本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000071
タイトル平成30年度成果報告書 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保に係わる課題調査
公開日2019/5/24
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社セミコンダクタポータル
プロジェクト番号P15011
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成30年度調査報告書 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保に係わる課題調査

 サイバーセキュリティ攻撃の脅威はますます深刻化しており、その矛先も通信・放送、エネルギー、交通、物流、金融など、社会を支える重要インフラに向けられている。強固なサイバーセキュリティの確保による世界で最も安心・安全な社会基盤の確立が必達の課題となっている。戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)『重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保』では、重要インフラサービスの安定運用を担う制御・通信機器と制御ネットワークのセキュリティ対策技術の研究開発、社会実装に向けた共通プラットフォームの実現とセキュリティ人材育成を行っている。 
 研究開発段階から社会実装を最短で実現する研究開発体制と仕組みを構築し、その成果を、2020 年東京オリンピック・パラリンピック競技大会をターゲットに、実証実験等を通して、通信・放送、エネルギー、交通などのインフラシステムに適用できることの確認を目指している。さらには、今後普及・拡大が見込まれる IoT システムのセキュリティ確保に向けてこれらの技術を拡張するとともに、技術導入を支援する認証のあり方と仕組みの検討、分野を超えた運用のための共通プラットフォームの実現、セキュリティ人材育成に取り組んでいる。
2018年10月4日-5日、NEDOと内閣府の共催で、「SIP/重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」に関するシンポジウムが、ベルサール神田で開催された。本シンポジウムは、着々と進められている研究開発状況を報告するとともに、社会実装の迅速な展開について、本計画を推進するコアマネジメントメンバーが参画し、各研究機関・企業による展示・ポスターセッション・演習を通して、コア技術を開発される研究機関、事業者、そしてその技術を実装する社会インフラの企業や機関に、課題対策に向けて深堀した議論の場を提供することを目的としたものである。
 第3回となる今年は、初日が招待制の内覧会・メディアデー、2日目が一般公開日の2日間構成とし、招待日は、深堀した技術の議論を深めて頂き、一般公開日では関心を持つ、より広い業界・研究機関への新たなアプローチに、それぞれ焦点を当てた開催となった。
 招待日は、108名が出席、プログラム全体概要、各研究開発の個別テーマ進捗状況発表の後、インフラ事業者からのご意見やニーズを研究開発にフィードバックする時間を多めにとる構成となった。また、人材育成に関する模擬授業と体験学習も行われ、デモ演習・展示会場とのしきりを外して一体化を図り、展示会場の滞在時間を増加させた。
 一般公開日は、200名が出席、グローバル企業の約30%が採用していると言われるNISTのCybersecurity Frameworkに注目し、NISTのRomine氏を基調講演講師に招へいし、重要インフラにおけるセキュリティの取り組みについての技術情報交換がなされた。さらに、事業者の開発内容について、2分のライトニングトークでは網羅できない内容をミニ講演として実施、全体として、社会実装のひっ迫性を謳った。
  以上の取組みにより、インフラ事業者等に、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)「重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保」の研究開発成果を周知するとともに、研究開発の実用化・事業化を促進するための意見や課題を調査することができた。
英文要約Title: Research Projects for Cross-ministerial Strategic Innovation Promotion Program (SIP)/Ensuring Cyber-Security for Critical Infrastructure

to critical infrastructures supporting society such as communication/broadcasting, energy, transportation, logistics and finance. Establishing the safest social infrastructure in the world by securing robust cyber-security measures is an urgent challenge. In the project called the cross-ministerial “Strategic Innovation Promotion Program (SIP)/Cyber-Security for Critical Infrastructure", R&D has been conducted for validation, operation monitoring, analysis, protection technologies for control and information communication devices which construct control network for stable operation of critical infrastructures. The development of common platform to accelerate the implementation and commercialization the outcome of SIP R&D as well as strengthening security human resources development.
On October 4-5, 2018, “Symposium on SIP/ Cyber-Security for Critical Infrastructure” was co-organized by the New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) and Cabinet Office at the Bellesalle Kanda, Tokyo. The symposium participated by core management promoting this project on the research and development aimed at providing a forum for discussion deeply to develop countermeasures with the participants from the companies and affiliations that implement the developed technologies through oral sessions, poster sessions, and exhibits.
At the third annual symposium, the first day was an invitation-basis event and the second day was open to the public. The invitation-basis day aimed to enhance deeper technical and business exchanges, whereas the public-open day aimed to focusing on promoting the outcome of the project to a wider industry/research institution.
The invitation-basis day was attended by 108 people excluding exhibitors. After announcing the overall outline of the program, the progress status of the individual themes of each R & D program was presented and followed by information exchange at the poster session. Demonstration of exercise framework on human resource development was also conducted along with human resource development tutorial session.
The public-open day was attended by 200 people excluding exhibitors. Dr. Charles H. Romine of NIST addressed the role of NIST’s Cybersecurity Framework in his keynote speech titled “U.S. National Cybersecurity Guidance”, which provided the latest status of NIST’s activities in this field.
The symposium promoted updated information about the deliverables of “Strategic Innovation Promotion Program (SIP)/Cyber-Security for Critical Infrastructure" program to the business entities in critical infrastructures and interactive dialogues among the users and suppliers.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る