本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000122
タイトル平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/Connected Industriesの取組を社会実装するための統合的な支援施策のあり方に関する調査事業/産業界の課題と人材・ベンチャーを橋渡しするプログラムのあり方の調査
公開日2019/5/24
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社日本総合研究所
プロジェクト番号P17003
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/Connected Industriesの取組を社会実装するための統合的な支援施策のあり方に関する調査事業/産業界の課題と人材・ベンチャーを橋渡しするプログラムのあり方の調査

本調査では、日本で不足するとされるAI・データサイエンス等を活用して社会や企業の課題を解決できる人材を育成する上で有用と考えられている「実践的な教育プログラム」に着目し、人材育成の実施に際してプログラム導入のあるべき姿の検討を行った。あるべき姿の検討にあたり、「実践的な人材育成を進める国内外の事例の調査・分析」、「IoTやAIの学習を希望する人材の動向調査」、「教育施設を有効に活用する手法や体制の検討」を実施した。「実践的な人材育成を進める国内外の事例の調査・分析」では、国外の先進的な教育プログラムについて10事例程度、国内の教育プログラムについて20事例程度を調査した。国外事例からは実践的な教育プログラムの実態、成功有無やその成功要因を分析し、国内事例からは、AIやデータサイエンスの教育機関の実態や日本での教育に関する課題などを分析した。「IoTやAIの学習を希望する人材の動向調査」では、情報学やデータ分析を学習している18歳―34歳の主に学生について800程度のアンケートサンプルを回収して、教育施設がターゲットとすべき学生の種別やレベルおよび提供すべき機能の方向性を分析した。「教育施設を有効に活用する手法や体制の検討」では、国内の主要な教育プログラムや主要な企業へのヒアリング調査(計6社)により、日本における教育プログラムの課題や、企業が教育プログラムを活用する際の課題等を抽出し、課題解決のための方策を検討した。国外での実践的な教育プログラムは、先進企業に多くの人材を輩出していることから、実践的な教育プログラムは人材育成において有用であると結論付けた。また、民間企業が教育プログラムに対して実課題や実データの提供、メンターの派遣、資金の拠出などを行い、優秀な卒業生を優先して採用する「Hiring Program」が機能していることがひとつの成功要因であると分析した。他方、国内では短期のプログラムが多く、受講後に即戦力のレベルに到達することは難しいことや、企業の認知度の低さから、「Hiring Program」として企業と連携している事例は少ないという課題があることを分析した。学生へのアンケート結果からは、AI人材ポテンシャル層(34.3万人)全体で「実践的なスキル」が重要と認識されていることに加え、スキルレベルの高さと実践的な教育プログラムの受講率には相関関係が確認されたことから、日本の学生に対しても実践的な教育プログラムの提供が有用であることに加え、ハイレベル人材とその他人材の異なるニーズに合わせた設計が必要であることを結論付けた。他方、人材を受入れる企業側は、技術的に高いスキルだけではなく、課題発見能力や企画構想能力を求めていることから、学生の段階から企業のニーズに合わせたプログラムを提供することが重要である。また、これらの教育プログラムを継続・拡大していくためには、人材輩出の実績を発信して認知度を高めることで海外事例のような企業連携「Hiring Program」を増やしていくことや、教育プログラム提供者間で課題やデータを共有し合い、講師を設けなくても効果的に自主学習できる環境を用意して生徒同士で学びあう環境を実現して数千人単位での教育を可能にする手法の検討も重要であると結論付けた。
英文要約Title:Groundwork Project for Creating Industrial Models using IoT/ Research Project for Role of Integrated Support for Social Implementation of the Efforts on Connected Industries/ Research on Role of Programs acting as a Bridge between the Problems facing Industries and Human Resources and Venture Companies

In this research, we focused on the “practical education program” that is considered useful to foster human resources who can solve social and business problems using AI and data science, which are insufficient in Japan, and we examined the way in which the program should be introduced when implementing human resource development. In this examination, “Research and analysis of domestic and international cases conducting practical human resource development”, “Research on trends in human resources who hope to learn IoT and AI” and “Examination of methods and systems for effective use of educational facilities " were carried out. For the first examination, about 10 cases of advanced educational programs outside Japan and about 20 cases of domestic ones were investigated and analyzed. For the second examination, we collected around 800 questionnaire samples mainly for students aged 18 to 34 who are studying informatics or data analysis, and we analyzed the types and levels of students, who should be considered as targets by educational institutions, and the direction of functions to be provided. For the third examination, we conducted hearings with some major educational program providers and major companies in Japan (total of 6). Thereby, we extracted the problems of educational programs in Japan. Since foreign practical educational programs have produced many talents to leading companies, we concluded that practical education programs are useful in human resource development. In addition, we analyzed that "Hiring Program", in which partner companies provide real problems and dataset, dispatch mentors, contribute funds to educational programs, and recruit talents, is one of the success factors. On the other hand, we revealed the fact that there are few cases where providing company partner with other companies as “Hiring Program”. From the result of the questionnaire to students, we revealed the fact that people in the layer of “potential AI human resource” recognize “practical skills” as important and the relation between level of the skill and the rate of participation in practical educational programs has a correlation. Therefore, we concluded that providing practical educational programs to Japanese students is useful as well, and it is necessary to design programs for different needs of high-level talents and others. In order to continue and expand these educational programs, it is important to increase partner companies such as “Hiring Program” like foreign cases by gaining recognition with producing talents, and also important to share problems and dataset between program providers and consider a method that realizes an education of several thousand people by preparing an environment in which students can learn independently without a teacher and students learn from each other.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る