本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000100
タイトル平成30年度成果報告書 超臨界地熱発電技術研究開発 超臨界地熱資源ポテンシャル調査
公開日2019/5/22
報告書年度2018 - 2018
委託先名日鉄鉱コンサルタント株式会社
プロジェクト番号P18008
部署名新エネルギー部
和文要約件名:平成30年度成果報告書 超臨界地熱発電技術研究開発 超臨界地熱資源ポテンシャル調査

 超臨界地熱資源の探査フィールド選定のための基礎資料を作成することを目的として,日本国内で超臨界地熱資源の賦存が期待される地域を選定し,その超臨界資源ポテンシャルの検討を行った。
 先ず,超臨界資源が期待される地域として,国が主導した地熱開発調査によって掘削された坑井のうち高温(>250℃)を記録した坑井が存在する18地域を検討地域として選定した。
 次に,各検討地域で掘削された坑井の温度プロファイルと地熱系モデル等を参考にして地表下5 kmまでの温度構造を推定した後に,深度間隔500―1,000 mで温度平面図を作成した。
 検討地域の超臨界ポテンシャルの評価にあたっては,各深度の温度平面図における等温線に囲まれた領域の面積から温度区間の体積を算出した。
 超臨界地熱資源量の推計には,Garg & Combs (2015) のUSGS容積法を改良した手法を用いた。ただし,超臨界地熱貯留層から産出される地熱流体は条件によって過熱蒸気や亜臨界地熱流体であることが想定されるため,Single-Flashの計算式を超臨界域に拡張した容積法計算ツールを作成し,モンテカルロ法にて各検討地域の90%確率(P90),50%確率(P50)及び10%確率(P10)の超臨界地熱資源量(MW)を求めた。なお,容積法に用いたパラメータは,Stimac et al. (2017)に準拠した。
 各検討地域における自然公園や保安林等,探査に対する社会制約条件を別途まとめた後に,資源量評価と合わせて探査フィールドとなり得る地域の一覧表を示した。
英文要約Title: Review of potential supercritical geothermal resources to 5 km in Japan, FY2018 Final report

This report presents the result of the preliminary assessment of distribution and resource in expected supercritical geothermal regions in Japan, in order to prepare basic data for possible supercritical geothermal exploration fields.
As a region where supercritical resources are expected, 18 regions with wells that recorded high temperatures (> 250 ° C) among the wells drilled by the government-initiated geothermal development survey were selected as study areas.
Temperature structure up to -5 km below the surface was extrapolated by referring to the temperature profile of the wells and the geothermal model in each study area, and then isothermal lines are created on the horizontal section maps at a depth interval of 500 to 1,000 m.
In evaluating the supercritical potential of the study area, the volume of the temperature section was calculated from the area of the region surrounded by the isotherm in the temperature horizontal section map of each depth.
To estimate the amount of supercritical geothermal resources, we used a method that improved the USGS volumetric method of Garg & Combs (2015). However, the geothermal fluid produced from the supercritical geothermal reservoir is assumed to be superheated steam or subcritical geothermal fluid depending on conditions, to estimate the amount of supercritical geothermal resources. We made a volumetric calculation tool that extended Single-Flash calculation formula to supercritical region. The 90% probability (P 90), 50% probability (P 50) and 10% probability P10) of supercritical geothermal resources (MW) were calculated by using the parameters for the volumetric method based on Stimac et al. (2017).
Social constraints on exploration in each study area, such as natural parks and protected forests etc. were also summarized.
A list of promising areas for supercritical geothermal exploration is shown together with social constraints and preliminary resource evaluation.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る