本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000374
タイトル*平成30年度中間年報 エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業 実証要件適合性等調査 ZEHを中心とする再生可能エネルギーの地産地消型スマートタウンの実現に向けた実証研究(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)
公開日2019/5/24
報告書年度2018 - 2018
委託先名積水ハウス株式会社 SEKISUIHOUSE AUSTRALIA PTY LIMITED 株式会社カネカ
プロジェクト番号P93050
部署名省エネルギー部
和文要約件名:平成30年度中間年報「エネルギー消費の効率化等に資する我が国技術の国際実証事業 実証要件適合性等調査 ZEHを中心とする再生可能エネルギーの地産地消型スマートタウンの実現に向けた実証研究(オーストラリア・ニューサウスウェールズ州)」

1.対象国・地域のエネルギーや市場に関する基礎情報の調査
豪州および本実証エリアが位置するニューサウスウェールズ州におけるエネルギーや市場に関する基礎情報を調査した。その結果、(1)FIT価格低下の中での電力料金の高騰、(2)連邦政府が電気料金の高騰を課題視、(3)再生可能エネルギー利用拡大に向けた技術開発やビジネスモデル検討の活発化、という事実を把握した。再生可能エネルギーの地産地消を促進し、需要家の電気料金削減やZEHの普及を目指す本実証研究に、豪州でニーズが存在することを確認した。

2.実証研究の対象技術に関する調査
実証システム仕様の明確化に向けた検討を行い、以下のようなシステム構成とすることにした。
(1)戸建て住宅への蓄電池(分散型)と大型蓄電池(集中型)を両タイプ設置する。
(2)実証エリアの受電点潮流(一か所)をCEMSで監視し、大型蓄電池を制御して受電点からの逆潮流(PV発電量余剰)を可能な限り吸収し、再エネ利用率を高める。
(3)CEMSから戸建住宅のPVや蓄電池を制御することは想定しない。
このシステムを選択したのは、分散型蓄電池と集中型蓄電池のパフォーマンスを同一実証地で比較するため、また、CEMSの機能を絞り込んでコスト低減を図り事業性の向上を図るためである。
この実証システムについて、戸建電力需要やPV、蓄電池等の諸元を設定して様々な電力需給シミュレーションを行えるツールを作成した。本ツールを活用して、本実証で最適なPVおよび蓄電池の設備容量を今後検討する。またそれらを踏まえた事業性評価等も実施する。

3.実証研究の全体計画の作成
実証研究の計画作成に向けて、実証サイトとして想定しているHermitageプロジェクト(積水ハウスおよび積水ハウスオーストラリアがシドニー近郊で推進する開発プロジェクト)の概要(位置、開発状況、開発スケジュール)を把握し、実証サイトとして適性があることを確認した。また、実証研究を所管する政府機関と意見交換を行い、ZEH普及を中心とした協力関係の構築可能性を確認した。また、実証研究を共同で行う現地パートナー企業候補(複数)と面談を行い、いずれの企業も、本事業への参画の関心が高いことを確認した。

4.実証研究の実施に必要な手続きの調査
実証研究の実施に必要な手続きの調査を開始した。そのなかで、自営線を活用する電力供給事業では、本来取得すべき配電ライセンスを連邦・州によって免除してもらう必要があるが、本事業のように自営線が公道を跨ぐ場合、それが困難であることが判明した。本課題への対処検討が今後必要となる。

なお、本調査における情報収集等のため、2019年3月下旬に豪州現地調査を実施した。
英文要約Title: International Demonstration Project on Japan’s Energy Efficiency Technologies. Fundamental Research for Developing a Smart Energy Town with Zero Emission Houses which maximizes the utilization of local renewable energy generation (Australia, New South Wales State) (FY2018-FY2019) FY2018 Annual Report

1. Information survey on energy market in Australia
The study team surveyed the overview of the energy market in Australia including New South Wales State where the demonstration site is located. The study has found the facts including (1) recent electricity price escalation amid decreasing feed-in-tariff for renewable energy, (2) the federal government’s awareness about the electricity price increase, etc. The study has confirmed the potential need for our demonstration project aiming affordable electricity supply which derives from maximized renewable energy utilization.

2. Development of technical specification in the demonstration project
The study team identified the following system configuration in order to develop a concrete technical specification in the demonstration project.
(1) To install both residential (distributed) batteries and large-scale (central) batteries
(2) To enhance the utilization rate of renewable energy within the demonstration area, by absorbing excess PV generation to the central battery which is measured as the potential reverse flow at the interconnection between the demonstration area and the local grid area
(3) To exclude residential PVs and batteries from the CEMS control
The above system configuration has been chosen because this enables direct performance comparison between distributed and central batteries, and also because the selected system contributes to the cost reduction as the result of narrowing down the CEMS functions.

3. Planning of the demonstration project
Regarding the planning of the demonstration project, the study team confirmed the current general status and the development schedule of the demonstration site (The Hermitage project), and affirmed that the site is suitable for the demonstration project. Through the discussion with Australian governmental agencies, the study team recognized the possibility of developing mutual cooperation between Japan and Australia including jointly promoting Zero Emission Houses (ZEH). The study team identified several private Australian companies potentially participating in the demonstration project as the Implementation Document signer.

4. Study on regulatory requirements for the demonstration project
The study team started identifying regulatory requirements for the demonstration project. One issue is that distribution license exemption which is necessary to be granted by the government for embedded network project, is difficult for the demonstration project site. The issue needs to be resolved for realizing the demonstration project.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る