本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000170
タイトル2017年度―2018年度成果報告書 次世代人工知能・ロボット中核技術開発 次世代人工知能技術分野 五感AIカメラの開発
公開日2019/6/18
報告書年度2017 - 2018
委託先名アースアイズ株式会社
プロジェクト番号P15009
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:2017年度―2018年度成果報告書 「次世代人工知能・ロボット中核技術開発/次世代人工知能技術分野/五感AIカメラの開発」

弊社は本事業で、ヒトの五感に代わるセンサーと人工知能による解析を組み合わせて、事件・事故の発生に事前に気づき警告する、事件事故の予防抑止に役立つシステムの構築に取り組んだ。

【研究内容】
1. 人の動作標本の集積
行動心理学の知見に基づいて動作の分類をし、動作区分についての定義を構築することで、動作の定義と標本動画の切り出しを行った。また、癖を包含した動作概念を学習するための膨大な標本件数を得るために多様な場所に多数のカメラ・3Dセンサーを設置し、情報収集を行った。

2. 動作解析から異常行動を推測して突発事故を予測する知能構築
弊社が採択以前より所持している万引き予測のアルゴリズムを基礎に、具体的な事例を元に予測が必要な行動と環境の関連性の研究を行い、行動解析のアルゴリズムの構築を行った。

【研究の課題/成果】
万引き予測のアルゴリズムでは、ヒトの全身をボディトラッキングし、骨格化することでその動きを把握することを目的としていた。Open Poseを代表とする映像での骨格化される動きを把握する仕組みは、一定の距離、一定の高さ、一定の人数であれば、その精度は高く認識できるが、不特定多数の人が、不規則に集まり、散じる小売業においては、精緻なデータを輩出することができなかった。人の重なり、什器の陰、また、カメラの角度によっては、ボディトラッキングのデータを正確にアウトプットできていない。
当社は、それを補完する技術をできるだけ組み合わせることを本プロジェクトで具現化している。人が重なっても、トラッキングのIDを見失わない工夫や、視線の方向(万引きなどの検出には欠かせないもので、キョロキョロする人間を発見する)などを後ろ向きや座り込み、移動しながらでも発見できる仕組みなどを知見としてためることができた。
また、当社の取得している3D化技術を応用し、行動をステレオカメラやセンサーを活用することなく、一般のカメラで3D化させることを実現化できた。
英文要約Title: Development of a 'Five Senses' AI-enabled camera (FY2017-2018) Final Report

Our company contributes to construct systems that the sensor simulating human’ senses and analysis by Artificial Intelligence to detect and prevent accidents and crimes before occurring it.

Result
1. Collecting data of human being’s behaviors
Define "human being's behaviors" and collect its sampling from videos by categorizing these based on analysis from behavioral psychology.
Additionally, to identify particular human’s habits and traits, the large number of data is collected by a lot of cameras and 3D sensors set various locations.

2. Construct Intelligences by data collected to detect suspicious behaviors incurring accidents and crimes.
Construct algorithm behaviors and research necessary attitudes and environments to detect crimes and accidents based on shoplifting’s algorithm and specific crime cases that our company hold.

Implication
The purpose of algorithm for shoplifting prediction is to track human’s body movement by showing it skeletons. This system such as Open Pose is able to recognize body movements clearly if there are the number of people with a certain distance and heights. On the other hand, the system cannot detect it clearly in stores that have the unspecified number of people in uncertain distance. It cannot output data of body tracking accurately because of lapping people, shadows of furniture or angle of cameras.
Our company succeeded to solve this issue. The system does not lose tracking ID although people is lapped, and eyes’ movement (It is important to detect shoplifting) can be recognized even though person’s eye cannot be seen.
Moreover, our company also succeed to apply our special 3D technology to normal cameras without any sensor systems or stereo cameras to identify people’s body movement.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る