入に関心が集まっている。フィリピンでは代表的な近距離交通手段であるガソリントライシクル( バイクにサイドカーを付けた乗り物)を電気自動車に変えて環境負荷低減を図ろうとする具体的な動きがある。
しかしこのトライシクルは、独自に局所最適化したルートを形成している為、地域全体としての輸送効率が低い。一方で輸送効率の高いバスや電車のような定期運行型の公共交通機関網のみでは、駅やバス停から目的地までの徒歩移動において、フィリピンのような高温多湿な環境下では距離を問わず苦痛であり、かつ治安上の懸念がある。
そこで、本事業では、フィリピンの実情に則し、Low Speed Electric Vehicle( 以下”LSEV”) と呼ばれる環境負荷の低い短距離向け電動車両と運行管理システム等IT 技術を組み合わせた定期運行型の近距離公共交通システム”Mobility as a System”(以下”MaaS”)を導入・実証を行い、省エネ効果を示す。また実証事業サイトをショーケースとして活用し、乗客およびサービス事業者(以下”オペレーター”)への高い利便性を訴求することで、フィリピン国内外における普及拡大を図る。

実証サイトは、フィリピン観光省配下のイントラムロス監督庁が管理するマニラ市内のイントラムロス地区とした。現地に通信機器を搭載したLSEV50台と充電設備17基を展開し、これらと日本国内にホスティングされている運行管理システム、資産管理システム、充電管理システム、サービスプラットフォーム等の中央制御IT をモバイルネットワークで接続しMaaSを構築する。このMaaSを現地のオペレーターが利用し、全長約2.5kmの周回ルート上で予め決められた停留所においてのみ乗客が乗降車する「線路のない電車」運行モデルでのLSEV 旅客サービスを運行する。
各LSEVからは位置・走行・バッテリー・乗客搭乗実績に係る各データ等がリアルタイムで発信され、これらに基づき中央制御ITが運行計画の編成・更新、ドライバーへの運行指示、オペレーターの収入管理、各種メンテナンスアラート発報等を行う。また充電設備からは車両IDや充電データがリアルタイムで発信され、充電管理システムが充電時の認証や充電した電気料金の精算額決定を行う。
これらの運用実績データを蓄積・連結し、路線/LSEV/ドライバー毎のパフォーマンスの評価、運行計画の更新等のPDCA サイクルを随時回すことで、輸送効率および省エネ効率の更なる改善を図る。

実証事業内容
(1) 実証事業に向けた環境整備
i)IT設備の環境設定・カスタマイズ
ii)充電所における土木工事
iii)充電設備の据え付け工事・電気工事
iv)車両の通信接続・現場配備
(2)教育・訓練
i)現場監督者への運行管理教育・訓練
ii)運行乗務員への運転教育・訓練
(3)実証事業
i)試運転
ii)実証運転

実証事業成果
(1)正確な運行管理
目標であった「日次のタイムテーブル遵守率90%以上」を達成。
(2)運行稼働率管理
目標であった「運行稼働率95%以上」を達成。
(3)充電管理
目標であった「バッテリー切れによるダウンタイム0%」を達成。
(4)展開しやすい仕組みの提供の実現
(5)その他広報活動(メディア掲載)
・The daily NNA(アジア経済情報誌)
・CNNニュース
・BSジャパン 等
英文要約Currently, ASEAN countries are facing serious environmental impact caused by transportation. As one solution, adopting electric vehicle (“EV”) technology as an alternative means to replace traditional gasoline and diesel vehicle transportation has attracted strong interest in these countries. In fact, Philippines has shown solid movement toward replacing gasoline tricycles, a typical short-distance transportation, with EV to reduce the environmental impact. However, with only the regular high efficiency public transportation such as the bus and the train, passengers still must walk to their destinations even in a short distance. This would be very stressful under the hot and humid climate of Philippines, and safety is another concern too.
Under these circumstances, a transportation system called Mobility as a System (“MaaS”), which consist of environment-friendly Low Speed EV (“LSEV”) and advanced IT technologies, has been implemented as a demonstration project to demonstrate efficient public transportation and energy conservation effect. This MaaS system also utilizes the project site as a showcase of its high convenience for both the passengers and the service providers (“operators”).

The demonstration project was held at Intramuros, which locates in Manilla, under the management of the Intramuros Administration. The MaaS system was implemented by deploying 50 LSEVs equipped with communication device and 17 EV charging stations at the site of which all connected to a central control IT system hosted in Japan through mobile network. The IT system was responsible for managing the operation, asset, charging and service platform system of the LSEV etc.
The MaaS system was leveraged by local operators as “trackless train”, which the drivers circulate along a route of about 2.5 kilometers in distance and passengers get on and off the vehicle only at designated bus stops.
Furthermore, each LSEV send various data required by the MaaS system to the central control IT system. Based on these real time data, the IT system will create and update the operation plans, issue operation instructions to drivers, conduct revenue management of operators and send the various types of maintenance alert, etc.
Those various operation result data collected by the system accumulate and aggregate to enable PDCA cycle activities to improve the transport efficiency as well as energy efficiency.

Contents of the demonstration project are as follows:
1) Set up the environment for the demonstration project
2) Provide essential education/training
3) Conduct the actual demonstration project

The results of the project are as follows:
1) Accurate operation management
The goal of “attain over 90% in the compliance rate of the daily time table” was achieved.
2) Operation availability management
The goal of “attain over 95% in operation availability” was achieved.
3) Charging management
The goal of “attain 0% in downtime due to battery charge depletion” was achieved.
4) Mechanisms for easy deployment
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る