本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000027
タイトル平成29年度―平成30年度成果報告書 国際共同研究開発に係る調査
公開日2019/4/12
報告書年度2017 - 2018
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P14005
部署名国際部
和文要約我が国企業の国際的なオープンイノベーションを促進し、優れた技術の創出及び国際市場の獲得を図るため、NEDO では、平成 26 年度より「国際研究開発/コファンド事業(以下、「コファンド事業」という。)」を実施している。コファンド事業は、これまでフランス、イスラエル、ドイツの 3 ヵ国を相手国として実施し、我が国企業と当該国の国際共同研究開発を促進してきたところであるが、国際的なオープンイノベーションの潮流に鑑みて、新規実施相手国について検討をしているところである。

本調査事業は、調査対象国における有望技術、他国との国際共同研究開発制度、我が国企業との国際共同研究開発のニーズ等を調査・分析することによって、コファンド事業の新規実施相手国の検討に資することを目的として実施した。特にコファンド事業の潜在的なニーズの見込まれる国や地域(米国、英国、スペイン、チェコ、フィンランド、オーストラリア、ニュージーランド、インドなど)を対象に、有望技術および連携によるシナジーの有無、対象国の公的ファンディングエージェンシーのコファンド事業の立ち上げ条件に加え、当該事業に対する我が国企業の関心など明らかにした。
英文要約 In order to promote international open innovation of Japanese enterprises, to create superior technology and to acquire international markets, NEDO has been promoting international research and development / co-fund scheme (hereinafter referred to as "co-fund scheme" ") has been implemented. The co-fund scheme has been so far implemented with three partner countries, namely France, Israel and Germany, and it has promoted international collaborative research and development of Japanese companies and countries. On the other hand, in light of the trend of international open innovation, NEDO is examining possible new partner countries.
This survey project was delivered with the aim of contributing to the examination of the new partner country of co-fund projects. It investigated and analyzed promising technology in target countries, international joint research and development system with other countries, international collaborative research development needs by Japanese companies, etc. It examined exsistence of synergy by promising technologies and cooperation, conditions necessary to set up co-fund project under the public funding agency's rules and the interests of Japanese companies. In particular, it focused on countries and regions where the potential needs of the co-fund activities are anticipated (US, UK, Spain, Czech Republic, Finland, Australia, New Zealand, India, etc.).
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る