本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000172
タイトル平成30年度調査報告書 インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト センシング技術・イメージング技術・非破壊検査装置開発の実証実験による実用性能等の検討
公開日2019/6/25
報告書年度2018 - 2018
委託先名みずほ情報総研株式会社
プロジェクト番号P14011
部署名ロボット・AI部
和文要約件名:平成30年度調査報告書 「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト/センシング技術・イメージング技術・非破壊検査装置開発の実証実験による実用性能等の検討」

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下、「NEDO」という。)では、平成26年度から実施している「インフラ維持管理・更新等の社会課題対応システム開発プロジェクト」において、的確かつ迅速にインフラの状態を把握できるモニタリング技術(センサ開発、イメージング技術、高度計測評価技術)、及び非破壊検査技術等の開発を行ってきた。本プロジェクトでは、平成30年度が最終年度に当たることから、事業の成果を確認・評価し、その結果の社会普及のための情報発信を行う。事業の成果を確認・評価のためには、開発技術の実証実験と最終成果検討会を開催し、技術委員による評価を行う。社会普及のためには、公開の技術シンポジウムと展示会の開催、技術解説資料の作成と配布を行うこととしている。
本調査では、上記計画を効果的かつ円滑に運営し適正な評価を実施するために、開発技術の完成度や事業化の可能性等の評価の実施、評価内容の分析を行う。さらに開発成果の普及のための方策を検討して実施し、その効果を評価することを目的とする。
具体的には、実証実験の実施準備として、まずプロジェクトの状況の調査、実証実験のスケジュール調整、実証実験計画の立案等を行った。また、実証テーマの実用性能等を的確に評価するための評価項目を設定した評価表を策定した。実証実験においては、実験状況を調査するほか、技術委員に評価を依頼し、その評価に基づき、インフラ維持管理点検現場での実用性能等の評価結果を整理することで実証実験調査結果をとりまとめた。同時に調査結果は、事業者の開発促進を目的として、実証実験を実施した各事業者にフィードバックした。
また、最終成果検討会では、本プロジェクトの全15テーマの事業者から開発技術に係る最終成果を報告して頂き、技術委員には本調査で策定した評価表への記入を依頼した。評価表のコメントや指摘事項を元に各社の評価結果の取りまとめを行った。最終成果検討会では、経済産業省や国土交通省・関係研究所等にも出席を案内し、技術の有用性に対するビジョンを共有した。また、さらに、事業者の今後の事業化、実用化及び成果普及を目的に各事業者に評価結果をフィードバックを行った。
最後に、本調査では、インフラ点検業者などの最終ユーザへプロジェクト成果及び技術の有用性を浸透させることを目的に、技術シンポジウムと展示会の開催、技術解説資料(小冊子)、技術資料集の作成および配布などを行いプロジェクト成果の情報発信を積極的に行った。さらに、社会普及活動の効果を把握し事業者の事業化に向けた支援に繋げることを目的として、技術シンポジウム参加者に対してアンケート調査を実施し分析した。
英文要約Title:"System Development Project to Solve Social Problems for Infrastructure Maintenance and Renewal / Study of utility etc. by investigation on site about development of sensing and imaging technology and nondestructive inspection" (FY2018) Final Report

New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO) has conducted “System Development Project to Solve Social Problems for Infrastructure Maintenance and Renewal” since FY2014. This project focuses on the development of monitoring (sensor, imaging and advanced measurement evaluation system) and nondestructive inspection technology. In FY2018 which is last year of this project, Mizuho Information & Research Institute, Inc. (MHIR) is plan to 1) confirm and evaluate results of activities, and 2) dispatch information to propagate the results socially. To achieve 1), MHIR holds on-site investigation and final debrief conference related to developed technology, and summarizes evaluation results which technology’s assessors evaluate. To achieve 2), MHIR holds technology symposium and exhibition, and make and distribute booklet of technology’s description.
In this research, MHIR evaluates completion and possibility of industrialization of developed technology, and analyzes evaluation contents. And, MHIR considers and carries out measures to propagate results of the technology, and evaluates the effects.
As preparation for on-site investigation, MHIR confirmed the condition of the project, adjusted a schedule for the investigation and made the investigation plan etc. And, MHIR made an evaluation list in which evaluation points is set for assessors to check utility etc. of developed technology accurately. In on-site investigation, MHIR checked conditions of the investigation and summarized the investigation’s research results by organizing evaluation results in terms of utility etc. on inspection’s site, based on the assessor’s evaluation. At the same time, MHIR gave business operators feedback about the results in order to advance development of technologies.
In final debrief conference, each business operator of 15 themes in this project reported the developed technology and MHIR requested of the assessors to fill in evaluation list which MHIR made. Based on comments and findings, MHIR summarized evaluation results for each operator. In this conference, MHIR sent conference notice to people who belong to Ministry of Economy, Trade and Industry and Ministry of Land, Infrastructure and Transport and people concerned laboratory, and shared vision to the utility of technology. Furthermore, MHIR gave each operator feedback about evaluation results with the aim of industrialization, implementation and disseminate of developed technology.
Finally, MHIR dispatched information actively about developed technology via symposium and exhibition which MHIR held, and booklet of technology’s description and instruction of the technology which MHIR made, to propagate this project’s output and utility of the technology to end-user such as inspection business operators. And, MHIR conducted a questionnaire survey on symposium participants and analyzed to grasp the effects of social extension activities and lead to business operator’s industrialization.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る