本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000392
タイトル平成29年度―平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業 研究開発項目[2] IoT技術を活用した新たな産業保安システムの開発 「破損データ等を活用した定量的なリスク評価を可能とするプラットフォームの開発」
公開日2019/6/22
報告書年度2017 - 2018
委託先名一般社団法人日本高圧力技術協会
プロジェクト番号P17003
部署名IoT推進部
和文要約件名:平成29年度―平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤整備事業/研究開発項目[2] IoT技術を活用した新たな産業保安システムの開発/破損データ等を活用した定量的なリスク評価を可能とするプラットフォームの開発

 産業保安における保全データの定量化、データベース化、リスクの定量化、熟練従業員に代わる保全知識のソフト化が不可欠である。本事業では、これらの実現のために、以下の研究開発を行った。
1)リスクの定量評価に不可欠な設備機器別一般破損頻度(GFF: Generic Failure
Frequency)に対する信頼できるデータベースを構築するために、永続的にデータを収集、更新するためのGFF関連情報共有プラットフォームを確立し、データ収集および解析データの公開を行えるようにした。プロジェクト終了後、自走できるプラットフォームを構築した。
2)国内外7機関のGFF関連データを調査し、以下の結果をプラットフォームで公開した。
・調査で得た国内外データベースで収集されたデータを解析し、GFF暫定値を設定後、本プロジェクトで収集されたデータを含めたデータの最適化によってGFF暫定値を更新してGFF-HPI推奨値を策定した。
・GFF値作成のためのデータの入力フォーマット、データ解析プログラムを設定した。
・海外の権威ある保全技術関連機関のGFFデータの実態を明確化するとともに、プラットフォームを利用したGFF関連データ、収集・解析方法等でこれら機関と情報共有化を図った。
3)国内の1製油所および1石油化学プラントの設備を対象に、GFFを含むRBMソフト
 を用いて定量RBMをモデル事業として実施し、以下の成果を得た。
 ・保全のソフトとしての、RBMソフトウエア*4の普及を進めた。
 ・プラント各部署に散在するGFF関連データ(設計、運転、検査、破損、補修など)
  をデータベース化する方法を確立し、GFFプラットフォーム上で周知させた。
・推奨GFF値を用いた定量RBMモデル事業において、約70%の部位で検査削減、検査間隔および設備更新時期延長によるメンテナンス合理化の可能性が確認でき、定量RBMの有用性を示した。
・2事業所から、公的規格(ソフト)および外部専門家を入れた評価によって、保安力が向上への示唆を得たしたとの評価を得た。
・リモートサーバー上で、RBMソフトを無料公開し、外部からRBMの試行が出来るようにした。11機関(8会社、2大学、1公的機関)12人が使用し、自社データを用いたリスク評価を実施した。RBMソフトの公開がRBMの普及に効果があることが確認された。
結果として、定量RBMの重要性、信頼性の高いGFFデータ共有の重要性が認識され、構築されたGFF関連情報共有化プラットフォームの永続的、効率的活用の見通しが得られた。
英文要約Title: Groundwork Project for Creating Industrial Models using IoT . Research and development of novel industrial safety systems utilizing IoT technology. Development of platform for making quantitative risk evaluation possible utilizing failure data and so forth(FY2017-FY2018)Final Report.

Quantification of maintenance data and risk, establishment of database, risk
evaluation software equivalent to senior engineer are necessary for improvement of
plant maintenance. Followings were achieved in this project
1) The platform involving the functions for eternal collection of reliable GFF (Generic
Failure Frequency) data was constructed and analyzing program of the data was
opened. The platform can be operated continuously after this project.
2) GFF relating database in 7 organizations in the world was investigated. Following results were obtained and all results were published in GFF Platform.
a) Tentative GFF value was derived by arrangement of published data. Then GFF ―HPI recommended was formulated as the update of tentative GFF by the optimization of data collected.
b) Format for collecting GFF relating data and program for calculation of GFF value were developed.
c) Research of GFF relating data in the authorized organizations generating information about plant safety and maintenance was clarified and the good relation with these organizations established and shared the information related.
3) The quantitative RBM case studies for 2 plants were carried out and the results were published in GFF platform. Following results were obtained.
a) Population of RBM software was progressed.
b) Importance of gathering data scattered in various divisions was recognized.
c) It is shown that risk was very low in about 70% of locations where the risk was evaluated in the case studies. The elimination or decrease of inspection was suggested in these locations. Consequently it is suggested that RBM contributes the cost down of maintenance.
d) It was confirmed that the ability for safe operation was improved by the introduction of RBM software based on authorized standard and the participation of outside experts for plant maintenance planning.
e) Charge free trial use of RBM software through remote server was supplied for 11 organizations.
Finally the prospect of effective use of GFF platform established here was confirmed.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る