本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000111
タイトル平成26年度―平成30年度成果報告書 SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)/インフラ維持管理・更新・マネジメント技術 インフラの多種多様なセンシングデータを処理・蓄積・解析する技術の開発 高度なインフラ・マネジメントを実現する多種多様なデータの処理・蓄積・解析・応用技術の開発
公開日2019/6/14
報告書年度2014 - 2018
委託先名東日本高速道路株式会社 株式会社ソーシャル・キャピタル・デザイン 株式会社横須賀テレコムリサーチパーク
プロジェクト番号P14031
部署名ロボット・AI部
和文要約1.実施項目A「センシングデータを含むインフラ管理データの一元管理を実現するDB」
既存のデータ・表現仕様・要領書を調査し、JHDMをベースとした、データモデルを構築した。データ間の関係記述のためにRDFを採用、構築したデータモデルを、道路管理情報表現仕様書としてまとめた。また、道路維持管理におけるデータの利用形態を調査し、10種類のAPIを定義した。統合型・連邦型DBについては、APIを経由してアプリケーションとデータベースを連携させるラッパを構築した。
2.実施項目B「データのクレンジング、アノテーションならびに加工技術」
クレンジングについては、地方公共団体の管理する帳票データから用語の揺らぎを補正するための辞書を作成し、当該データを統合型DBに取り込むツールを開発した。山形県、県下の市町村、および民間事業者が管理する帳票データの自動取り込みを試行し成功した。アノテーションについては、業務を効率化するための補足情報を示す図の加工とデータの活用技術を評価検討・実装した。
3.実施項目C「データの解析・応用を実務で検証するユーザ・インターフェース」
山形県の橋梁管理インフラ管理データベースの試験導入を実施した結果を受け、自治体の課題を解決する仕組みを整理し実装した。すでに、山形県の33市町村が保持する橋梁のデータ、仙台市の橋梁データ、トンネルデータ、歩道橋データ、舗装データ等、そして福井県の橋梁データの取り込みを完了し、実運用レベルに達している。
4.実施項目D「道路管理情報のオープンデータ活用手法」
現状のオープンデータの状況を調査し、CKANを用いてオープンデータカタログサイトおよび開発者サイトを構築し、オープンデータカタログサイトによるオープンデータの実践が充分可能であることを確認した。
5.実施項目E「DB運用のための組織、制度」の実施
実施項目Cを検証するために、検証用システムを構築し、実際にインフラ管理している現地での試行検証と、その運用のための業務分析を行い、将来のDBを活用したインフラ管理に必要な組織や運用について検討を実施した。データガバナンスについては、将来の運用規則として、その事例を取りまとめるとともに、自治体など小規模な管理体制での適用について検討を行い、自治体インフラ管理体制のあり方、管理の方針、目標を記述した報告書を取りまとめた。また、将来のDB運用を高度化するため、AIの適用に向けた検証を行い、インフラ維持管理にAIがどのように役に立つべきか検討を行った。
英文要約1. Implementation item A "DB for realizing unified management of infrastructure management data including sensing data"
We constructed a data model based on JHDM based on existing data and expression specifications and procedures and constructed a data model that adopted and constructed RDF for describing the relationship between data as a road management information representation specification. And 10 kinds of APIs were defined by studying the usage patterns of data in road maintenance and management. In regard to the integrated and federated DBs, wrapper was constructed by linking the application and the database via the API.
2. Implementation item B "Data cleansing, Annotation and Processing technology"
For cleansing, a dictionary was created to correct the shaking of terminology from the form data managed by local governments, and a tool was developed to incorporate the data into the integrated DB. The authors successfully attempted automatic retrieval of the form data managed by municipalities in Yamagata prefecture and private businesses and evaluated the annotation processing techniques and data utilization techniques that provide supplementary information to improve the efficiency of the business.
3. Implementation item C "User interface for verifying data analysis and application in practice"
We have arranged and implemented a scheme to solve the problems of the municipalities based on the results of the introduction of the bridge infrastructure management database in Yamagata prefecture. We have already analyzed the data of bridges held by 33 municipalities in Yamagata prefecture and the data of bridges in Sendai city, tunnel data, pedestrian bridge data, pavement data and so on. The bridge data of Fukui prefecture has been imported and the bridge infrastructure management data base has reached the actual operation level.
4. Implementation item D "Method of utilizing open data of road management information"
We checked the current status of open data and confirmed that the open data catalog site and the developer site were constructed using CKAN and that the open data catalog site was sufficient to implement the open data.
5. Implementation Item E "Implementation of "Organization and System for DB operation"
In order to verify the item C, a verification system is constructed, and trial verification at the local site that is actually in-flight managed and analysis of the operation for its operation are required and necessary for in-line management using the future DB. In the case of data governance, it will be used as a future operating rule to examine the case and to apply it to a small-scale management system such as a municipal government, and to examine how to manage a municipal infrastructure management system. In addition, in order to enhance the DB operation in the future, a review was conducted to apply AI, and it was examined how AI should play a role in maintaining the infrastructure.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る