本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000129
タイトル平成26年度―平成30年度成果報告書 地球温暖化対策技術普及等推進事業 JCM実証事業 ラオス省エネデータセンタープロジェクト(LEED)
公開日2019/4/26
報告書年度2014 - 2018
委託先名豊田通商株式会社 株式会社インターネットイニシアティブ 三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社
プロジェクト番号P11013
部署名省エネルギー部
和文要約ラオス人民民主共和国(以下、ラオスという)は、東西経済回廊・南北経済回廊の中心に位置することからASEAN統合に向けた「Master Plan on ASEAN Connectivity」(ASEAN連結性マスタープラン)の大きな柱の一つであるITによる連結性の実現のため同国にそのハブとなり得る国際基準のデータセンター(以下、DCという)の設立を目指す一方、その運用に必要となる専門知識を有するIT人材の育成や各種IT技術の導入・開発については近隣諸国に大幅な遅れを取っていることから政府や民間企業が安心して利用可能な国際レベルのDCの構築は進んでいなかった。また世界的な規模でIT化がますます進む中、その基盤として様々なデータを扱うDCが消費する各種IT機器の稼働との冷却のための大量の電力が国際的な問題として認識されていることから、現在のDCにおいてはいかに省エネルギー性の高いものを構築出来るかということも非常に重要なポイントとなっている。そこでこれらの要望・課題に対応すべく、本実証事業においては我が国が世界に誇る低炭素技術の一つであるコンテナ型省エネルギーDCをラオスに導入することで同国における国際基準のDC構築の実現と二国間クレジット制度 (Joint Crediting Mechanism (JCM)) を活用した温室効果ガス排出削減を図った。併せて、科学技術省の職員に対してDCを構成する設備や各種IT機器の取り扱い方法、ならびにDC全体運営・管理手法などの指導を実施することで、本実証事業終了後においても同国政府が自立的かつ持続的にDCを運用し、最大限活用することが出来る環境を整え、本実証事業を通じ今後IT分野におけるますますの発展が見込まれるラオスに日本の技術によるIT基盤を築くことが出来た。
英文要約Since the Lao People's Democratic Republic is located at the center of the East-West Economic Corridor and the North-South Economic Corridor, the government has aimed to establish an international standard data center (DC), that will become the hub for the country, in order to realize connectivity by IT, that is one of the main pillars of "Master Plan on ASEAN Connectivity" for ASEAN integration. Since it had been however taking a great delay behind neighboring countries for training IT human resources with expertise necessary for its operation and introduction/development of a variety of IT technologies, the establishment of an international level DC that governments and private enterprises can reliably use had not progressed. As IT has become more advanced on a global scale, a large amount of electricity consumed by DC for cooling with the operation of IT equipment is recognized as an international issue. The high energy conservation has become one of the most important targets at the current DC construction. In order to respond to these requests and targets, this demonstration project tried to reduce greenhouse gas emissions using Joint Crediting Mechanism (JCM) by introducing container type energy saving DC, which is one of the low-carbon technologies that Japan is proud of worldwide. At the same time, the project gives training for staffs of the Ministry of Science and Technology with regards to DC facilities handle of IT equipment, and overall DC management and management method etc, leading to operate the DC independently and sustainably, to prepare an environment where it can maximize the utilization. On the basis of these activities, Lao government can be increasingly expected to develop in the IT field in the future Technology to build an IT foundation even after the completion of this demonstration project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る