本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000386
タイトル平成30年度成果報告書 NEDOプロジェクトのアウトカム把握のための基礎調査
公開日2019/5/22
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社E&T総研
プロジェクト番号
部署名評価部
和文要約本調査では、過去NEDOが実施した研究開発プロジェクトの開発成果が社会にもたらす効果・便益の把握における作業の効率化と情報集約を図ることを目的に、アウトカムを把握するための基礎調査(既存の研究・評価・調査報告等に基づく情報収集及び分析)として、以下を実施した。
(1)アウトカムに関連する項目及び把握方法の整理
  平成25年度「NEDOプロジェクトの変遷と技術や人材等の流動等に係る調査」及び平成29年度「研究開発プロジェクトにおける評価結果及び評価結果間の関連性に関する調査」で作成されたデータベースを利用し、NEDO設立以来実施した研究開発プロジェクト(約800事業)の整理を行うとともに、過去に経済産業省、NEDO及び第三者により実施されたアウトカム把握・分析のための研究・評価・調査報告等(NEDOインサイド製品調査結果、NEDO追跡アンケート調査結果、アウトカム報告書41本等)を収集・整理した。
 次に、アウトカムに関連する項目として、直接効果(実用化の有無、実用化名称、販売台数・金額等の定量的な情報)及び間接効果(参加機関内外及び他分野への技術的波及、人材育成効果、評価基盤構築等の定性的な情報)を抽出項目として選定し、アウトカム発現状況を統一的に分類するための類型化案として4つの分類案を作成した。
(2)アウトカム達成状況の把握
 本調査で対象としたNEDOプロジェクトのそれぞれに対して、(1)で収集した情報に基づき、基本情報、直接効果及び間接効果に関するデータベースを作成し、(1)の4類型に基づく分類を行った。その結果、現時点でNEDOインサイド製品に登録されていないものの、直接効果として過去もしくは現時点でも大きな社会的便益が期待できる製品等や、要素技術及び社会基盤構築による間接効果により社会的便益がもたらされている事例が複数確認された。また、技術としては確立したものの研究終了となった事業やその後の事業化展開が確認されていない事業も確認された。なお、本調査で確認された情報のみでは具体的な効果の発現状況について評価・判断することが困難なプロジェクトも確認された。
(3)アウトカム把握における今後の調査方針とその分析手法に関する提案
研究開発プロジェクトでは、アウトカム発現までに長い時間を要する点、当初想定していない副次的効果や間接的な波及効果(要素技術の転用、人材育成を通じた波及効果、初期市場の創出効果等)が発現する点、またその発現に至る過程では前身・後継・周辺プロジェクトのみならず、政策・施策、国際競争状況、社会情勢等の外部要因が大きく影響することから、アウトカムの把握・分析においては、政策的意図や周辺情報を踏まえた上で、定量的・定性的両面からの総合的な把握が必要となる。そのためには、プロジェクト単位ではなく関連するプロジェクト群もしくは技術分野を対象として、参加機関のみならず便益の受益者となりうるステークホルダーを対象とした詳細な調査を行う必要がある。なおNEDOプロジェクトでは、各評価段階(事前評価、中間評価、事後評価、追跡調査・評価)において、アウトカムの目標、達成見込み評価、達成状況把握等が行われており、それらを体系的・俯瞰的に整理し分析を行うことで、アウトカム発現もしくは発現に至らない過程の把握や、それらに基づくプロジェクトの企画やマネジメントへの示唆が得られると考えられる。
英文要約In this survey, for the purpose to improve efficiency and integrate information to grasp the effects and benefits of NEDO R&D projects, the basic survey (information gathering and analysis on the existing research, evaluation, survey report) was carried out as follows.
(1) Summary of the items and grasping methods for outcomes
Using the database created by the previous surveys in FY 2013 "Study on the transition and the flow of technology, human resources of NEDO projects" and FY2017 "Study on the evaluation results and the relationship between evaluation results in R&D projects", the basic information of NEDO R&D projects (about 800) was organized and outcome survey reports related to those projects (Survey of “NEDO Inside Products”, NEDO follow-up surveys, 41 Outcome reports, etc.) conducted by METI, NEDO and third parties were collected. Moreover, direct outcomes (such as number of practical use, product name, sales volume, etc.) and indirect outcomes (such as technological spillover to other fields, the effect of human resource development, etc.) were extracted, and 4 classifying patterns were created to understand outcome achievements.
(2) Understanding the status of outcome achievements
Based on the information collected in (1), the database including basic information, direct and indirect outcomes for each project was created and assigned a classification of (1). As a result, it was confirmed a number of project cases whose products not registered as “NEDO Inside Products” but with large social benefits expected as direct outcomes in the past or at present. In addition, it was also confirmed other cases which made social benefits by indirect outcomes of technological components and social infrastructure. On the other hand, there were some cases in which technical issues were solved but R&D or business activities had been terminated and cases for which it was difficult to evaluate and judge the specific outcome effects from this survey.
(3) Proposed survey policy and analysis method to understand outcomes
R&D projects may require a long time to make outcomes, may produce unexpected secondary or indirect effects (reuse of technical components, spillover of human resource development, initial market creation, etc.), or may be largely influenced by pre-, post- or peripheral projects and by external factors such as policy measures, international competition, and social and business conditions. Therefore, it is necessary to understand comprehensively both quantitative and qualitative aspects on policy intentions and surrounding information, and to conduct a detailed survey for not only participants but also stakeholders who can be the beneficiaries in the scope of multiple projects as a group or technical fields. In NEDO, at each evaluation stage (ex-ante, mid-term, ex-post and follow-up), outcome goals, achievement prospects and their situation grasp are being performed. If such information is analyzed in a systematic and comprehensive manner, it will be possible to grasp the process for achieving or not achieving outcome to get suggestions for project planning and management.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る