本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000114
タイトル平成30年度成果報告書 今後の材料開発に必要な共通データプラットフォームに関する調査
公開日2019/4/12
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社野村総合研究所
プロジェクト番号P16010
部署名材料・ナノテクノロジー部
和文要約 最近の材料開発では、開発費用・期間の縮減を進めるため、材料の「構造」と「機能」を結びつけたデータ群を活用するマテリアルズ・インフォマティクス(MI)の研究が注目されており、これを推進するための基盤として、材料開発データの共通フォーマット整備、材料開発データの構造化等の必要性が強く望まれている。
 本調査は上記の状況を背景とし、材料開発データの共通フォーマットのあり方や、テキストマイニング・画像認識技術による公知の論文、特許等の材料データ構造化のために必要な技術に関して、これまでの国内外での取組や将来像についての調査を実施し、マテリアルズ・インフォマティクスの実現に向けたデータプラットフォーム・共通データフォーマットの構築に資することを目的として行われた。
 本調査では、デスクトップ調査とインタビュー調査を通じて各国の材料データ獲得技術のための政策動向や現在の技術水準に関して調査を行った。
 検討会では国内の学識有識者、企業有識者からなる検討会を組成し、今後の材料開発データの共通フォーマットのあり方や、必要な機能に関しての議論を行いそれを実装するためのロードマップを策定した。
英文要約 Materials development and research on Materials Informatics (MI) that utilizes a data group linking "structure" and "function" of materials is attracting attention recently for saving cost and period. And it is strongly requested to develop and structure a common format for material development data.
This survey was carried out against the above situation. In this survey, we conducted a survey on domestic and international efforts to date on common formats of material development data and technologies necessary for structuring material data known by text mining and image recognition technology. This survey was conducted with the aim of contributing to the construction of a data platform / common data format for the realization of Materials Informatics.
In the basic survey, we conducted a survey on policy trends and present state of the art for each country's material data acquisition technology through desktop survey and interview survey.
At the Study Group, which is consisting of domestic academic experts and corporate experts was composed, discussions on common formats and necessary functions of material development data in the future were made, and a roadmap for implementing it was formulated.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る