本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000085
タイトル平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業 ライフデータの高度利用システムに資するプラットフォームのあるべき姿の検討
公開日2019/6/25
報告書年度2018 - 2018
委託先名株式会社三菱総合研究所
プロジェクト番号P17003
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成30年度調査報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/ライフデータの高度利用システムに資するプラットフォームのあるべき姿の検討

1.データカタログの管理の在り方の検討
 データ利用者にとって有益な「データに関する情報(データカタログ)」として、どのような情報が必要か、相互連携を促進するため、データカタログの共通構造はどうあるべきかについて整理した。データの質を確保するため、国際標準を参考に、スマートライフ分野において、ステークホルダ毎に有用な情報、課題等について整理した。

2.プライバシーデータ取扱いの在り方の検討
 ユーザに対する説明や同意取得の方法について、スマートホーム実証による説明・同意書の雛形をベースに、複数のサービスや事業者が関わり、それらの相互関係が複雑な場合におけるプライバシーに関する説明の在り方について、及びオプトアウトの際に留意が必要な点について、実証事業での取組も参考に整理した。また、サービス提供事業者が拡大していった場合に、プライバシーデータを本人同意のもと一括して信託する仕組みの導入要件について、ユーザニーズを中心に整理した。

3.セキュリティ・製品安全に関する検討
 スマートホーム実証によるセキュリティ・製品安全の対策指針について、今年度の実証事業を通じたフィージビリティ評価を行った。リスクベース対策指針について、実証事業の実施者における実態に基づくフィージビリティ検証や適用能力の確認を行いつつ、リスクベース対策指針の妥当性確認と責任分界点の考え方等について整理した。

4.公平・公正な企業間連携の在り方の検討
 実証事業のユースケースにおいて想定している事業者間でのデータの授受の流れ、各種事業者間の契約の性質・形態を整理した上で、事業者間で流通する主なデータの性質・内容を踏まえて、事業者間でのデータ提供・受領にあたり法的に問題となる論点を整理し検討した。

5.スマートライフ市場の実態整理と海外展開可能性の分析
 海外スマートライフ市場の実態を把握するため、データ活用に係わる事例調査、及び本事業における先行モデルの展開可能性について分析を行った。データ活用により直接的に収益を得ている事例、並びに既存の製品・サービスの一部として付加価値向上につながる事例を探索し、スマートライフ市場における実態のカテゴライズを行った。

6.委員会・ワーキンググループの設置・運営
 本調査の実施に際して、有識者、実証事業の実施者(サービス提供事業者、プラットフォーム事業者、機器メーカ等)、業界団体、行政、及びMRIから構成されるスマートライフ分科会及び論点毎の小委員会を設置し、検討を行った。
英文要約Title: FY2018 Study report on the project to develop infrastructure to create new industry model utilizing IoT/ Study on an ideal platform for advanced usage system of real-life data

1. Consideration on managing (management of) a data catalog
 This study examined the following points: as a beneficial “information about data (a data catalog)” for its users, what kind of information is needed; and how the common structure of the data catalog should be to promote mutual cooperation. With reference to International Standards, useful information and challenges for each stakeholder in the sector of Smart Life technologies were organized to ensure data quality.

2. Consideration on Privacy Data handling
 In terms of explanation as well as how to obtain consent from users, based on the models of explanation/consent form of the Smart Home demonstration test, this study considered how to explain privacy in a case where relationships among multiple services and businesses involved were complicated. Also, points where we needed to pay attention when it comes to Opt-Out on services were organized with using the demonstration project as a reference. Furthermore, in preparation for the increase in the number of service providers, the introduction requirements of the mechanism which trusts privacy data collectively with consent was organized.
 
3. Consideration on security and product safety
 Regarding measures for security and product safety in the Smart Home demonstration, the feasibility assessment was conducted through the FY2018 demonstration project. In addition, this study confirmed risk-based measures in terms of feasibility verification based on the implementers of the demonstration project and its applicability. The validity of risk-based measures as well as the idea on the Division of Responsibility were also organized.
 
4. Examination of fair and equitable cooperation among companies
 Upon organizing the flow of data transfer between businesses, which is assumed in the use case of the demonstration project, as well as the form of agreements between them, this study organized and examined legal issues which would be problematic in providing and receiving data among business operators.
 
5. Analysis of Smart Life market and possibility of overseas expansion
 In order to understand the foreign Smart Life market, this study analyzed a case study on utilizing data and possible deployment of the preceding model of this study. After searching business cases which earns revenue directly through utilizing data and improves value added as part of existing products and services.

6. Establishment of committee as well as working group
 In this study, the Smart Life committee comprising of experts, the demonstration project implementers including service providers, platform operators, equipment manufacturers, industry organizations, administrations and Mitsubishi Research Institute was set up, and meetings per an issue were held.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る