本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000471
タイトル平成30年度成果報告書 NEDOプロジェクトの効果測定及びマネジメントに関する調査
公開日2019/6/6
報告書年度2018 - 2018
委託先名日鉄住金総研株式会社
プロジェクト番号
部署名評価部
和文要約国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(以下「NEDO」という。)では、NEDO が実施した研究開発プロジェクト(以下「プロジェクト」という。)の開発成果が社会にもたらす効果・便益を把握することによって説明責任の向上を図るとともに、NEDO のプロジェクトマネジメントや企画立案機能の向上に資することを目的として、平成16 年度以降、プロジェクト終了後に追跡調査(アンケート、インタビュー、ケーススタディ等)を実施している。本事業では、「連携(実施機関内、実施機関
間、実施機関とNEDO 間)がプロジェクトの効果(アウトプット及び短期的アウトカム)に影響する」という仮説のもと、追跡アンケート調査結果を機関単位、プロジェクト単位で分析することにより検証した。また、複数のプロジェクトを抽出しインタビュー調査を行い、追跡アンケート調査の分析結果を検証した。
(1) 機関単位での分析
機関単位で「連携」着目した分析を行った結果、「NEDO 担当者との協議内容」では当初設定した仮説が支持された。 他方、協議頻度を連携の度合いとして考えた場合、実施機関内連携では仮説が支持されたが、実施機関間の連携では支持されなかった。
(2) プロジェクト単位での分析
機関単位で「連携」着目した分析を行った結果、相関分析では「社内他部門の協議頻度」及び「顧客との協議頻度」において当初設定した仮説が支持された。 他方、重回帰分析においては、当初設定した仮説については支持されなかった。なお、分析のためのサンプル数が少なかったため、今回の結果は暫定的なものであり、今後も継続的な分析が必要であると考える。またインタビュー調査からは、実施機関内や実施機関間連携の重要性が示唆され、機関・プロジェクト単位の分析結果が支持された。
(3) 追跡アンケート調査及びその分析手法に対する提案
本調査より、「協議の内容」、「協議の頻度」、「連携の範囲」、「連携のタイプ」という複数の変数が要因となって、 連携による効果が発現するという事が示唆された。今後は、連携に関する指標の多様化及び連携タイプの整理を実施し、プロジェクトの効果との関係を明らかにした上で、「連携タイプにあったマネジメント」を提示するためのさらなる調査・研究を行っていくことが必要である。
英文要約In order to improve accountability, project management and planning of New Energy and Industrial Technology Development Organization (NEDO), NEDO have started the follow-up survey and the evaluation of the Research and Development (R&D) projects since FY2004. In this research, we hypothesized that intra-organization and inter-organization collaboration, as well as collaboration between organization and NEDO, affect the output and short-term outcomes of the project. To test these hypotheses, we analyzed the data from the follow-up survey by
organization and by project. Also, we interviewed people who participated in the NEDO project to further verify our analysis.
(1) Analysis by organization
As a result, the ‘content of the consultation with NEDO staff’ variable supported our hypotheses. On the other hand, when we considered the ‘consultation frequency’ as the degree of collaborations, our hypotheses were supported for intra-institutional collaboration but not for inter-institutional collaboration.
(2) Analysis by project
As a result, the ‘consultation frequency of intra-organization’ and ‘consultation frequency of customer’ variable supported our hypotheses in correlation analysis. The result of multiple regression analysis didn’t support the hypotheses. However, it should be noted that the sample size of 61 was too small; thus we believe the result is tentative and will require further analysis. Furthermore, the interviews indicate the importance of intra- and inter-institutional collaboration.
(3) Recommendation
We found that multiple variables (i.e. “content of consultation”, “frequency of consultation”, “range of collaborations”, “type of collaborations”) contribute to the effects of collaborations. Going forward, it is necessary to conduct research to clarify the relationship between project effects and collaborations by diversifying the indicators for collaborations and classifying collaboration types in order to propose “an effective management according to the collaboration types.”
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る