本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000399
タイトル平成30年度成果報告書 IoTを活用した新産業モデル創出基盤事業 研究開発項目[6]IoT技術を活用したライフデータの高度利用システムの開発 IoT家電・センサーからのライフデータによる高齢者の生活サポートサービス基盤の研究開発
公開日2019/6/22
報告書年度2018 - 2018
委託先名パナソニック株式会社
プロジェクト番号P17003
部署名IoT推進部
和文要約件名:IoTを活用した新産業モデル創出基盤事業/研究開発項目[6]IoT技術を活用したライフデータの高度利用システムの開発/IoT家電・センサーからのライフデータによる高齢者の生活サポートサービス基盤の研究開発

 本研究事業として、経済産業省のスマートライフ政策に基づき、複数企業から提供されるIoT家電・センサー機器の情報を集約するデータプラットフォームの構築と、複数のサービス提供事業者が本データプラットフォーム上のデータを活用して高齢者の生活サポートサービスを行うための実証を実施した。
 本研究事業は、スマートライフ市場の形成に向けて、データプラットフォームとそのデータを活用するサービス事業の可能性を検討することを目的としとしている。
 合わせて、実証を通じてスマートライフ市場を創出するための論点である「データカタログの要件」、「製品安全・セキュリティの要件」、「プライバシーとデータ活用ルールの要件」および「スマートライフ市場の要件整理」について検討を実施し取りまとめを行った。

事業内容は下記の通り。

1.データプラットフォームの構築
 高齢者宅に複数メーカーからなるIoT家電・センサーを設置して、高齢者の生活リズム情報やバイタルデータ、服薬データを集約するデータプラットフォームを構築した。主な接続機器は、電波センサー、人感/開閉センサー、コミュニケーションカメラ、エアコン、服薬支援機器、バイタルセンサー(活動量計、血圧計、体組成計)である。

2.高次データ提供システムの開発
 データプラットフォームに集約されるデータの分析を行うことで、在宅状態や睡眠状態、駆けつけの必要性情報を高次データとして生成し、複数のサービス提供事業者へWeb-APIを介して、データ提供する高次データ提供システムを構築した。

3.実証および事業化検討
 実証では、愛知県豊田市の地域包括支援センター、関西電力(株)および(株)メディカルシステムネットワークとの連携で、ケアマネジャーや薬剤師などによる高齢者の生活サポートサービスの有効性を検証した。検証結果の取りまとめにより事業化検討を実施した。

4.スマートライフ市場への論点検討
 実証を通して、「データカタログの概念設計」、「製品安全・セキュリティのリスク洗い出しと対策」、「プライバシーとデータ活用ルールとしての共通のデータ取得同意取得および利用者との利用契約の立て付け」および「スマートライフ市場の要件整理」について検討を実施し取りまとめを行った。
英文要約TiTle : New industrial model creation base business using IoT/R&D theme No.6 :Development of advanced utilization system of life data using IoT technology/Research and development of life support service Platform for the elderly by life data from IoT home appliances and sensors

As the research project, the following items were implemented based on the smart life policy of METI.
- Construction of a data platform that aggregates information on IoT home appliances and sensor devices provided by multiple companies
- Demonstration that multiple service providers use the data on this data platform to provide life support services for the elderly
This research project was conducted with the purpose of examining the possibility of a data platform and a service business that utilizes that data in order to create a smart life market.
In addition, we examined the following four issues for creating a smart life market through demonstration.
"Data Catalog Requirements" "Product Safety & Security Requirements" "Privacy and Data Usage Rules Requirements" "Smart Life Market Requirements"

The contents of the business are as follows:
1.Data platform construction
By installing IoT home appliances and sensors consisting of multiple manufacturers in the homes of elderly people, we constructed a data platform that integrates the life rhythm information, vital data and medication data of elderly people.
The main connection devices are as follows:
Electric wave sensor, human feeling / open / close sensor, communication camera, air conditioner, medication support equipment, vital sensor (activity meter, sphygmomanometer, body composition meter)
2.Development of analytical data provision system
- Analysis of data aggregated in the data platform generates at-home status, sleep status, and information on rush needs
- Construct an analytical data provision system that provides data to multiple service providers via Web-API
3.Demonstration and examination for commercialization
In the demonstration, in cooperation with the following partners, we verified the effectiveness of life support services for the elderly by care managers and pharmacists.
Partners:
Toyota-city, Kansai Electric Power, Medical System Network
4.Examination of issues on the smart life market
Through the demonstration, we examined "concept design of data catalog", "identification and risk of product safety and security risks", "common rules of privacy and data utilization" and "requirement of requirements for smart life market".
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る