本文へジャンプ

成果報告書詳細
管理番号20190000000648
タイトル2017年度―2018年度成果報告書 水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発/再エネ利用水素システムの事業モデル構築と大規模実証に係る技術開発
公開日2019/6/14
報告書年度2017 - 2018
委託先名東芝エネルギーシステムズ株式会社
プロジェクト番号P14026
部署名次世代電池・水素部
和文要約件名:水素社会構築技術開発事業/水素エネルギーシステム技術開発/再エネ利用水素システムの事業モデル構築と大規模実証に係る技術開発

本事業では再生可能エネルギーからの水素製造・輸送・貯蔵、及び利用迄含め技術開発することにより、Power to Gas技術の実用化に向けた基盤技術の確立と、電力系統の需給バランス調整としての水素活用事業モデル及び水素販売事業モデルの確立を目指している。また、当技術・モデルの確立により、「再生可能エネルギーの導入の拡大」と「持続可能な事業モデルの構築」の実現に寄与することを最終目的としている。
本技術開発では「A.基礎検討(FSフェーズ)」、「B.技術開発(実証フェーズ)」の2フェーズを設けて実施しており、基礎検討(FSフェーズ)は2017年度に完了している。本報告書では「B.技術開発(実証フェーズ)」のうち「2018年度 太陽光発電設備の設置」について報告する。実施内容及び成果を以下に示す。
・技術開発フェーズにおける太陽光発電設備の設置
再生可能エネルギーからの水素製造・輸送・貯蔵、及び利用迄のシステムを実現するため「太陽光発電設備の設置」を実施した。福島県双葉郡浪江町にある棚塩産業団地において、太陽光発電設備の設置を実施するにあたり、以下の内容を実施した。
(1)太陽光発電設備の設計
太陽光発電設備の基本設計において、10MWの発電容量にて太陽光モジュール配置検討、及び機器構成等のシステム設計を実施した。また実施設計において、アレイ構造設計、太陽光モジュール配置設計、配線レイアウト設計、機器・部材・用品選定等の詳細設計を実施した。
(2)太陽光発電設備の施工
太陽光発電設備において管理用道路工事、排水溝工事、フェンス工事、ケーブル管路工事等の土木工事、太陽光モジュール、PCS(Power Conditioning System)、変圧器等の機器設置工事を行った。また、ケーブル接続、配線工事、接続箱設置等の電気工事を行った。
(1)、(2)を実施した結果、太陽光発電設備の基本設計、実施設計、調達、施工を完了した。
英文要約Title:Technology Development for the Realization of the Hydrogen society/Technology Development of Systems using Renewable Energy-derived Hydrogen/Business Model Development, and Large Scale Demonstration of a Renewable and Hydrogen Energy System capable of supporting the Future Hydrogen Society (FY2017-FY2018) Final Report

The aim of this project is to demonstrate the technical and commercial feasibility of power-to-gas basic technology with a specific focus on the production of hydrogen from renewable energy, its transportation, storage, and end use. In support of this we will develop a hydrogen utilization business model that optimizes the exploitation of hydrogen as both a commercial commodity and an energy source for balancing the supply and demand of the electricity grid.
The overall goal is to use the findings of this project to increase the penetration of renewable energy through the large-scale deployment of sustainable hydrogen-based business systems.
The project consists of two phases: The Feasibility Study and the Technology Demonstration. The Feasibility Study has been completed in FY 2017.
The research activities of the technology demonstration relate to the construction of photovoltaic power generation facilities in FY 2018, and the results are shown below.
Construction of photovoltaic power generation facilities in the technology development phase:
In order to realize a system of hydrogen production, transportation, storage from renewable energy, and utilization, "Photovoltaic power generation facilities" were constructed. The following contents were carried out for the construction of photovoltaic power generation facilities in Namie-machi, Futaba-gun, Fukushima Prefecture.
1.Design of photovoltaic power generation facilities
In the basic design of photovoltaic power generation facilities, the solar module layout was considered with a power generation capacity of 10 MW, and the equipment configuration was determined. And in the functional design, the designs of array structure design, module layout design, wiring layout design, equipment selection etc., were carried out.
2.Construction of photovoltaic power generation facilities
The civil engineering works of roads, fences, cables, and pipelines constructions, and installation works of solar modules, PCS, and transformers were carried out. And electrical construction works of cable connection, wiring, installation of the connection boxes etc. were carried out.
ダウンロード成果報告書データベース(ユーザ登録必須)から、ダウンロードしてください。

▲トップに戻る